検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

監視対象の Chrome プロフィールを作成する

監視対象ユーザー プロフィールを作成して、監視対象ユーザーがアクセスするウェブサイトを管理したり確認したりすることができます。監視対象ユーザーに対しては、次のことができます。

  • そのユーザーがアクセスしたウェブサイトを確認する
  • ウェブサイトをブロックする
  • そのユーザーがアプリや拡張機能をインストールできないようにする
  • セーフサーチを有効にする(デフォルトで有効)
  • そのユーザーの設定を変更する

たとえば、家族用に監視対象ユーザーのプロフィールを作成して、家族が Chrome で行う操作を管理できます。

監視対象ユーザーを作成することは、Google アカウントを作成することと同じではありません。監視対象の Chrome プロフィールでは、監視対象ユーザーに許可するウェブの利用方法を設定できますが、Gmail、Google+、ドライブなどの Google サービスへのアクセス権を付与することはできません。

監視対象ユーザーを追加する

パソコン(Windows、Mac、Linux)の場合
  1. Chrome を開きます。
  2. Chrome にログインします。
  3. 画面右上の、自分の名前またはユーザー アイコン ユーザー をクリックします。
  4. [ユーザーを管理] をクリックします。
  5. [ユーザーを追加] をクリックします。
  6. 画像と名前を選択します。
  7. [このユーザーを監視し、ユーザーがアクセスするウェブサイトを自分の Google アカウントから管理、表示できるようにする] チェックボックスをオンにします。
  8. 下向き矢印 下矢印 をクリックします。
  9. アカウントを選択します。
  10. (省略可)監視対象ユーザーをすでに作成していて、その設定を使用したい場合は、[既存の監視対象ユーザーをインポートする] をクリックします。
  11. [保存] をクリックします。
    • 新しい監視対象ユーザーのプロフィールを開くには、[[監視対象ユーザー] に切り替える] をクリックします。
    • 自分のプロフィールに戻るには、[OK] をクリックします。
Chromebook の場合

ステップ 1: 監視対象ユーザーを有効にする

  1. Chromebook にログインします。
  2. アカウント画像が表示されているステータス領域をクリックします。
  3. 設定アイコン 設定 をクリックします。
  4. [ユーザー] で [他のユーザーを管理] をクリックします。
  5. [監視対象ユーザーを有効にする] チェックボックスをオンにします。

ステップ 2: 監視対象ユーザーを追加する

  1. アカウント画像が表示されているステータス領域をクリックし、[ログアウト] をクリックします。
  2. ログイン画面で、オプション アイコン その他 次へ [監視対象ユーザーを追加] の順にクリックします。
  3. [監視対象ユーザーを作成] をクリックします。
  4. 監視対象ユーザーを管理するアカウントをクリックします。
  5. アカウントのパスワードを入力して [次へ] をクリックします。
  6. 名前、パスワード、画像を選択します。
  7. (省略可)監視対象ユーザーをすでに作成していて、その設定を使用したい場合は、[既存の監視対象ユーザーをインポートする] をクリックします。
  8. [次へ] をクリックします。
  9. 監視対象ユーザーが作成されたことの確認メッセージが表示されます。[OK] をクリックします。

ご使用のアカウントが Chromebook の所有者アカウントではない場合: 監視対象ユーザーを追加するには、所有者アカウントに切り替えるか Chromebook をリセットします。

職場や学校の Chromebook を使用している場合: 監視対象ユーザーを追加できないことがあります。サポートが必要な場合は管理者にお問い合わせください。

監視対象ユーザー用にブックマークを保存したり拡張機能をインストールしたりするには、そのユーザーのプロフィールに切り替えます。ブックマークの保存拡張機能のインストールについての説明をご覧ください。

ウェブサイトをブロックする

デフォルトでは、監視対象ユーザーはあらゆるウェブサイトにアクセスできます。管理ユーザーは、監視対象ユーザーが特定のウェブサイトにアクセスできないように設定を変更することができます。

  1. chrome.com/manage を開きます。
  2. 監視対象ユーザーを選択します。
  3. [権限] で、[管理] をクリックします。
  4. このユーザーに対してウェブサイトをブロックする方法を次の中から選択します。
特定のウェブサイトをブロックする
  1. [許可] の下で [すべてのサイト] を選択します。
  2. [ブロックしたサイト] に、ブロックするウェブサイトを入力します(例: www.google.com)。
  3. [動作] で、いずれかの動作を選択します。
    • ドメイン全体をブロック: 監視対象ユーザーは、mail.google.com や www.google.de などの「google」ドメインのサイトを表示できません。
    • 一部のサブドメインを許可: 監視対象ユーザーは、www.google.com が所有するウェブアドレスのうち、管理ユーザーが許可したサイトを表示できます。たとえば images.google.com を許可した場合、監視対象ユーザーは images.google.com を開くことができますが、google.com/images を開くことはできません。
    • このアドレスのみをブロック: 監視対象ユーザーは www.google.com を表示できません。www.google.co.uk は表示できます。
  4. [OK] をクリックします。

ヒント: ウェブアドレスのすべてのパターンを含める場合はアスタリスクを使用します。たとえば、www.google.com の国別のサイト(www.google.co.uk など)をブロックするには、「www.google.*」と入力します。

すべてのウェブサイトをブロックし、いくつかの例外のみを許可する
  1. [許可] の [許可されたサイトのみ] を選択します。
  2. [許可されたサイト] に、ウェブサイトの URL(例: www.google.com)を入力します。
  3. [動作] で、いずれかの動作を選択します。
    • ドメイン全体を許可: 監視対象ユーザーは、mail.google.com や www.google.de などの「google」ドメインのあらゆるサイトを表示できます。
    • 一部のサブドメインをブロック: 監視対象ユーザーは、www.google.com が所有するウェブアドレスのうち、管理ユーザーがブロックしたサイトを除くすべてのサイトを表示できます。たとえば images.google.com をブロックした場合、監視対象ユーザーは news.google.com を表示できます。
    • このアドレスのみを許可: 監視対象ユーザーは www.google.com のサイトを表示できますが、www.google.co.uk は表示できません。
  4. [OK] をクリックします。

ヒント: ウェブアドレスのすべてのパターンを含める場合はアスタリスクを使用します。たとえば、www.google.com の国別のサイト(www.google.co.uk など)をブロックするには、「www.google.*」と入力します。

監視対象ユーザーが監視対象外のアカウントに切り替えられないようにする

デフォルトでは、監視対象ユーザーは別の Chrome プロフィールに切り替えることができます。監視対象ユーザーが管理ユーザーのプロフィールに切り替えると、管理ユーザーのブックマーク、自動入力で保存したパスワード、その他の情報を表示できるようになります。

自分の情報を他のユーザーに見られないようにするには、次の手順でプロフィールをロックします。

  1. Chrome を開きます。
  2. 画面右上の自分の名前をクリックします。
  3. [終了してチャイルドロックをかける] をクリックします。

自分のプロフィールに切り替えるには、Google アカウントのパスワードを使ってログインする必要があります。

パソコンは信頼できるユーザーとのみ共有することをおすすめします。[終了してチャイルドロックをかける] の設定はプライバシー保護には役立ちますが、他のユーザーに対するセキュリティ対策として十分ではありません。

問題を解決する

監視対象ユーザーの作成がうまくいかない場合は、Google アカウントを使って Chrome にログインしているか確認してください。詳しくは、Chrome にログインするをご覧ください。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。