ファイルのオーナーを他のユーザーにする

デフォルトでは、自分が Google ドライブで作成、アップロードしたファイルのオーナーはすべて自分になりますが、Google のファイルやフォルダのオーナー権限を、Google アカウントを持つ他のユーザーに譲渡できます。

オーナー権限を譲渡する前に

所有権を譲渡できるのは、Google のファイルとフォルダのみです。フォルダのオーナーを他のユーザーにした場合にも、フォルダ内のファイルのオーナーは自分のままとなります。詳しくは、フォルダの共有についての記事をご覧ください。

注: 多数のファイルやフォルダのオーナー権限を一度に譲渡すると、変更が反映されるまでに時間がかかることがあります。

譲渡できるファイル

  • Google ドキュメント
  • Google スプレッドシート
  • Google スライド
  • Google 図形描画
  • Google マイマップ
  • フォルダ

ヒント: フォルダのオーナー権限を譲渡すると、選択したフォルダの権限のみが譲渡され、フォルダ内のファイルの権限は変更されません。

ファイルのオーナーの変更後

ファイルのオーナーを他のユーザーにすると、次の操作ができなくなります。

  • オーナー権限の譲渡(自分にオーナー権限を戻すこともできません)。
  • Google ドライブのファイルの完全な削除。

オーナーを変更する

  1. Google ドライブGoogle ドキュメントGoogle スプレッドシートGoogle スライドのいずれかのホーム画面を開きます。
  2. 他のユーザーに移行したいファイルをクリックします。
  3. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
  4. すでにファイルを共有しているユーザーの右にある下向き矢印 下矢印 をクリックします。
  5. [オーナーにする] をクリックします。
  6. [完了] をクリックします。

ファイルのオーナーを別のユーザーに変更した後でも、その新しいオーナーによってアクセス権限が変更されていなければ、ファイルを編集することができます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。