Chromebook で Google アカウントを管理する

Chromebook では、Google アカウントを管理したりサードパーティ製アプリの権限を設定したりできます。

Chromebook にアカウントを追加する

同時に使用したい Google アカウントが複数ある場合は Chromebook に追加できます。追加したアカウントは、ウェブサイトや Android アプリで使用できます。

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 設定 を選択します。
  3. [ユーザー] で [Google アカウント] を選択します。
  4. [アカウントを追加] を選択します。
  5. Google アカウントのメールアドレスとパスワードを入力して [次へ] を選択します。
  6. 画面の手順に沿って操作します。

ヒント: お使いの Chromebook に他のユーザーが各自の Google アカウントを使ってログインできるよう設定することもできます。Chromebook にユーザーを追加する方法をご覧ください。

Chromebook からアカウントを削除する

Chromebook で使用しなくなった Google アカウントは削除できます。

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 設定 を選択します。
  3. [ユーザー] で [Google アカウント] を選択します。
  4. アカウント名の横にあるその他アイコン その他 を選択します。
  5. [このアカウントを削除] を選択します。

重要: この操作では Chromebook からのアカウントの削除のみが行われます。Chromebook で使用しているアプリやウェブサイトでそのアカウントからログアウトすることになりますが、Google アカウント自体(データと設定を含む)は残ります。

Google アカウントを更新する

Chrome OS バージョン 76 以降にアップデートする場合は、Chromebook の既存の Google アカウントを更新すれば、ウェブサイトや Android アプリでそのアカウントを使用できます。

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 設定 を選択します。
  3. [ユーザー] で [Google アカウント] を選択します。
  4. アカウントの横にある [アカウントを更新] を選択します。
  5. 画面の指示に沿って操作します。

Android アプリ、Chrome 拡張機能、ウェブサイトで共有されるアカウント情報

Android アプリ、Chrome 拡張機能、ウェブサイトを使用している場合は、それらから Google アカウントにアクセスされる可能性があります。

Chromebook に Google アカウントを追加すると、次のようになります。

  • Android アプリ: 「連絡先」権限を持つ Android アプリとの間でメールアドレスと連絡先が共有されます。
  • Chrome 拡張機能: 拡張機能から特定のアカウントへのアクセスが要求されたときに権限を付与しない限り、情報は共有されません。
  • ウェブサイト: [Google でログイン] ボックスからウェブサイトを利用しない限り、情報は共有されません。このボックスでは、使用する Google アカウントを選択してから、ウェブサイトから要求される権限のリストを選択します。なお、これらの手順はいつでも中止できます。

連絡先にアクセスできる Android アプリを確認する

Chrome や Google Play のアプリ、拡張機能、ウェブサイトでは、お客様の Google アカウントを使用して、権限に応じてユーザー エクスペリエンスをパーソナライズする場合があります。

重要: 連絡先へのアクセスをアプリに付与した場合、そのアプリは、お客様がログインしているすべての Google アカウントの連絡先を参照できます。

連絡先にアクセスできる Android アプリを確認するには:

  1. 右下の時刻を選択します。
  2. 設定 設定 を選択します。
  3. [Google Play ストア] で [Google Play ストア] を選択します。
  4. [Android 設定を管理] 次に [アプリと通知] を選択します。
  5. [アプリの権限次に [連絡先] を開きます。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。