YouTube キャンペーン

YouTube 広告に Call-to-Action オーバーレイを追加する

Call-to-Action(CTA)オーバーレイは、広告に重ねて表示されるインタラクティブな要素で、ウェブサイトへのクリック誘導に役立ちます。オーバーレイは動画の再生時に表示され、15 秒後にサムネイル画像に折りたたまれます。デスクトップ ブラウザでは、ユーザーがサムネイル画像にカーソルを合わせると CTA が展開されます。モバイル ブラウザでは、ユーザーがサムネイル画像をタップすると CTA が展開されます。

詳しくは、CTA オーバーレイをご覧ください。

CTA の例
CTA 表示オプション

TrueView インストリーム広告に表示された CTA

技術要件
  • 行動を促すフレーズのテキスト: 1 行、半角 10 文字(全角 5 文字)まで。
  • 見出しのテキスト: 1 行、半角 15 文字(全角 7 文字)まで。
  • 表示 URL: オーバーレイでユーザーに表示する URL。
  • ランディング ページ: オーバーレイのリンク先 URL。外部サイトにリダイレクトまたはリンクできます。
  • サムネイル: YouTube チャンネルのアイコンから自動生成されます。
 

ディスプレイ&ビデオ 360 で CTA オーバーレイを作成する

CTA オーバーレイを追加するには、YouTube とパートナーの広告申込情報で広告を作成または編集する際に [行動を促すフレーズ] をクリックして、行動を促すフレーズと見出しを追加します。

  • 行動を促すフレーズは、ランディング ページ URL として指定したウェブサイトにユーザーを呼び込むもので、見出しの横に表示されます。スペースを含めて半角 10 文字(全角 5 文字)まで使用できます。
  • 見出しは商品やサービスを宣伝するもので、動画広告の横に主要なテキストとして表示されます。スペースを含めて半角 15 文字(全角 7 文字)まで使用できます。

制限

  • 使用条件
    • TrueView アクション広告申込情報では必須です。
    • ブランド認知度とリーチ広告申込情報の TrueView インストリーム広告では省略可能です。
    • バンパー広告、スキップ不可の広告では省略可能です。
  • YouTube 動画に一度に表示できるオーバーレイは 1 つのみです。
  • オーバーレイを編集または変更した場合、元のオーバーレイは新しいバージョンに置き換えられます。
  • 広告に設定したオーバーレイは、同じ動画を使用するすべての広告に適用されます。

インタラクティブ オーバーレイの広告掲載のポリシー

CTA オーバーレイやカードなど、YouTube 動画広告で使用するインタラクティブ オーバーレイは、Google 広告の広告掲載のポリシーに準拠している必要があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。