データポータルのユーザーの共有権限を設定する

G Suite または Cloud Identity の管理者は、組織内のユーザーがデータポータルのアセットを共有する方法を管理できます。これにより、データポータルが安全に使用され、組織のポリシーが遵守されていることが保証されます。

ご利用の前に(省略可)

部門やドメインごとに権限を設定する場合

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、G Suite Essentials、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits でご利用いただけます。各エディションの比較

アセットのオーナーは、所属する組織部門やグループに設定された権限に基づいてアセットを共有できます。通常は組織部門またはドメインに対して権限を設定し、必要に応じて、組織部門内のユーザーまたは複数の組織部門のユーザーで構成されるグループに対して権限をカスタマイズできます。

  1. 部署やドメインごとに組織部門を追加します。手順については、組織部門の追加をご覧ください。
  2. ユーザーを組織部門に移動します。手順については、組織部門へのユーザーの移動をご覧ください。
  3. 下記の手順に沿って、各組織部門に共有権限を設定します。
  4. (省略可)グループの共有権限を設定します。

アセットのオーナーが別の組織部門またはグループに移った場合や、アセットのオーナー権限が別の組織部門またはグループのユーザーに移行された場合、アセットの共有権限は新しい組織部門またはグループのものに変わります。また、グループの優先順位を変更すると、アセットのオーナーの共有権限も変更されます。グループの詳細

ユーザーは自身で所有していないアセットを、そのアセットのオーナーに許可されている範囲外のユーザーと共有することはできません。これは、共有ポリシーによる制限が緩やかな組織部門やグループに属している場合でも同じです。

共有権限を設定する

デフォルトでは、組織部門のユーザーが所有するアセットは誰とでも共有できます。次のオプションを使用すると、共有設定の制限を強くするよう設定できます。

組織外のユーザーとの共有を制限する

データポータルのアセットを、組織外のユーザーとの間で共有または受信を行えないよう制限できます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    この機能で組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、G Suite Essentials のいずれかをご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

  5. [[組織名] の外部との共有] で共有をオフにし、共有オプションを選択します。
    設定 説明
    オフ

    組織外のユーザーとのデータポータルのアセットの共有(招待状、リンク、メールの添付ファイルを利用しての共有)を許可しないようにします。

    [組織名] 以外のユーザーからのアセットへのアクセスを [組織名] のユーザーに許可する

    (省略可)このチェックボックスをオフにすると、ユーザーは次のことができなくなります。

    • ホワイトリスト未登録のドメインのユーザーによって共有されたアセットを開く。

    このチェックボックスをオンにすると、組織外のユーザーから共有されたアセットを開くことは可能ですが、そのアセットを共有できる相手は組織内のユーザーのみになります。

  6. [保存] をクリックします。

変更が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。その間は一時的に、古い設定と新しい設定の両方が適用される場合があります。

ホワイトリストに登録されていないドメインとの共有を制限する

この機能は、G Suite Enterprise、G Suite Enterprise for Education、G Suite Essentials、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits でご利用いただけます。各エディションの比較

ファイルの共有相手を、信頼できる(ホワイトリスト登録済みの)ドメイン内のユーザーに限定することができます。ホワイトリストに登録できるのは、G Suite ドメインのみです。

Cloud Identity をご利用の場合: Cloud Identity のライセンスを持っているユーザーと G Suite のライセンスを持っているユーザーが組織内に混在している場合、G Suite ユーザー向けのホワイトリスト登録済みドメインの設定が Cloud Identity ライセンスのユーザーにも適用されます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    この機能で組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、G Suite Essentials のいずれかをご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

    1. [[組織名] の外部との共有] でホワイトリストに登録されたドメインをオンにし、共有オプションを選択します。
      設定 説明
      ホワイトリスト登録済みドメインをオンに設定

      指定した組織部門またはグループのユーザーが、外部のホワイトリスト登録済み G Suite ドメインのユーザーとアセットを共有できるようにします。

      ホワイトリスト登録済みドメイン以外のユーザーからのアセットへのアクセスを [組織名] のユーザーに許可する

      (省略可)ユーザーが次の操作を行えるようにします。

      • ホワイトリスト未登録のドメインのユーザーによって共有されたアセットを表示または編集する。

      このチェックボックスをオフにすると、ユーザーがアクセスできるのはホワイトリスト登録済みドメインのユーザーが共有しているアセットのみになります。

  5. [保存] をクリックします。
  6. G Suite の信頼できるドメインをホワイトリストに登録します。ホワイトリストは、組織のすべての組織部門とグループで自動的に使用可能になります。

変更が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。その間は一時的に、古い設定と新しい設定の両方が適用される場合があります。

ユーザーが組織外の特定のユーザーと共有できるようにする

組織外のユーザーを招待して共有アセットにアクセスできるようにすることができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    この機能で組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、G Suite Essentials のいずれかをご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

  5. [[組織名] の外部との共有] で外部共有をオンにします。

    設定 説明
    外部共有をオンに設定 組織外のユーザーを招待して、共有アセットの表示や編集を行えるようにすることができます。
  6. [保存] をクリックします。

変更が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。その間は一時的に、古い設定と新しい設定の両方が適用される場合があります。

組織内のユーザーがウェブ上のすべてのユーザーと共有できるようにする

データポータルのアセットをウェブ上で公開することができます。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [ドライブとドキュメント] にアクセスします。
  3. [共有設定] をクリックします。
  4. 全ユーザーに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門または設定グループを選択します。

    この機能で組織部門またはグループを選択できるのは、G Suite Enterprise、G Suite Business、G Suite for Education、G Suite for Nonprofits、G Suite Essentials のいずれかをご利用の場合のみです。(G Suite の各エディションの比較)。

  5. [[組織名] の外部との共有] で一般公開をオンにします。

    設定 説明
    一般公開をオンに設定 ユーザーは、一般公開または限定公開のファイルとして、一般ユーザーが閲覧できるようにする共有設定を選択できます。詳しくは、リンクの共有相手についての記事をご覧ください。
  6. [保存] をクリックします。

変更が反映されるまでには、最長で 24 時間ほどかかることがあります。その間は一時的に、古い設定と新しい設定の両方が適用される場合があります。

変更の確認

共有設定の変更のテストは、24 時間ほど待ってから行うことをおすすめします。その間は一時的に、古い設定と新しい設定の両方が適用される場合があります。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。