[GA4] デバッグモードでイベントをモニタリングする

トリガーされたイベントをウェブサイトやモバイルアプリでモニタリングする
この記事では、データ収集をデバッグするために、ウェブサイトやアプリでのイベント発生をリアルタイムでモニタリングする方法を解説します。

DebugView を使用することで、デバッグを有効化したデバイスまたはブラウザで発生したイベントをモニタリングできます。まず、デバイスまたはブラウザでデバッグモードをオンにします。次に、右側のナビゲーション パネルで [DebugView] をクリックすると、そのデバイスまたはブラウザのイベントをモニタリングできます。

ステップ 1: デバッグモードを有効にする

Android

エミュレートされた Android デバイスでアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、シェルまたはターミナル ウィンドウで、次のコマンドラインを実行します。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app <package_name>

次のコマンドでデバッグを明示的に無効にするまで、デバイスはデバッグモードのままになります。

adb shell setprop debug.firebase.analytics.app .none.

iOS

開発用デバイスでアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、Xcode で次のコマンドライン引数を指定します。

-FIRDebugEnabled

次のコマンドでデバッグを明示的に無効にするまで、デバイスはデバッグモードのままになります。

-FIRDebugDisabled

ブラウザ

ブラウザでアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、Chrome 拡張機能の Google Analytics Debugger をインストールします。インストールが完了したら、拡張機能を有効にしてページを更新します。それ以降は、拡張機能を無効にするまで 'debug_mode':true のイベントがログに記録されます。

ページ内のすべてのイベントをモニタリングするには、以下のように gtag('config')'debug_mode':true パラメータを追加します。

gtag('config', 'G-12345ABCDE',{'debug_mode':true});

一部のイベントだけをモニタリングするには、該当イベントに 'debug_mode':true パラメータを追加します。たとえば次のようになります。

gtag('event', 'xyz', {
  'debug_mode':true
});

Google タグ マネージャーを使用する

すべてのイベントをモニタリングするには、タグの種類として「Google アナリティクス: GA4 設定」を使用し、以下のようにフィールド「'debug mode' = true」を追加します。

一部のイベントだけをモニタリングするには、タグの種類として「Google アナリティクス: GA4 イベント」を使用し、該当イベントの debug_mode フィールドを true に設定します。

ステップ 2: イベントをモニタリングする

クライアント側にプライバシー管理を実装している場合や、同意モードを設定していてユーザーがアナリティクスの Cookie に同意していない場合、イベントはデバッグモードに表示されません。

デバイスでデバッグモードを有効にしたら、DebugView(右側のナビゲーション)を開き、該当サイトまたはアプリの使用を開始して、発生するイベントを確認します。

Seconds ストリーム(中央の列)には、過去 60 秒間に記録されたイベントが表示されます。Minutes ストリーム(左側の列)には、過去 30 分間に発生した一連のイベントのアーカイブが表示されます。右側の列には、30 分間に記録された上位のイベントとともに、現在選択されている開発用デバイスの現在のユーザー プロパティも表示されます。

Seconds ストリーム

デフォルトでは、過去 60 秒間にログに記録されたイベントのリストが表示されます。イベントごとに、開発用デバイスで記録された時刻を示すタイムスタンプも表示されます。イベントをクリックすると、関連するパラメータの一覧を確認できます。アプリを使用する過程でユーザー プロパティの値が変わると、ストリームにイベントが表示されます。最新のイベントが一番上に表示されます。

Minutes ストリーム

このストリームには直近 30 分間のイベントが表示されます。イベントは 1分単位で区切られ、それぞれ 1 つの円で表されます。円内の数字はその時刻(分単位)に受信したイベントの数です。いずれかの円をクリックすると、その 1 分間に記録されたイベントのデータが Seconds ストリームに読み込まれます。

上位のイベントと現在のユーザー プロパティ

上位のイベントの表には、30 分間に記録された上位のイベントが表示されます。現在のユーザー プロパティの表には、現在選択されている開発用デバイスのユーザー プロパティの最新の状態が表示されます。

デバイス選択ツール

複数のデバイスでデバッグモードを有効にしている場合は、デバイス選択ツールを使用して、DebugView レポートにデータを表示するデバイスを指定します。これにより、複数のデベロッパーが関わる場合でも、お互いに影響を与えることなく、それぞれの計測と検証に集中できます。デバイス選択ツール([デバッグに使用するデバイス])のメニューはレポートの左上にあります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。