検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

メール転送

メール転送を設定するには:

  1. ナビゲーション バーで [マイドメイン] をクリックし、ドメイン名をクリックします。
  2. [メール] タブ をクリックします。
  3. 左側のフィールドに、エイリアスのメール名(例えば、support)またはワイルドカード * を入力します。
    : * はワイルドカードで、明示的に指定されていないアドレスを表します。
  4. 右側のフィールドに、受信者のメールアドレス(例えば、abc321@gmail.com)を入力します。エイリアス宛てのメールを複数の受信者に転送したい場合には、メールグループ(Google グループなど)のアドレスを入力します。
    例を確認

    この例では、support@documentationexample.net 宛てのすべてのメールは自動的に exampleuser.domains.larry@gmail.com に転送されることになります。

     

    ヒント: 管理しているグループのアドレスを入力すると、1 つのエイリアスに複数の受信者アドレスを追加できます。

     

    : グループを受信者アドレスに設定する場合は、そのグループに全員が投稿できるようにするか、グループを一般公開にする必要があります。権限が適切なものになっていないと、そのグループは転送されたメールを受信できなくなります。Google グループ ヘルプセンターで基本的な権限を設定する方法をご確認ください。

  5. [追加] ボタンをクリックします(support@example.com 宛てのすべてのメールが abc321@gmail.com に転送されるようになります)。
  6. Google Domains から、確認のメールが受信者アドレスに送信されます。メールの指示に従って、そのアドレスへの転送を有効にしてください。受信者が自分のアドレスを確認するまで、転送は開始されません。

    次の場合は、Google Domains から確認メールを送ることはなく、転送が即時に開始されます。

    • 別の転送対象のメール エイリアスについて、Google Domains ですでに同じ受信者アドレスを確認している場合。
    • 受信者アドレスが、Google Domains にログインするために使用したアドレスと同じ場合。

注: メール転送は、Google ネームサーバーを使用している場合にのみ動作します。

メール転送を設定すると、Google Domains では MX リソース レコードが作成されます。これらのレコードを確認するには、[ DNS] タブ で [メール転送] 合成レコードを開きます。

     

次のステップ: エイリアスの設定後は、メール転送をテストすることができます。 

その他のサポート

メール転送について

メール転送では、エイリアスのメールアドレスを設定することも可能です。エイリアスのメールアドレスは、実際のメールアドレスの代わりに使用される代替アドレスのことで、エイリアスのメールアドレスに送信されるすべてのメールが、実際のメールアドレスに転送されることになります。

例えば、実際にご自身で使っているメールアドレスは abc321@gmail.com だとします。自分の会社のドメイン(example.com)で「info」や「support」といったエイリアスを作ることで、より洗練された印象になり内容もわかりやすくなります。作成したエイリアスはご自身のドメイン(example.com)に追加され、「info@example.com」や「support@example.com」といった新しいメールアドレスが作成されます。こうしたメールアドレスはウェブサイトに載せることもできます。info@example.com や support@example.com 宛てに送信されたすべてのメールは、実際に使っている abc321@gmail.com に転送されるようになります。

エイリアス アドレスは、100 個まで作成できます。作成したら、そのエイリアス アドレスが動作するかどうか確認することをおすすめします。そのためには、エイリアスのメールアドレスを使用してテストメールを送信し、そのテストメールが既存のメールアドレスに転送されるかどうかを確認してください(受信トレイでテストメールを確認、開封できる必要があります)。エイリアスのアドレスは、[編集] および [削除] からいつでも変更が可能です。

注: メール転送を設定すると、Google Domains では自分用の MX リソース レコードが作成されます。後でこれらの MX リソース レコードを変更すると、メール転送は解消されます。

ワイルドカード メール転送について

* は、明示的に指定されていないすべてのアドレスを表すワイルドカードです。例えば、次のようなメール転送を設定したとします。

  • "sales" から larry@example.com に転送 - sales@<ドメイン名> 宛てのメールは larry に届く。
  • "support" から yu@example.com に転送 - support@<ドメイン名> 宛てのメールは yu に届く。
  • "*" から roberto@example.com に転送 - それ以外のすべてのアドレス(asdf@<ドメイン名> や test@<ドメイン名> など)は roberto に届く。

