Google ドライブのファイルを共有する

Google ドライブに保存しているファイルやフォルダは、誰とでも共有できます。

Google ドライブから共有する際は、共有相手のファイルに対する権限(編集、コメント、閲覧のみ)を管理できます。Google ドライブのコンテンツを共有すると、Google ドライブ プログラム ポリシーが適用されます。

 

ステップ 1: 共有するファイルを見つける

単一のファイルを共有する

  1. パソコンで Google ドライブドキュメントスプレッドシートスライドのいずれかを開きます。
  2. 共有するファイルをクリックします。
  3. [共有] または共有アイコン Share をクリックします。
複数のファイルを共有する
  1. パソコンで drive.google.com にアクセスします。
  2. キーボードで Shift キーを押しながら複数のファイルを選択します。
  3. 右上の共有アイコン Share をクリックします。

フォルダにファイルを追加する方法フォルダ全体を共有する方法もご覧ください。

ステップ 2: ファイルの共有相手と権限を選択する

特定のユーザーと共有する

  1. [ユーザー] の下に、共有相手のメールアドレスを入力します。
    • 注: Google アカウント以外のメールアドレスと共有する場合、その共有相手がファイルで行えるのは閲覧のみになります。
  2. ファイルに対する共有相手の権限を選択するには、下向き矢印 下 をクリックします。
  3. 共有相手にメールで通知しない場合は、[詳細設定] をクリックして [通知] チェックボックスをオフにします。メールで通知する場合は、入力したすべてのメールアドレス宛に通知メールが送信されます。
  4. [送信] をクリックします。
ファイルへのリンクを共有する

ファイルへのリンクを他のユーザーに送信すると、リンクを知っているインターネット上の全員がファイルを使用できるようになります。なお、ファイルへのリンクを共有した場合は、自分の名前がファイルのオーナーとして表示されます。

  1. 右上の [共有可能なリンクを取得] をクリックします。
  2. [リンクを知っている全員] の横にある下向き矢印 下 をクリックします。
  3. リンクをコピーして、メールなどの共有する場所に貼り付けます。
ファイルを一般公開で共有する

ファイルを一般公開で共有すると、インターネット上の誰もがそのファイルを検索して特定し、開くことができます。なお、ファイルを一般公開で共有した場合は、自分の名前がファイルのオーナーとして表示されます。

  1. [共有可能なリンクを取得] をクリックします。
  2. [リンクを知っている全員] の横にある下向き矢印 下 をクリックします。
  3. [詳細] 次へ [オン - ウェブ上で一般公開] をクリックします。
  4. [保存] をクリックします。
  5. [完了] をクリックします。

Google アカウントにログインしていないユーザーは、ファイルに匿名の動物アイコンとして表示されます。詳しくは、匿名の動物アイコンについてのページをご覧ください。

1 つのファイルを 100 人を超えるユーザーと共有して共同編集する

Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドでは、権限を与えられたユーザーは、最大で 100 人まで同時に閲覧、編集、コメントできます。Google スプレッドシートでは、100 人を超えるユーザーが 1 つのファイルにアクセスする場合、オーナーと編集権限のある一部のユーザーのみがファイルを編集できます。Google ドキュメントとスライドでは、100 人を超えるユーザーが 1 つのファイルにアクセスする場合、ファイルのオーナーのみが変更を行えます。

1 つのファイルを 100 人を超えるユーザーと共有して共同編集するには:

  • ファイルを一般公開する: 多数のユーザーが 1 つのファイルを同時に閲覧する必要がある場合は、一般公開して対象ユーザーと共有するためのリンクを作成します。ファイルを編集するユーザーまたはファイルにコメントするユーザーに、編集権限を付与することができます。詳しくは、ファイルを一般公開する方法をご覧ください。 
    • 重要: ファイルを一般公開すると、ウェブ上の誰もが閲覧できるようになります。個人情報や機密情報を公開する場合は注意してください。職場や学校のアカウントをお持ちの場合は、公開済みのファイルを閲覧できるユーザーを管理者が制限できます。管理者の方は、ドキュメントをウェブで一般公開できるユーザーを管理する方法をご覧ください。
  • Google サイトを作成する: Google サイトを作成すると、多くの人と情報を共有できます。サイトにはドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを埋め込むことができ、多くのユーザーが閲覧できます。詳しくは、Google サイトにドキュメントを埋め込む方法をご覧ください。
    • ヒント: サイトへのトラフィックが多くなると見込まれる場合は、Google ドキュメント、スプレッドシート、またはスライドでドキュメントを公開してから、Google サイトに埋め込みます。詳しくは、ファイルを一般公開する方法をご覧ください。
  • Google フォームでフィードバックを収集する: 多くの情報を収集する必要がある場合は、Google フォームを作成します。回答は Google スプレッドシートに記録されます。回答を確認する必要があるユーザーにのみ編集権限を付与します。100 人を超えるユーザーが回答を確認する必要がある場合は、ウェブでスプレッドシートを一般公開して、閲覧するユーザーとリンクを共有します。詳しくは、ファイルを公開する方法をご覧ください。

多数のユーザーと共有しているドキュメントの問題を解決する

ドキュメントが多数のユーザーと共有されていて、クラッシュしたり更新に時間がかかったりする場合は、次の解決方法をお試しください。

  • ドキュメントやスプレッドシートに直接コメントを投稿してもらうのではなく、Google フォームを作成してフィードバックを収集します。詳しくは、Google フォームの作成方法をご覧ください。
  • ドキュメントのコピーを作成する場合は、解決済みのコメントや提案を含めないようにします。詳しくは、コピーを作成する方法をご覧ください。
  • 古い情報を削除するか、データを新しいドキュメントに移動させます。
  • ドキュメントを使用していないときは閉じるよう、閲覧者にリクエストします。
  • 公開ドキュメントには、特に重要な情報のみを含めます。ドキュメントが短いほど読み込みが速くなります。
  • ドキュメントの編集権限を持つユーザー数を減らします。
  • 複数のドキュメントから情報を収集する場合は、新たに表示専用ドキュメントを作成して多数のユーザーと共有します。

ファイルの共有を制限する

共有相手の権限(閲覧、コメント、編集)を選択する

ファイルを共有する場合、共有相手が行うことのできる操作を選択できます。

  • 閲覧: 共有相手はファイルを表示できますが、ファイルを変更したり、別のユーザーとファイルを共有したりすることはできません。
  • コメント: 共有相手はコメントや提案を挿入できますが、ファイルを変更したり、別のユーザーとファイルを共有したりすることはできません。
  • 編集: 共有相手はファイルの変更、提案の承諾や拒否、別のユーザーとのファイルの共有を行えます。
リンクの共有相手を変更する

ファイルへのリンクを共有する場合は、ファイルの共有範囲を管理できます。この設定は、お使いの Google アカウントが職場、学校、Gmail のいずれを通じて取得されたものかで異なります。

  • オン - ウェブ上で一般公開: 誰でも Google でファイルを検索してアクセスできます。Google アカウントへのログインは必要ありません。
  • オン - リンクを知っている全員: リンクを知っている全員がファイルを使用できます。Google アカウントへのログインは必要ありません。
  • オフ - 特定のユーザー: ファイルの共有相手だけがそのファイルを使用できます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。