サイトの権限を変更する

デフォルトの設定は変更せずに、個々のサイトに許可する権限を設定できます。

すべてのサイトの設定を変更する

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. 右上のその他アイコン その他 次の操作 [設定] をクリックします。
  3. [プライバシーとセキュリティ] 次の操作 [サイトの設定] をクリックします。
  4. 更新する設定を選択します。

アクセスしたすべてのサイトについて権限と保存データを変更する場合は、[すべてのサイトに保存されている権限とデータを表示] を選択することもできます。

権限を変更できる要素
  • Cookie: アクセスしたウェブサイトによって作成されるファイルです。Cookie によりオンラインのユーザー エクスペリエンスが向上し、閲覧情報が保存されます。Cookie の管理の詳細
  • 画像: 多くのサイトは、オンライン ショップやニュース記事の写真や挿絵として使用するために画像を表示します。
  • JavaScript: 多くのサイトは、インタラクティブなビデオゲームやウェブフォームなどを表示するために JavaScript を使用します。JavaScript の詳細
  • ハンドラ: メール クライアントでのメッセージの作成やオンライン カレンダーへの予定の追加など、特定のリンクをクリックすると、サイトでタスクが処理されます。
  • ポップアップとリダイレクト: ポップアップを送信して広告を表示したり、リダイレクトを使ってユーザーがアクセスするつもりのないウェブサイトを表示したりするサイトもあります。ポップアップとリダイレクトの詳細
  • 広告: 多くのサイトは、コンテンツやサービスを料金不要で提供する目的で広告を表示します。ただし、一部のサイトについては、煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されることがわかっています。広告の詳細
  • 位置情報: 多くのサイトは、ローカル ニュースや近くのお店の情報などを取得するためにユーザーの位置情報を使用します。現在地を共有する方法の詳細
  • 通知: 多くのサイトは、最新情報やチャット メッセージなどを知らせる目的で通知を送信します。通知の詳細
  • マイク: 多くのサイトは、ビデオ通話などの通信機能にマイクを使用します。カメラとマイクの詳細
  • カメラ: 多くのサイトは、ビデオ通話などの通信機能にビデオカメラを使用します。カメラとマイクの詳細
  • サンドボックスの無効化プラグインのアクセス: サイトによっては、動画のストリーミングやソフトウェアのインストールといったタスクを行うためにプラグインが必要になる場合があります。デフォルトでは、サイトに対して Chrome のサンドボックスを回避してパソコンにアクセスすることを許可するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。
  • 自動ダウンロード: 時間節約のために、関連する複数のファイルをまとめて自動的にダウンロードするサイトもあります。ダウンロードの詳細
  • MIDI デバイス: 多くのサイトは、音楽の制作や編集をするために MIDI(Musical Instrument Digital Interface)デバイスに接続します。
  • USB デバイス: 多くのサイトは、ドキュメントを印刷したり、ストレージ デバイスに保存したりするために USB デバイスに接続します。ウェブサイトを Bluetooth デバイスや USB デバイスに接続する方法の詳細
  • バックグラウンド同期: サイトから離れた後も、写真のアップロードやチャット メッセージの送信といったタスクを完了するために同期を行うことがあります。
  • フォント: サイトはローカル デバイスにインストールされているフォントの使用を要求できます。
  • ズームレベル: 特定のウェブサイトをどの程度拡大または縮小して表示するかを設定できます。拡大または縮小の方法の詳細
  • PDF ドキュメント: 一部のサイトはドキュメント、契約、フォームなどの PDF を一般に提供しています。PDF ドキュメントの詳細
  • 保護されたコンテンツ: 著作権により保護されているコンテンツを再生する際に、デバイスの認証情報を要求するサイトもあります。保護されたコンテンツの詳細
  • モーション センサー: 多くのサイトは、バーチャル リアリティやフィットネス トラッキングなどの機能にデバイスのモーション センサーを使用します。
  • シリアルポート: 多くのサイトは、ネットワークを設定するなど、データ転送機能を使用するためにシリアルポートに接続します。
  • ファイルの編集: 多くのサイトは、作業内容を自動的に保存するためにデバイスのファイルやフォルダにアクセスします。
  • クリップボード: 多くのサイトは、コピーしたテキストの書式を保持するなどのためにクリップボードを読み取ります。
  • 支払いハンドラ: 多くのサイトは、購入手続きを簡易化するなどのために支払いハンドラをインストールします。
  • 拡張現実: 多くのサイトは、ゲームなどで AR 機能を使用するためにカメラ位置を追跡します。
  • バーチャル リアリティ: 多くのサイトは、VR セッションに参加するためにバーチャル リアリティ デバイスとデータを使用します。
  • 安全でないコンテンツ: セキュリティで保護されたサイトに、セキュリティで保護されていない画像やウェブフレームなどのコンテンツが埋め込まれている場合があります。デフォルトでは、セキュリティで保護されたサイトは安全でないコンテンツをブロックします。安全でないコンテンツの表示を許可するサイトを指定できます。サイトのコンテンツとセキュリティの詳細
  • デバイスの使用: 多くのサイトはデバイスのアクティブ状態を検出して、チャットアプリのステータスを設定しています。
  • 通知音: 音楽や動画などのメディアの音声を再生するサイトもあります。通知音の詳細
  • HID デバイス: 一般的ではないキーボードや、ゲーム コントローラなどのデバイスを使用する機能に対応するために、多くのサイトは HID デバイスに接続します。

特定のサイトの設定を変更する

特定のサイトについて、各種要素を許可またはブロックできます。この場合、デフォルト設定の代わりにそのサイトに指定した設定が使用されるようになります。また、サイトについて保存されたデータを削除することもできます。

  1. パソコンで Chrome を開きます。
  2. ウェブサイトに移動します。
  3. ウェブアドレスの左側で、次の目的のアイコンをクリックします。
    • 保護
    • 情報 サイト情報を表示
    • 危険 危険
  4. [サイトの設定] をクリックします。
  5. 許可の設定を変更します。

ヒント:

  • 変更は自動的に保存されます。
  • ウェブアドレスの横にあるアイコンをクリックすると、以前に保存したサイトの設定が表示されます。ここで、Chrome の [サイトの設定] メニューに移動せずに設定を変更できます。
  • [権限をリセット] ボタンを使用できる場合は、ボタンをクリックして、変更した設定をリセットできます。

関連記事

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
237
false
false