ターゲティングを設定する

アプリ、チャネル、ウェブサイトのターゲティング

アプリと URL のターゲティングで、アプリ、チャネル、ウェブサイトをターゲットとして追加または除外する

アプリ、チャネル、コレクション、ウェブサイトをターゲットに設定する

アプリと URL のターゲティングでは、次のターゲット設定オプションを選択できます。

  • アプリ: Android と iOS の個々のアプリをターゲットに設定する場合に選択します。アプリは名前やアプリストア ID で検索できます。特定のオペレーティング システムのアプリを検索するには、プラットフォーム フィルタを使用します。

  • チャネル: 関連するウェブサイトやアプリ(モバイルまたはインターネット テレビ)のカスタム グループをターゲットに設定する場合に選択します。チャネルは、それをターゲティングに使用するディスプレイ&ビデオ 360 の広告主の画面で作成する必要があります。詳細

  • コレクション: 動的に更新される関連アプリのグループをターゲットに設定する場合に選択します。たとえば、随時更新される「人気の無料お天気アプリ」というコレクションを選択すると、これらのアプリをターゲットに設定するため定期的に探したり、手動でチャネルを追加したりする手間を省くことができます。プラットフォーム別にコレクションのリストを絞り込んで、特定のコレクションを検索することもできます。各コレクションの [追加済みのアプリ] リンクをクリックすると、コレクションに含まれるアプリのリストを確認できます。

  • URL: 個々のウェブサイトやウェブページをターゲットに設定する場合に選択します。特定の URL を検索するには、検索バーを使用します。

アプリ、チャネル、コレクション、URL の任意の組み合わせを、ターゲットとして追加  Green check または除外 することができます。

アプリと URL を一度に追加するには、複数のアプリと URL を一括追加するオプションを選択して、リストにアプリ ID と URL を 1 行に 1 つずつ入力します。

留意事項

  • 広告申込情報では、アプリと URL を両方の合計で 10,000 個までターゲットに設定できます。1 つの広告申込情報で 10,000 個を超えるアプリと URL をターゲットに設定するには、チャネルを使用してください。
  • ターゲットに設定したウェブサイト(例: nytimes.com)に対応するモバイルアプリがある場合は、モバイルアプリの広告枠が Google アド マネージャーで提供されていれば、デフォルトでそのモバイルアプリの広告枠も自動的にターゲットになります。ウェブ コンテンツのみをターゲットに設定したい場合は、環境ターゲティングを適切に設定してください。
  • 有効になっている広告申込情報のターゲティングを更新した場合、ディスプレイ&ビデオ 360 で広告申込情報の入札に変更が反映されるまでには数時間かかることがあります。

広告主に設定するチャネルのブラックリスト

アプリと URL のターゲティングでは、広告主またはパートナーに対するチャネルのブラックリストを編集できない場合があります。そうしたブラックリストは、広告主またはパートナーのターゲティング設定で編集する必要があります。詳しくは、広告主またはパートナーに対してチャネルをブラックリストに登録するをご覧ください。

ターゲットに設定したアプリ、チャネル、コレクション、ウェブサイトをすべて表示する

[混合リストをダウンロード] をクリックすると、ターゲットに設定したアプリ、URL、コレクション、チャネルのリストを確認できます。

ディスプレイ&ビデオ 360 では、2 レベルのサブディレクトリ(例: www.mydomain.com/one-subdirectory-level/second-level)と、5 レベルまでのサブドメイン(例: five.four.three.two.one.mydomain.com )をターゲットに設定できます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。