YouTube キャンペーン

スキップ不可の広告キャンペーン

ディスプレイ&ビデオ 360 のネットワーク ユーザーは、この機能をご利用いただけません。

スキップ不可の広告は、別の動画の再生前、再生中、または再生後に再生される短いインストリーム動画広告です。視聴者はこの広告をスキップできません。スキップ不可の広告では、6〜15 秒の動画を使用して視聴者にメッセージ全体を伝えることができます。

スキップ不可の広告について

  • 動画は 6〜15 秒の長さで、YouTube でホストする必要があります。視聴者は広告をスキップできません。
  • スキップ不可の広告が表示されても、YouTube での動画の視聴回数は増えません。
  • スキップ不可の広告の入札単価は、目標インプレッション単価(1,000 回のインプレッションあたりの費用)制で設定します。この単価制では、1,000 回の広告表示に対してお支払いいただける金額(目標インプレッション単価)を設定します。ディスプレイ&ビデオ 360 では、設定された目標インプレッション単価を基に、できるだけ多くのインプレッションを獲得できるように入札単価が最適化されます。一部のインプレッションでは、費用が目標インプレッション単価を上回ったり下回ったりする場合もありますが、全体としては広告申込情報の平均インプレッション単価が、設定された目標インプレッション単価と同額以下になるように調整されます。

ディスプレイ&ビデオ 360 でのスキップ不可の広告の扱い

ディスプレイ&ビデオ 360 では、スキップ不可の広告、バンパー広告、TrueView 広告が同じ広告申込情報タイプに属していますが、フォーマットごとに個別の広告申込情報を作成する必要があります。

スキップ不可の広告用の YouTube とパートナーの広告申込情報を作成する

  1. 既存の広告掲載オーダーの画面を開くか、新しい広告掲載オーダーを作成します。また、YouTube とパートナーの広告申込情報が含まれる既存の広告掲載オーダーをコピーして、編集することもできます。

  2. 広告掲載オーダーで、[新しい広告申込情報] をクリックします。

  3. 表示されたページで、[YouTube とパートナー] を選択します。

  4. 次のページで、広告申込情報に関する次の情報を入力します。

    • 広告申込情報の名前

    • [タイプ] で [ブランドの認知度] を選択します。

    • [広告フォーマット] で [スキップ不可の広告] を選択します。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [ターゲティング] には、広告枠ソースが自動的に設定されます。広告申込情報の階層で他のターゲティング オプションを設定するには、[ターゲティングを追加] をクリックします。広告申込情報の広告グループでは、さらに別の種類のターゲティングを設定できます。

    YouTube のターゲティングについての留意事項

    他の広告申込情報タイプとは異なり、YouTube とパートナーの広告申込情報では、広告申込情報と広告グループの 2 つの階層でターゲティングを設定できます。詳しくは、YouTube とパートナーの広告申込情報のターゲティング オプションをご覧ください。

    なお、広告掲載オーダーの階層で設定されているデフォルトのターゲティングは、YouTube とパートナーの広告申込情報には適用されません。

  7. 広告申込情報の設定を行います。

    • カスタムの掲載期間を設定するか、広告申込情報の広告掲載オーダーと同じ日付を使用します。

    • 広告申込情報の予算とペースの設定を入力します。広告申込情報を保存すると、日付と掲載期間の切り替えはできなくなります。ただし、予算額の更新は可能です。

    • (省略可)デバイスのタイプごとに視聴単価を変えて入札する場合は、モバイル、パソコン、タブレット、インターネット テレビ​の入札単価調整比を入力します。たとえば、標準の視聴単価が $0.10 CPV の場合に、モバイル デバイスでの視聴単価を $0.12 で入札したいときは、モバイルの入札単価調整比を 20% に設定します。デバイスタイプを除外する場合は、入札単価調整比を 100% 引き下げるよう設定します。  

    • (省略可)広告申込情報のフリークエンシー キャップを選択します。詳しくは、ディスプレイ&ビデオ 360 のフリークエンシー キャップをご覧ください。

  8. (省略可)コンバージョンのカウントに使用する Floodlight アクティビティを選択します。

  9. [新しい広告グループを作成] を選択して、広告申込情報の広告グループを設定します。

    • 広告グループの名前を入力します。

    • [ターゲティングを追加] をクリックして、広告グループ階層のターゲティングを設定します。詳しくは、YouTube とパートナーの広告申込情報のターゲティング オプションをご覧ください。

    • [入札] の [目標インプレッション単価] で、1,000 回の広告表示に対して支払う平均の金額を指定します。

    • [広告を新規作成] をクリックし、クリエイティブとして使用する YouTube 動画を選択するとともに、ランディング ページを設定します。

      • 広告の名前を指定します。

      • YouTube の動画を検索するか、YouTube の URL を貼り付けます。

      • 広告の表示 URLランディング ページ URL を入力します。

      • (キャンペーン マネージャー 360 をご利用の場合は省略可)[キャンペーン マネージャー 360 トラッキング広告] 欄で、キャンペーン マネージャー 360 の拡張指標の収集に使用する既存のトラッキング広告を選択します。

      • (省略可)[クリック トラッカー URL] 欄で第三者クリック トラッキングを設定します。クリック トラッカーは、ランディング ページ URL と同じ URL にリダイレクトされる必要があります。

      • YouTube チャンネルの動画から自動生成される画像を選択するか(推奨)、コンパニオン バナーとして手動でアップロードした画像を選択します。

      • (省略可)Call-to-Action(CTA)オーバーレイを追加します。

        • 行動を促すフレーズのテキストを入力します(スペースを含めて半角 10 文字(全角 5 文字)まで使用できます)。行動を促すフレーズは、ランディング ページ URL として指定したウェブサイトにユーザーを呼び込むための説得力のあるメッセージにします。

        • 見出しのテキストを入力します(スペースを含めて半角 15 文字(全角 7 文字)まで使用できます)。見出しは、提供する商品やサービスを宣伝するものにします。

      • [完了] をクリックして広告を作成します。

    • 複数の広告を使用する場合は、もう一度 [広告を新規作成] をクリックして、上記の手順を繰り返します。この場合、広告は視聴回数に基づいて最適な割合でローテーション表示されます。

    • [完了] をクリックして広告グループを作成します。

  10. (省略可)複数の広告グループを使用する場合は、[新しい広告グループを作成] をクリックし、上記の手順を繰り返します。

    複数の広告グループを使用する理由

    次のような状況で 1 つの予算を振り分ける必要がある場合は、スキップ不可の広告の広告申込情報で複数の広告グループを使用すると便利です。

    • 同じ YouTube とパートナーの広告申込情報で複数のオーディエンスを使用する場合。
    • 規模を限定せずに、数種類のターゲティングを使用する場合。たとえば、1 つの広告グループでオーディエンス ターゲティングを使用し、別の広告グループでコンテンツ ターゲティングを使用する方法があります。
  11. [作成] をクリックして、新しい広告申込情報を保存します。

スキップ不可の広告に関するレポートを作成する

スキップ不可の広告には、全般レポートまたは YouTube レポートを使用できます。

スキップ不可の広告では、視聴回数とその関連指標はご利用いただけません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。