つまり、ワイルドカードを使用すると、無制限の数のメール エイリアスからでも、すべて 1 つのアドレスに転送できることになります。

転送されたメールアドレスからメールを送信するには

多くのメールシステムでは、メールを送信するときに、転送されたメールアドレスを送信元アドレス(From アドレス)として使用できます。

Gmail を使用する場合

Gmail ユーザーの場合は「名前」機能を使用できます。

概要

転送されたメール エイリアスに対して「名前」を設定するための要件:

  • 最初に、Gmail アカウントの [アプリ パスワード] を設定して、Gmail SMTP サーバーをセキュリティ保護された状態で使用できるようにします。

  • 次に、Gmail の受信トレイにアカウントとしてエイリアスを追加します。

  • そして、生成したアプリ パスワードを使用して、転送されたエイリアスに対するメールサーバーとして Gmail SMTP サーバーを設定します。

手順

  1. メールを転送する先の Gmail アカウント(この例の場合は exampleuser.domains.xu@gmail.com)にログインします。
  2. Gmail で、自分のユーザー名または右上隅のユーザー アイコンをクリックすると、ユーザー メニューが表示されます。

     
  3. [アカウント] をクリックします。
  4. Google アカウント画面の [ログインとセキュリティ] で、[Google へのログイン] をクリックします。

     
  5. [パスワードとログイン方法] ボックスで、[アプリ パスワード] をクリックします。

    この時、パスワードを再度入力するように求められることがあります。

    : [アプリ パスワード] オプションを使用するには、2 段階認証プロセス が有効になっている必要があります。有効になっていない場合は [2 段階認証プロセス] をクリックして有効にし、[アプリ パスワード] の設定を続行してください。

  6. [アプリ パスワード] ボックスで、アプリの欄は [メール]、端末の欄は [その他] を選択します。

     
  7. 「その他」を選択した端末の欄に自分のドメイン名を入力して、[生成] をクリックします。

     
  8. [生成したアプリ パスワード] ボックスに 16 文字のパスワードが表示されたら、それをコピーします。新しい送信元(転送)アカウントを追加するときに、これが必要になります。

     
  9. Gmail の画面に戻ります。
  10. 右上隅の [設定] ボタンをクリックします。

     
  11. プルダウン メニューで、[設定] を選択します。
  12. [設定] 画面で、[アカウントとインポート] タブをクリックします。
  13. [名前] までスクロールして、[自分のメールアドレスを追加] をクリックします。
  14. 最初の [自分のメールアドレスを追加] ボックスに、自分のメールの受信者に対して表示される名前("サポートチーム"、"販売"、など、この連絡先の他の名前)と、設定している転送されるメールアドレスを入力します。

     
  15. [次のステップ] をクリックします。
  16. 次の [自分のメールアドレスを追加] ボックスで、各フィールドに次のように入力して値を変更します。
    • SMTP サーバー: smtp.gmail.com
    • ポート: 465
    • ユーザー名: 自分の Gmail アカウント(ログインに使用したアカウント)
    • パスワード: ステップ 8 で生成されたアプリ パスワードをコピーしたもの
  17. [アカウントを追加] をクリックします。エラー メッセージが表示された場合は、SMTP サーバー、ポート、ユーザー名、およびパスワードを正しく入力したかどうか、確認してください。
  18. アカウントが正常に追加されたら、Gmail に戻ります。Gmail チームから、[Gmail 確認: 名前] という件名で、追加したばかりのアドレスを含むメッセージが届きます。そのメッセージの指示に従って、メールアドレスを確認します。
  19. 自分の Gmail アカウントからメールを送信するとき、メッセージの送信元として追加したばかりのアカウントを使用するには、From アドレスの横の三角形をクリックして選択します。

     

Gmail のアプリ パスワードについて詳しくは、Gmail ヘルプセンター記事「アプリ パスワードでログイン」をご覧ください。

Gmail で転送されたアドレスからメールを送信する方法について詳しくは、Gmail ヘルプセンター記事「別のアドレスやエイリアスからメールを送信する」をご覧ください。

: G Suite ユーザーの場合は、G Suite 管理者に、アプリを追加してステップ 16 で必要になるアプリ パスワードを生成してもらう必要があります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。