ターゲティングを設定する

第三者オーディエンス リストを利用する場合のヒント

ディスプレイ&ビデオ 360 には、さまざまな第三者データ プロバイダの提供する多種多様なオーディエンス リスト(「ユーザーリスト」や「データ セグメント」とも呼ばれます)が用意されています。第三者オーディエンス リストは行動ターゲティングの広告申込情報を配信する場合に役立ちます。

第三者データを使用するための費用

第三者リストを(ユーザーのターゲティングまたは除外のいずれかの目的で)利用するには、広告主が個別のインプレッションに対するメディア費用の CPM に加えて、データ セグメントを使用するための CPM 料金を支払う必要があります。詳しくは、第三者のオーディエンス リストを利用するための費用をご覧ください。

ディスプレイ&ビデオ 360 でのターゲティング

ディスプレイ&ビデオ 360 では、無料のユーザー属性(年齢および性別)、アフィニティ セグメント市場内オーディエンスのターゲティングもご利用いただけます。

(注: ディスプレイ&ビデオ 360 のネットワーク ユーザーの場合、これらの機能はご利用いただけません。)

第三者リストの選択方法

以下のセクションでは、適切な第三者オーディエンス リストを選択する方法について状況別に説明します。

広告主がまだキャンペーンを開始していないが、サイト上に自社のピクセルを配置している場合
  1. オーディエンス構成レポートを作成します。

    オーディエンス構成レポートは、広告主の自社リストとさまざまな第三者リストがどの程度重複しているかを示す比率(「マッチ率」)を提供します。

  2. 生成されたレポートで最もマッチ率の高い第三者リストを見つけ、広告申込情報でそれらのユーザーリストをターゲットに設定します。

広告主がキャンペーンを開始しておらず、サイト上にピクセルを配置していない場合
  1. 獲得できる広告枠レポートを作成し、[ユーザーリスト] > [第三者] の順にグループ条件を設定します。
  2. 生成されたレポートで、「電子機器」や「テレビゲーム」など広告主のブランドに特有のユーザーリストを見つけ、広告申込情報でそれらのユーザーリストをターゲティングします。

入札戦略

一般に、第三者オーディエンスのサイズに基づいて入札戦略を作成する必要があります。

  • オーディエンスが小さい: 広告申込情報のリーチが 5 万ユニーク ユーザー未満の場合は、できるだけ多くのインプレッション数を獲得するために、入札単価を引き上げて「できるだけ早く」のペースを使用する必要があります。
  • オーディエンスが大きい: 広告申込情報のリーチが 5 万ユニーク ユーザーを超えている場合は、広告枠が不足する可能性が低いことから、入札単価を引き下げて均等のペースを使用することができます。

その他の注意事項

  • 予算の割り当て: 掲載結果を最適化するため、予算全体において、最も成果の高い戦略とオーディエンス リストを持つ広告申込情報の占める割合が大きくなるよう、広告掲載オーダーの予算を割り当てます。
  • データの費用: 第三者データの料金として、50 円から 200 円以上の CPM がかかることがあります。また、行動ターゲティングの費用が増加するため、行動ターゲティングの広告申込情報で他の広告申込情報の戦略(調査やリマーケティングなど)と同等の結果を出すには、一般的に他の広告申込情報よりも高い成果をあげる必要があります。

よくある質問

1 つの広告申込情報で複数のセグメントやデータ プロバイダをターゲティングできますか?

はい。ただし最適化を容易にするには、次の方法をおすすめします。

  • 異なる複数の広告申込情報内の類似するセグメントをグループ化します。たとえば、別々の広告申込情報に含まれている「携帯電話」や「旅行」などのオーディエンス リストをすべてグループ化することを検討します。
  • 広告申込情報をデータ プロバイダ別に分けます。
1 つの広告申込情報で複数のオーディエンス リストをターゲティングする場合、費用はどのように計算されますか?

同じ広告申込情報内で複数のプロバイダーが提供する複数のセグメントをターゲティングする場合は、以下を参照して状況別に広告申込情報の費用を計算します。

  • 同一のデータ プロバイダが提供する複数のオーディエンス リスト

    広告申込情報において、同じプロバイダが提供する複数のオーディエンス リストを利用する場合は、各インプレッションが一致する最も高額なオーディエンス リスト 1 つ分の費用を支払います(インプレッションが 1 つのオーディエンス リストにのみ一致する場合は、一致するそのオーディエンス リストの費用のみを支払います)。

  • 複数のデータ プロバイダが提供する複数のオーディエンス リスト

    広告申込情報において、複数のプロバイダが提供する複数のオーディエンス リストを利用する場合は、各インプレッションに一致するすべてのオーディエンス リストの分を合わせた費用を支払います(インプレッションが 1 つのオーディエンス リストにのみ一致する場合は、一致するそのオーディエンス リストの費用のみを支払います)。

上の図の「List A&B」は、両方のリストに一致するインプレッションを示しています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。