「エラー」画面

「エラー」画面は、ウェブページの表示に問題があるときに表示されます。ほとんどの場合、ページを再度読み込みすると、エラー画面は消えます。このエラー画面が繰り返し表示される場合は、下記のヒントをお試しください。

パソコンの場合

パソコン上の Chrome で「エラー」画面が繰り返し表示される場合は、以下のトラブルシューティングの方法をお試しください。

ウイルス対策アプリケーションとファイアウォール アプリケーションを確認する

ウイルス対策アプリケーションやファイアウォール アプリケーションの中には、Google Chrome の適切な動作を妨げるものがあります。次の手順に沿って、このようなアプリケーションが原因でエラーが発生しているのかどうかをテストします。

  1. Chrome を終了します。
  2. ウイルス対策アプリケーションとファイアウォール アプリケーションを一時的にすべて無効にします。
  3. Chrome をもう一度開きます。このとき「エラー」画面が表示されなければ、無効にしたアプリケーションが Chrome の動作を妨げたりブロックしている可能性があります。
  4. 該当するアプリケーションの設定で、Google Chrome に対する例外を追加します(この手順はアプリケーションごとに異なります)。
  5. アプリケーションが最新版であることを再確認します。
  6. アプリケーションをもう一度有効にします。

: 次のアプリケーションで、「エラー」画面が表示されるという報告を受けています。

  • Symantec Endpoint Protection
  • Spyware Doctor
  • Comodo firewall
  • McAfee Enterprise
  • McAfee Virus Scan
拡張機能を確認する

1 つずつ拡張機能を無効にして、特定の拡張機能が問題の原因になっていないかどうかを確認します。手順は次のとおりです。

  1. ブラウザ ウィンドウの右上にある Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [ツール] > [拡張機能] を選択します。
  3. テストする各拡張機能の [有効] チェックボックスをオフにします。
  4. 「エラー」画面が表示されるウェブページを更新し、引き続きこのエラー画面が表示されるかどうかを確認します。

無効にした拡張機能は、いつでもまた有効にできます。再度有効にした拡張機能を使用するには、ページの更新が必要となる場合があります。拡張機能の管理についての詳細をご覧ください。

不正なソフトウェアがないか確認する

パソコンにインストールされているプログラムが Chrome の動作を妨げている可能性があります。インストールした覚えのない不正なソフトウェアやその他のプログラムがないか確認します。

不正なソフトウェアをパソコンから削除する方法についての詳細をご覧ください。

Windows ユーザー向けのヒント: どのプログラムを削除すればよいかわからない場合は、ソフトウェア削除ツールの使用をおすすめします。このツールは、パソコンにインストールされている不審なプログラムを検索して削除するアプリケーションです。

ソフトウェア削除ツールの使用方法をご覧ください。
新しいユーザー プロフィールを作成する

Chrome で「エラー」画面が繰り返し表示される場合は、ユーザー プロフィールが破損している可能性があります。

新しいユーザー プロフィールを作成する方法は次のとおりです。

  1. Chrome を終了します。
  2. 「Default」フォルダを探します。このフォルダは通常、次の場所にあります。
    • Windows XP: %USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\User Data\
    • Windows Vista / 7 / 8: %LOCALAPPDATA%\Google\Chrome\User Data\
    • Mac OX: ~/Library/Application Support/Google/Chrome/Default
    • Linux: ~/.config/google-chrome/Default
  3. フォルダの名前を「Old Default」に変更します。これにより、古いユーザー プロフィールはこのフォルダに保存されますが、今後使用されなくなります。
  4. Chrome を再起動します。
新しいユーザー プロフィールの作成方法についての詳細をご覧ください。

携帯端末の場合

携帯端末の Chrome で「エラー」画面が繰り返し表示される場合は、アプリデータを消去してみてください。手順については、以下の該当する端末を選択してください。

Android 搭載端末

: 次の手順を行うと、ブックマークやその他の閲覧データが削除されます。これらのデータを残す場合は、手順に進む前に Chrome にログインして同期を有効にします。

  1. お使いの端末で [設定] を開きます。
  2. [端末] の下の [アプリ] をタップします。
  3. [Chrome] > [データを消去] をタップします。
iPhone または iPad

: 次の手順を行うと、ブックマークやその他の閲覧データが削除されます。これらのデータを残す場合は、手順に進む前に Chrome にログインして同期を有効にします。

  1. Chrome メニューを開きます。
  2. [設定] をタップします。
  3. [プライバシー] をタップします。
  4. [閲覧履歴データの消去] の下の [すべて消去] をタップします。
  5. [すべて消去] をもう一度タップして確定します。
  6. 右上の [完了] をタップします。

Chromebook の場合

「エラー」画面が表示された場合のトラブルシューティングの方法については、Chromebook ヘルプをご覧ください。

この記事はどの程度役に立ちましたか?

フィードバックが記録されました。ご協力ありがとうございました。
  • まったく役立たなかった
  • あまり役立たなかった
  • まあまあ役立った
  • かなり役立った
  • とても役立った