独自性レポートを有効にする

管理者の方へ: 「校内での一致」機能はデフォルトで無効になっていますが、組織で有効にすることができます。詳しくは、Classroom の独自性レポートで校内での一致を有効にする方法をご覧ください。

この記事は教師用です。

教師と生徒は、独自性レポートを使用して提出物の独自性を確認できます。独自性レポートを作成すると、生徒の Google ドキュメントや Google スライドのファイルとインターネット上のウェブページや書籍が比較され、引用表記のないテキストが、検出された引用元にリンクされて報告されます。管理者が校内での一致を有効にしている場合、レポートには校内や学区内の生徒の過去の提出物との照合結果も反映されます。さらに、以下の条件をすべて満たす場合は、提出物が校内での一致用のコーパスにコピーされ、他の生徒の提出物との比較が可能になります。

  • 校内での一致がドメインで有効になっている
  • 課題の独自性レポートが有効になっている
  • ファイル形式がサポートされている

対応言語

独自性レポートは、次の言語に設定された Google Workspace for Education アカウントでのみご利用いただけます。
  • 英語
  • デンマーク語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ヒンディー語
  • インドネシア語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • マレー語
  • ノルウェー語
  • ポルトガル語
  • スペイン語
  • スウェーデン語

始める前に

  • Google Workspace for Education Fundamentals アカウントをご利用の場合、各クラスで独自性レポートを有効にできる課題は 5 件までです。独自性レポートを無制限に作成するには、Google Workspace 管理者に Teaching and Learning Upgrade または Google Workspace for Education Plus へのアップグレードを依頼してください。
  • 独自性レポートは 45 日間閲覧できます。この期間が過ぎると、採点ツール内でレポートを新たに作成できます。
  • 教師が課題の独自性レポートを有効にすると、生徒は課題を提出する前に 3 回までレポートを作成できます。生徒が作成したレポートを教師が見ることはできません。生徒は最後のレポートを作成した後も、提出するまで課題の作業を続けることができます。
  • 独自性レポートを作成するため、ドキュメントのファイルサイズが 2MB を超えないようにする必要があります。

課題の作成時に独自性レポートを有効にする

  1. パソコンで classroom.google.com にアクセスします。
  2. 該当するクラス 次に [授業] をクリックします。
  3. [作成] 次に [課題] をクリックします。
  4. [盗用(独自性)を確認する] チェックボックスをオンにします。

生徒の課題の提出後に独自性レポートを有効にする

生徒が課題を提出した後で独自性レポートを有効にした場合、課題を返却するまで生徒はレポートを作成できません。生徒がレポートを作成できるようにするには、課題をいったん返却してから再提出してもらいます。

  1. パソコンで classroom.google.com にアクセスします。
  2. 該当するクラス 次に [授業] をクリックします。
  3. 課題の横にあるその他アイコン "" 次に [編集] をクリックします。
  4. [盗用(独自性)を確認する] チェックボックスをオンにします。

独自性レポートを確認する

生徒が課題を提出すると、提出されたドキュメントやスライドのファイルごとに、教師だけが閲覧できる独自性レポートが自動的に作成されます。生徒が課題の提出を取り消して再提出すると、教師用の独自性レポートがもう一度作成されます。

  1. パソコンで classroom.google.com にアクセスします。
  2. 該当するクラス 次に [授業] をクリックします。
  3. 課題 次に [課題を表示] 次に 生徒のファイルをクリックします。
  4. 右側で、[報告対象の文章: # 件] をクリックします。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false