ドキュメントやプレゼンテーションを閲覧しやすくする

ドキュメントやプレゼンテーションを作成するときは、下記のヒントを参考にして、障がいのある方を含むすべてのユーザーにとって読みやすい資料を作成します。

代替テキストを含める

画像や図形描画などのグラフィック要素に代替テキストを含めます。代替テキストがない場合、スクリーン リーダーでは「画像」としかアナウンスされません。画像によっては自動的に代替テキストが含まれることもありますが、自動追加された代替テキストが適切であるかどうか確認することをおすすめします。

代替テキストを追加、編集する

  1. 画像、図形描画、グラフィックを選択します。
  2. 右クリック 次へ [代替テキスト] を選択します。
  3. タイトルと説明を入力します。
  4. [OK] をクリックします。

データの表を使用する

表は、ページの視覚的なレイアウトに変化を出すためではなく、データを示す方法として使用します。スクリーン リーダーは表の最初の行を見出し行として自動的に読み上げるため、(最初の行からデータを入力するのではなく)表に見出し行を追加するようにします。

コメントと提案を使用する

ドキュメントやプレゼンテーションのテキスト内にメモを記入する代わりに、コメント機能や提案機能を使用します。スクリーン リーダーのユーザーにとっては、ファイルでメモを探すより、キーボード ショートカットを使用してコメントに移動する方が簡単です。ファイルのオーナーはメール通知の受信やコメント スレッドの確認も行えます。

色のコントラストを確認する

色のコントラストが十分にあれば、テキストや画像は読みやすく、わかりやすくなります。Web Content Accessibility Guidelines(WCAG)2.0(ウェブ コンテンツのアクセシビリティ ガイドライン(WCAG)2.0)では、サイズの大きな文字には 4.5:1 以上、その他の文字と画像には 7:1 以上のコンストラスト比を推奨しています。たとえば、白い背景に明るい灰色の文字は避けます。

コンストラスト比を確認するには、WebAIM のコンストラスト確認ツールをご利用ください。

説明的なリンクテキストを使用する

スクリーン リーダーではリンクもスキャンされるため、説明的なリンクテキストを使用すると便利です。リンクテキストにはページのタイトルを使用することをおすすめします。たとえば、プロフィール ページにリンクする場合は、リンクテキストを「ここをクリック」や完全な URL ではなく「プロフィール」などとします。

テキストのサイズと配置を確認する

ドキュメントやプレゼンテーションを読みやすくするため、可能な場合は大きいサイズのテキストを左揃えで使用します。両端揃えのテキストは、単語間に余分なスペースができるため、読みにくくなります。配置を変更するには、Ctrl+Shift+L キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+shift+L キー(Mac)を押します。

書式設定の代わりにテキストを追加する

意味を伝えるうえで、視覚的な書式はあまり重要ではありません。太字やハイライトなどの書式の変更は、スクリーン リーダーによってアナウンスされない場合もあります。

たとえば、テキストの重要な部分を示すために「重要」という言葉を追加します。

番号付きリストと箇条書きを使用する

Google ドキュメントと Google スライドでは、特定の種類のリストが自動的に検出され、使いやすく書式設定されます。たとえば、ドキュメントを入力中に「1.」で新しい行を開始すると、その行が自動的に番号付きリストの最初の項目になります。詳しくは、箇条書きと番号付きリストの書式設定に関する記事をご覧ください。

見出しでドキュメントを編成する

見出しを使ってドキュメントを複数のセクションに分割すると、セクションの移動が簡単になります(特に、キーボード ショートカットを使用するユーザーにとってはとても便利です)。見出しにはデフォルトのスタイルを使用することも、独自のスタイルを作成することもできます。詳しくは、見出しの追加やカスタマイズを行う方法に関する記事をご覧ください。

ドキュメントに移動の目印を含める

ヘッダー、フッター、ページ番号、ページ数などの目印は、ドキュメント内の現在の位置を知るために役に立ちます。特に、長いドキュメントの場合は、このような目印([挿入] メニューから利用可能)を含めることでドキュメントが閲覧しやすくなります。

字幕の付いたプレゼンテーションを表示する

Google スライドでプレゼンテーションを行うときに、自動字幕起こし機能をオンにして、スピーカーの発言をリアルタイムで画面下部に表示できます。詳しくは、字幕の付いたプレゼンテーションを表示する方法をご覧ください。

プレゼンテーションを HTML ビューで共有する

Google スライドの HTML ビューでは、プレゼンテーション ビューでスライドを 1 つずつ表示する方法と異なり、プレゼンテーション全体を 1 つのスクロール可能な HTML ページに表示します。閲覧者の中にスクリーン リーダーを使用するユーザーがいる場合に、この機能を使用すると便利です。

HTML ビューでプレゼンテーションにアクセスするには、キーボード ショートカットの Ctrl+Alt+Shift+P キー(Windows、Chrome OS)または ⌘+option+shift+P キー(Mac)を使用します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。