ユーザーに管理者の役割を割り当てる

管理者の G Suite アカウントで他のユーザーに管理者の役割を付与し、そのユーザーが Google 管理コンソールで管理作業を行えるようにすることができます。そうすれば、管理者が多忙な場合や不在の場合に、他のユーザーがチームのパスワードの再設定やレポートの作成などの一般的な作業を行うことができます。

管理者の役割を持つユーザーが Google アカウントにログインすると、管理コンソールが表示されます。

割り当てることができる役割のタイプ

管理者は役割を割り当てることによって、他の管理者に付与するアクセス権の範囲を決定できます。G Suite には、一般的な職務を行うための既定の役割があります。また、アクセスレベルの異なるカスタムの役割を作成して割り当てることもできます。複数の役割を割り当てられたユーザーには、それらの役割に含まれるすべての権限が付与されます。

管理者は、組織の G Suite または Cloud Identity サービスでユーザーに割り当てられているすべての管理者の役割と権限のリストを表示できます。

管理コンソールにアクセスできる役割

管理コンソールで管理者が表示できる情報や実施できるタスクは、役割に関連付けられた権限で許可されているものに限られます。たとえば、既定のユーザー管理の役割を割り当てられたユーザーは、管理者ではないユーザーの一部のプロフィールや設定を表示、編集できるようになります。各権限によって管理者が行える操作については、管理者権限の定義をご覧ください。

ユーザーに役割を割り当てる

この操作を行うには、特権管理者としてログインする必要があります。

1 人のユーザーに役割を割り当てる
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[ユーザー] にアクセスします。
  3. [ユーザー] リストで、ユーザーを探します。詳しくは、ユーザー アカウントの検索をご覧ください。
  4. ユーザーの名前をクリックして、そのユーザーのアカウント ページを開きます。
  5. [管理者の役割と権限] をクリックします。


    管理者ロールのリンクにカーソルを合わせる

  6. 次のいずれかを行います。
    • 既定の役割や以前作成したカスタムの役割を割り当てる場合は、その役割のスライダー オン をクリックします。

      スライダーが表示されない場合は、[役割] の任意の場所をクリックして表示します。

      ここで管理者ロールを編集

      ヒント: [役割名で検索] ボックスに役割名の最初の数文字を入力して役割を検索できます。

    • そのユーザーに新しい役割を作成する場合は、[カスタムの役割を作成] をクリックします。

      詳しくは、カスタムの管理者の役割を作成するをご覧ください。

  7. (省略可)役割を適用する組織部門を選択するには、[役割の範囲] で [すべての組織部門] をクリックします。

    注: この項目を使用できるのは、管理権限を組織部門に制限できるカスタムの役割を割り当てた場合のみです。

  8. [保存] をクリックします。

    ヒント: 下の [権限] 欄で、そのユーザーに割り当てられてたすべての管理者の役割に含まれる権限をすべて確認できます。

  9. (省略可)ユーザーのアカウント ページに戻るには、右上の上矢印アイコン 上矢印 をクリックします。

 

複数のユーザーに役割を割り当てる
  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[管理者の役割] にアクセスします。

    [管理者の役割] が表示されていない場合は、画面下部の [その他の設定] をクリックします。

  3. 左側で、割り当てる役割を選択します。

    すでにこの役割が割り当てられているユーザーの一覧が表示されます。

  4. (省略可)この役割の権限を表示するには、[権限] をクリックします。
  5. [管理者を割り当て] をクリックします。
  6. ユーザー名を入力します。

    ヒント: 名前の入力を開始し、表示されたリストから目的のユーザーを選択します。

  7. 他のユーザーに役割を割り当てるには [さらに割り当てる] をクリックします。
  8. (省略可)役割を適用する組織部門を選択するには [管理者権限] リストをクリックします。管理者の管理対象となる組織を選択します。説明

    注: この項目を使用できるのは、管理権限を組織部門に制限できるカスタムの役割を割り当てた場合のみです。

  9. [割り当てを確認] をクリックします。
ユーザー管理の役割を割り当てる

ユーザーに対する操作を行うカスタムの役割を割り当てる場合、その操作対象を特定の組織部門のユーザーに限定することもできます。たとえば、営業部門でのみユーザーの追加と削除を行えるようにするなどです。

ユーザー管理権限を特定の組織部門に制限するには:

  1. 上記の手順でユーザーに役割を割り当てます。
  2. ユーザーに対して任意の操作を行えるカスタムの役割を選択します。
  3. [管理者を割り当て] をクリックします。
  4. [管理者権限] リストをクリックして組織ツリーを表示します。

    [管理者権限] リストを利用できるのは、役割に少なくとも 1 つのユーザー管理の権限が含まれる場合のみです。ユーザー管理権限がない場合、この欄には「すべての組織」と表示されます。

  5. 管理してもらう組織を選択します。

    この設定を継承する下位組織も管理することができます。

  6. [割り当てを確認] をクリックします。

通常、新しい権限は数分以内にユーザーに割り当てられますが、場合によっては最長で 24 時間ほどかかることがあります。新しく割り当てられた管理者が各自のアカウントにログインすると、管理コンソールのホームページが表示され、権限に応じた設定を確認できます。

次のステップ: 管理者が各自のアカウントに再設定オプションを追加します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。