Classroom のユーザー アカウントについて

Classroom で使用できるアカウントは、学習環境に応じて種類が異なります。

学校用アカウント

学校用アカウントとは、Google Workspace for Education を利用している認可校から提供されるアカウントのことです。学校の IT 管理者がこれらのアカウントを作成、管理し、メールアドレスとパスワードをユーザーに割り当てます。アカウントの形式は [あなたの名前]@[学校名].edu です。学校で Classroom を使用していて、自宅から Classroom にアクセスする場合は、学校用アカウントを使用してログインします。

: プライバシーに関する法律に基づき、保護者が Classroom やお子様の課題にアクセスすることはできません。ただし、お子様の教師が許可した場合、保護者は概要説明メールを受け取ることができます。詳しくは、保護者宛ての概要説明メールについてをご覧ください。

個人の Google アカウント

個人の Google アカウントとは、自分で作成したアカウントのことです。学習塾や自宅学習など学校外の環境で Classroom を利用する場合は、通常、個人アカウントを使用します。アカウントの形式は、[あなたの名前]@gmail.com のようになります。

個人アカウントを使用する場合、他の種類のアカウントと同じ Classroom の機能は利用できません。個人アカウントを使用する場合は次のような制限があります。

  • 生徒はクラスメートにメールを送信できません。
  • 教師は概要説明メールの配信登録を保護者に案内できません。
  • 保護者が管理しているアカウントを使用する生徒は、クラスを作成したり、教師としてクラスに参加したりすることはできません。

Google アカウントを作成できる最低年齢は国によって異なります。年齢制限を満たしていない生徒は、大人の方にアカウントを作成してもらいます。

Google Workspace アカウント

重要: 13 歳以下のお子様が Classroom を使用する場合は、Google Workspace for Education アカウントまたは Google Workspace for Nonprofits アカウントでログインする必要があります。

Google Workspace アカウントは通常、Google Workspace Basic、Google Workspace Business、Google Workspace for Education Plus、Google Workspace for Nonprofits のいずれかを運用している大規模な組織で使用されます。組織の管理者がこれらのアカウントを作成、管理し、メールアドレスとパスワードをユーザーに割り当てます。アカウントの形式は [あなたの名前]@[組織名].com です。詳しくは、Google Workspace のエディションを選択するをご覧ください。

Classroom のアカウントに関するよくある質問

他の種類のアカウントで作成されたクラスに参加することはできますか?

組織の管理者とアカウントの種類により許可されている場合は、異なる種類のアカウントを持つユーザーが作成したクラスに参加できる場合もあります。
ユーザーが Classroom へのアクセスに使用するアカウントの種類 主担任が Classroom へのアクセスに使用するアカウントの種類 ユーザーのクラス参加の可否(左記組み合わせの場合)
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
両方の組織のクラス設定で許可されている場合は参加可能
  • Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
  • Google Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
両方の組織のクラス設定で許可されている場合は参加可能
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
  • Google Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
  • 個人の Google アカウント
不可
  • Workspace Basic
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
  • Google Workspace for Education
  • Workspace for Nonprofits
  • 個人の Google アカウント

不可

個人の Google アカウント
  • Google Workspace for Education
  • Workspace Starter
  • Business Standard
  • Business Plus
  • Enterprise
Google Workspace 組織で許可されている場合は参加可能
個人の Google アカウント 個人の Google アカウント 参加可能
 

詳しくは、Classroom へのユーザー アクセスを制御するをご覧ください。

各種アカウントのドライブ ストレージの上限を教えてください。

Classroom は Google ドライブやドキュメントなどの Workspace サービスと連携します。

ドライブ ストレージは、Google ドライブ、Gmail、Google フォトで共用されています。各ユーザーが利用できるストレージの容量は、アカウントの種類によって異なります。

  • Frontline
ユーザーあたり 2 GB
  • G Suite Basic

ユーザーあたり 30 GB

  • Business Starter

ユーザーあたり 30 GB

  • Business Standard

プールされたストレージにユーザーあたり 2 TB 追加

  • Business Plus

プールされたストレージにユーザーあたり 5 TB 追加

  • Enterprise Essentials
プールされたストレージにユーザーあたり 1 TB 追加。
(最大 25 TB まで)
  • Enterprise エディション

必要に応じて拡張可能*

サポートが必要な場合は、Google 営業担当者にお問い合わせください。

  • Essentials

    新規のお客様の受け付けは終了

プールされたストレージにユーザーあたり 100 GB 追加
(最大 2 TB まで)

  • Essentials Starter
ユーザーあたり 15 GB
  • ビジネスの基本ツール
プールされたストレージにユーザーあたり 100 GB 追加
(最大 2 TB まで)
  • G Suite Business

容量無制限のストレージ
(ユーザー数が 4 人以下の場合は 1 TB)

  • Education Fundamentals
  • Education Standard
  • Teaching and Learning Upgrade
  • Education Plus

プールされたクラウド ストレージ 100 TB

追加の保存容量:

  • Teaching and Learning Upgrade - ユーザーあたり 100 GB
  • Education Plus - ユーザーあたり 20 GB
  • 個人アカウント
  • 従来の G Suite(無償版)

15 GB

* Google は、サービス開始時に各ユーザーに 5 TB のストレージ プールを提供しています。組織のユーザー数が 5 人以上の場合は、Google Workspace サポートに連絡して追加の保存容量をリクエストできます。詳しくは、Google Workspace サービスの概要をご覧ください。

ドライブ ストレージの上限は引き上げることができます。詳しくは、ドライブ ストレージの追加オプションをご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false