調査手法

調査手法

Google サーベイでは推定されるユーザー属性と位置情報を利用して、Google のサイト運営者 / パブリッシャー ネットワークや Android スマートフォン ユーザーのターゲット層に、層化抽出法を使ってアンケートを割り振っています。具体的には、回答者の閲覧履歴からユーザー属性を推測したうえで、政府が公表している既存の統計データと照合します。次に、層化後に重み付けをしてサンプルの不足を補い、アンケート サンプル間の偏りをなくします。これにより、結果の精度が向上して、二乗平均平方根誤差(RMSE)が小さくなり、人口動態調査(CPS)を反映した結果が得られます。

Google サーベイの調査手法について詳しくは、こちらのホワイトペーパーサービス概要をご覧ください。

代表サンプル ターゲティングと便宜的サンプル ターゲティングの違い、およびそれぞれの手法で取得されるデータについて詳しくは、サンプル ターゲティングに関する記事をご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。