概要: Google エンドポイント管理でデバイスを管理する

この機能は Cloud Identity Free と Cloud Identity Premium でご利用いただけます。各エディションの比較

ユーザーが生産性を最大限に高めるには、どこにいてもモバイル デバイス、ノートパソコン、デスクトップ パソコンから Google アカウントやサービスにアクセスして仕事ができることが理想です。その一方、管理者は組織のデータを保護する必要があります。Google エンドポイント管理を使用すると、ユーザーのモバイル デバイス、デスクトップ パソコン、ノートパソコン、その他のエンドポイント全体で組織のデータのセキュリティを強化できます。

各管理機能の概要

 

モバイルの基本管理を調整する

基本管理はデフォルトでオンになっており、不正使用に対する保護などの基本的なセキュリティを提供します。このオプションを使用する場合、ユーザーはデバイス管理アプリをインストールする必要はありません。

設定: 自動的に適用されます。ユーザーによる設定は不要です。

管理オプション:

基本管理の詳細

 

モバイルの詳細管理を設定する

組織のデータをより詳細に管理する必要がある場合は、詳細管理を使用します。強力なパスワードを必須とする、デバイスをリモートワイプする、iOS アプリを管理する、Android で仕事用プロファイルを使用する、などが可能です。

設定: すべてまたは一部のモバイル デバイス プラットフォームおよび組織部門に対して詳細管理をオンにすると、ユーザーは各自のデバイスに管理アプリをインストールする必要があります。

管理オプション:

詳細管理を設定

 

パソコンの管理を設定する

組織のデータへのアクセスを許可するノートパソコン、デスクトップ、その他のエンドポイントを指定することで、デバイスの詳細情報の取得、デバイスのブロック、リモートによるユーザーのログアウト、コンテキストアウェア アクセスの使用が可能になります。

パソコンを管理する

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。