この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。現在もユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合は、ユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。ユニバーサル アナリティクスは、2023 年 7 月 1 日にデータの処理が停止されます(アナリティクス 360 プロパティの場合は 2024 年 7 月 1 日)。

[GA4] DebugView でイベントをモニタリングする

ウェブサイトまたはモバイルアプリで発生したイベントをモニタリングする

DebugView レポートには、アナリティクスが収集する(イベント、イベント パラメータ、ユーザー プロパティからの)データが表示されます。このレポートを使って、データ収集の設定、トラブル発生時のトラブルシューティング、ユーザーがウェブサイトやアプリを探索する際の動作を把握することができます。

DebugView レポートを使用するには、デバッグモードを有効にして、左側にある [設定] > [DebugView] を選択します。

ステップ 1: デバッグモードを有効にする

Google タグ(ウェブサイト)

ブラウザでアナリティクスのデバッグモードを有効にするには、Chrome 拡張機能の Google Analytics Debugger をインストールします。インストールが完了したら、拡張機能を有効にしてページを更新します。それ以降は、拡張機能を無効にするまで 'debug_mode':true のイベントがログに記録されます。

ページ内のすべてのイベントをモニタリングするには、以下のように gtag('config')'debug_mode':true パラメータを追加します。

gtag('config', 'G-12345ABCDE',{ 'debug_mode':true });

一部のイベントだけをモニタリングするには、該当イベントに 'debug_mode':true パラメータを追加します。たとえば次のようになります。

gtag('event', 'xyz', { 'debug_mode':true });

デバッグモードを無効にするには、'debug_mode' パラメータを削除します。パラメータを false に設定しても、デバッグモードが無効になることはありません。

Google タグ マネージャー(ウェブサイト)

すべてのイベントをモニタリングするには、タグの種類として「Google アナリティクス: GA4 設定」を使用し、以下のように 'debug_mode' = true フィールドを追加します。

 

  • デバッグモードはプレビュー モードで自動的に有効になります。
  • プレビュー モードが有効になっていない場合、debug_mode フィールドを設定して、デバッグモードを有効にする必要があります。
  • (設定タグまたは単一のタグ / イベントで)debug_mode が true の場合、発生するすべてのイベント(e コマース トランザクション)は、Google アナリティクスのレポートに表示されません。こうした事態を防ぐために、可能であれば Chrome 拡張機能の Debugger または Tag Assistant を使用してデバッグすることをおすすめします。

一部のイベントだけをモニタリングするには、タグの種類として「Google アナリティクス: GA4 イベント」を使用し、該当イベントの debug_mode フィールドを true に設定します。

デバッグモードを無効にするには、'debug_mode' フィールドを削除します。フィールドを false に設定しても、デバッグモードが無効になることはありません。

Firebase 向け Google アナリティクス(モバイルアプリ)

Android または iOS プロジェクトでデバッグモードを有効または無効にする方法については、イベントのデバッグをご覧ください。

デバッグモードを有効にすると、Google アナリティクスと Firebase コンソールの両方の DebugView レポートでイベントを確認できます。

ステップ 2: イベントをモニタリングする

クライアント側にプライバシー管理を実装している場合、または同意モードを設定していてユーザーがアナリティクスの Cookie に同意していない場合、イベントはデバッグモードに表示されません。

デバイスでデバッグモードを有効にしたら、左側のナビゲーションで [設定] > [DebugView] を選択します。該当サイトまたはアプリの使用を開始して、発生したイベントを確認します。

Seconds ストリーム(中央の列)には、過去 60 秒間に記録されたイベントが表示されます。Minutes ストリーム(左側の列)には、過去 30 分間に発生した一連のイベントのアーカイブが表示されます。右側の列には、30 分間に記録された上位のイベントとともに、現在選択されている開発用デバイスの現在のユーザー プロパティも表示されます。

Seconds ストリーム

デフォルトでは、過去 60 秒間にログに記録されたイベントのリストが表示されます。イベントごとに、開発用デバイスで記録された時刻を示すタイムスタンプも表示されます。イベントをクリックすると、関連するパラメータの一覧を確認できます。アプリを使用する過程でユーザー プロパティの値が変わると、ストリームにイベントが表示されます。最新のイベントが一番上に表示されます。

Minutes ストリーム

このストリームには直近 30 分間のイベントが表示されます。イベントは 1分単位で区切られ、それぞれ 1 つの円で表されます。円内の数字はその時刻(分単位)に受信したイベントの数です。いずれかの円をクリックすると、その 1 分間に記録されたイベントのデータが Seconds ストリームに読み込まれます。

上位のイベントと現在のユーザー プロパティ

上位のイベントの表には、30 分間に記録された上位のイベントが表示されます。現在のユーザー プロパティの表には、現在選択されている開発用デバイスのユーザー プロパティの最新の状態が表示されます。

デバイス選択ツール

複数のデバイスでデバッグモードを有効にしている場合は、デバイス選択ツールを使用して、DebugView レポートにデータを表示するデバイスを指定します。これにより、複数のデベロッパーが関わる場合でも、お互いに影響を与えることなく、それぞれの計測と検証に集中できます。デバイス選択ツール([デバッグに使用するデバイス])のメニューはレポートの左上にあります。

アトリビューション データ

リアルタイム レポートと同様に、DebugView レポートでもアトリビューション分析は限定的に行われ、レスポンシブ レポートが作成されます。アトリビューションに関する正確な情報については、集客レポートを参照することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
true
true
69256
false
false