Google Home とお子様の Google アカウント

お子様の Google アカウントと Google Home に話しかけるときのお子様の音声をリンクすると、お子様は Google に質問したり、ゲームで遊んだり、物語を聴いたりすることができます。

: Google Home と、Google アシスタント上の Google 以外のアプリを利用できるかどうかは、国や言語によって異なります

Google Home の仕組み

Google Home では、お子様向けと大人向けのサービスの内容はほぼ同じです。ただし、13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様は次のことを行うことはできません。

  • YouTube 動画や YouTube Music の音楽を再生する
  • Google Play Music の音楽を再生する(お子様のご家族が Google Play Music ファミリー プランに加入している場合や Google Home をセットアップした方が個人の定期購入を行っている場合を除く)
  • 購入を行う
  • 「Google アシスタントのファミリー向けアプリ」バッジ For families が付いていない Google 以外のアプリを使用する

: これらの制限は、保護者の方が 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様の Google アカウントを作成された場合にのみ適用されます。

お子様のアカウントと音声をリンクする

13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様の Google アカウントを作成された場合、お子様のアカウントと音声をリンクできるようにするには、まず保護者の方が Google Home のセットアップを行う必要があります。

: お子様の既存の Google アカウントに管理機能を設定した場合は、お子様ご自身が Google Home をセットアップして、Google Home アプリからログインすることができます。

保護者の端末を使用する場合

: 以下の操作を行うには、保護者の端末と Google Home が同じ Wi-Fi ネットワークに接続されている必要があります。

  1. ファミリー リンク アプリ Family Link を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定を管理] 次へ [Google アシスタント] 次へ [<お子様の名前> さんを新しいデバイスに追加しましょう] の順にタップします。
  4. Google Home デバイスが複数ある場合は、セットアップするデバイスの横にあるチェックボックスをオンにします。デバイスが 1 台のみの場合は、手順 5 にスキップします。
  5. 画面に表示される手順に沿って、お子様のアカウントでログインします。
  6. お子様に端末を渡し、Google アシスタントに認識されるようお子様の声の登録を手助けします。
お子様の端末を使用する場合

: 以下の操作を行うには、お子様の端末と Google Home が同じ Wi-Fi ネットワークに接続されている必要があります。

  1. お子様の端末でファミリー リンク アプリ Family Link を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. 左上のその他アイコン その他 次へ [Google Home にログイン] の順にタップします。
  4. 右下の追加アイコン 追加 をタップします。
  5. セットアップする Google Home の横にあるチェックボックスをオンにします。
  6. [保護者の承認が必要です] 画面で、自分の名前とメールアドレスをタップします。
  7. 画面に表示される手順に沿って、お子様のアカウントでログインします。
  8. お子様に端末を渡し、Google アシスタントに認識されるようお子様の声の登録を手助けします。
アシスタントにお子様の声を再認識させる

Google アシスタントにお子様の声が認識されない場合は、再認識させる必要があります。

  1. 保護者の端末でファミリー リンク アプリ Family Link を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定を管理] 次へ [Google アシスタント] 次へ [<お子様の名前> さんの Voice Match を更新しましょう] 次へ [再認識] の順にタップします。
  4. お子様に端末を渡し、Google アシスタントに認識されるようお子様の声の登録を手助けします。

お子様のアカウントと音声のリンクを解除する

  1. 保護者の端末でファミリー リンク アプリ Family Link を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [Google Home] カードで、[設定] 次へ [Google アカウントと音声のリンクを解除] 次へ [リンクを解除] の順にタップします。

アカウントに基づく情報を有効または無効にする

アカウントに基づく情報を使用すると、Google Home の Google アシスタントからの返答で、お子様のカレンダーや連絡先などの個人的な情報の読み上げや表示を行ったり、写真をテレビで見たりできます。

  1. 保護者の端末でファミリー リンク アプリ Family Link を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. アカウントに基づく情報を有効または無効にする Google Home デバイスが表示されるまで下にスクロールします。
  4. Google Home デバイス名の下にある [設定] をタップします。
  5. [アカウントに基づく情報] を有効または無効にします。

重要: アカウントに基づく情報の一部のみを有効にすることはできません。たとえば、連絡先を有効にせずにカレンダーを有効にすることはできません。アシスタントで連絡先を利用しなくなったためにアカウントに基づく情報を無効にする場合は、写真やカレンダーなどの他の個人的な情報を使ったサポートも利用できなくなります。

Google 以外のアプリの仕組み

: 13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様の Google アカウントを作成された場合、Google 以外のアプリについては、「ファミリー向け」バッジが付いていればお子様も利用できます。一方、お子様が以前から使用していた既存の Google アカウントに管理機能を設定された場合は、お子様も Google Home からあらゆるサードパーティのサービスにアクセスできます。

アプリがファミリー向けであるかを確認する
  1. Android 搭載端末でホームボタンを押し続けます。
  2. [機能を見る] と [マイデータ] をタップします。
  3. [使い方・ヒント] タブで、アプリをタップします。
  4. [詳細] セクションで、「ファミリー向け」バッジ For families が付いているかどうかを確認します。
Google 以外のアプリをお子様が使用できないようにする

13 歳(またはお住まいの国の該当する年齢)未満のお子様の Google アカウントを作成された場合、そのお子様が Google アシスタントから Google 以外のアプリにアクセスすることを許可するかどうかを設定できます。

  1. ファミリー リンク アプリ Family Link を開きます。
  2. お子様を選択します。
  3. [設定] カードで、[設定を管理] 次へ [Google アシスタント] の順にタップします。
  4. [サードパーティ製アプリ] を有効または無効にします。

: 既存の Google アカウントに対してファミリー リンクの管理機能を設定した場合、この設定は適用されません。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。