F.DIST

指定された x を代入して、2 つのデータセットの F 分布の左側確率(ばらつき)を計算します。「フィッシャー-スネデカー分布」や「スネデカーの F 分布」とも呼ばれます。

使用例

F.DIST(15.35, 7, 6, TRUE)

F.DIST(A2, B2, C2, FALSE)

構文

F.DIST(x, 自由度1, 自由度2, 累積)

  • x - F 分布の確率関数に代入して関数を評価する値です。

    • 正の数を指定します。

  • 自由度1 - 自由度の分子です。

  • 自由度2 - 自由度の分母です。

  • 累積 - 関数の形式を決定する論理値です。デフォルト値は FALSE です。

    • TRUE の場合: F.DIST 関数は累積分布関数の値を返します。

    • FALSE の場合: F.DIST 関数は確率密度関数の値を返します。

メモ

  • 引数に整数以外の値を指定すると、自由度1自由度2 のどちらでも小数点以下が切り捨てられます。

  • 自由度1自由度2 は、1 より大きく 10^10 以下にします。

  • x自由度1自由度2 には数値を指定します。

関連項目

FDIST: 指定した x を代入して、2 つのデータセットの F 分布の右側確率(ばらつき)を求めます。フィッシャー - スネデカー分布やスネデカーの F 分布とも呼ばれます。

F.DIST.RT: 指定した x を代入して、2 つのデータセットの F 分布の右側確率(ばらつき)を求めます。フィッシャー - スネデカー分布やスネデカーの F 分布とも呼ばれます。

TDIST: 所定の入力データ(x)を用いて、スチューデントの t 分布の確率を計算します。

T.INV: t 分布のマイナスの左側逆関数を計算します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。