設定時に Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にする

以下の手順は、Cloud Identity Free Edition の設定時に利用できます。すでに Cloud Identity Free Edition の設定が完了している場合、Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にするには、こちらの手順で操作してください。

Cloud Identity の登録後は、組織に追加したすべての新規ユーザーに Cloud Identity Free Edition ライセンスが自動的に割り当てられます。Google Workspace ライセンスの自動割り当てを有効にしている場合、新規ユーザーには有料の Google Workspace ライセンスも自動的に割り当てられます。新規ユーザーが Gmail などの Google Workspace サービスを利用する必要がない場合は、不要なライセンス料が発生しないように、ライセンスの自動割り当てを無効にすることをおすすめします。この変更は新規ユーザーにのみ適用され、既存のライセンスには影響しません。

ライセンスの自動割り当てを無効にする(推奨)

1 つの Google Workspace サブスクリプションをご利用の場合(最も一般的)

たとえば Business Standard のみなど、ご利用の Google Workspace サブスクリプションが 1 つのみである場合は、ユーザーを追加すると、その Google Workspace サブスクリプションのライセンスが自動的に割り当てられます。Cloud Identity Free Edition の設定時に、[自動割り当てをオフにする] チェックボックスをオンのままにして、Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にすることをおすすめします。これにより、新しく追加したユーザーには Cloud Identity Free Edition のライセンスのみが割り当てられます。

複数の Google Workspace サブスクリプションをご利用の場合

たとえば Business Standard と Business Plus など、複数の Google Workspace サブスクリプションを利用されていて、いずれかのサブスクリプションで最上位組織に対してライセンスの自動割り当てが有効になっている場合は、Cloud Identity Free Edition の設定を完了する前に、最上位組織でのライセンスの自動割り当てを無効にすることをおすすめします。これにより、設定後に追加したユーザーには Cloud Identity Free Edition ライセンスのみが割り当てられます。Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にするには、設定時に [自動割り当てをオフにする] チェックボックスをオンのままにしてください。詳しくは、後述の実施例をご覧ください。

最上位組織の下位にある個々の組織に対して Google Workspace ライセンスの自動割り当て(継承、オーバーライド、有効、無効)を設定している場合、最上位組織でライセンスの自動割り当てを無効にしても、各組織の設定には影響しません。

実施例

最上位組織で Business Standard ライセンスの自動割り当てが有効になっていて、Cloud Identity Free Edition の設定時にこれを無効にした場合、子組織に新規ユーザーを追加すると次のような結果になります。

組織 設定 新規ユーザーを追加した場合
A 継承 Cloud Identity Free Edition に登録する前、この組織は最上位組織の「ライセンスの自動割り当てが有効になっている」設定を継承していたため、組織 A に追加したすべてのユーザーに、Business Standard ライセンスが自動的に割り当てられていました。

Cloud Identity の設定後、組織 A の設定は [継承] のままです。Business Standard ライセンスの自動割り当てが最上位組織で無効に設定されたため、組織 A に対しても無効になります。したがって、組織 A で作成した新規ユーザーには Cloud Identity Free Edition ライセンスのみが割り当てられます。

新規ユーザーに Business Standard ライセンスを付与する場合は、[継承] 設定を [オーバーライド] に変更して、ライセンスの自動割り当てを [オン] にしてください。

B オーバーライド > オン Cloud Identity Free Edition に登録する前は、組織 B に追加したすべてのユーザーに、Business Standard ライセンスが自動的に割り当てられていました。

Cloud Identity の設定後、組織 B の設定は [オーバーライド] > オンのままです。したがって、追加した新規ユーザーには引き続き Business Standard ライセンスが自動的に割り当てられます。

C オーバーライド > オフ Cloud Identity Free Edition に登録する前は、各ユーザーに Business Standard またはその他のサブスクリプションのライセンスが手動で割り当てられていました。

Cloud Identity の設定後、組織 C の設定は [オーバーライド] > オフのままです。ライセンスの自動割り当てがオフになっている組織ではデフォルトで Cloud Identity が適用されるため、組織 C に追加された新規ユーザーには、自動的に Cloud Identity Free Edition ライセンスのみが割り当てられます。

ユーザーに他のライセンスを付与する場合は、以前と同じように手動で割り当てることができます。

ライセンスの自動割り当てを有効にした場合

ライセンスの自動割り当てを有効にする(チェックボックスをオフにする)と、新規ユーザーを追加した場合に有料の Google Workspace ライセンスが自動的に割り当てられます。その結果、新規ユーザー分の料金が発生することになりますので、慎重に検討することをおすすめします。

Google Workspace ライセンスの自動割り当てを有効にしたままで、追加したユーザーに Cloud Identity Free Edition ライセンスのみが割り当てられるようにするには、Cloud Identity ユーザー用の組織を選択または作成し、その組織に対して Google Workspace ライセンスの自動割り当てを無効にしてから、ユーザーをその組織に追加します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
false
false
false
false