検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
ナビゲーション メニュー

ウェブサイトのコンテンツの設定を調整する

Cookie、画像、プラグインなどを Chrome でどのように扱うかを、コンテンツの設定で調整できます。コンテンツの設定では、ウェブサイト上で表示してもよいコンテンツや、閲覧時にウェブサイトに使用を許可する情報を管理できます。

パソコンの場合
  1. Google Chrome でウィンドウを開きます。
  2. 右上のメニュー メニュー または詳細 その他 アイコンをクリックします。
  3. [設定] を選択します。
  4. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  5. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。
  6. 次のコンテンツの設定を変更できます。
    • Cookie: アクセスしたウェブサイトによって作成されるファイルで、サイトの設定やプロフィール情報など閲覧に関する情報が保存されます。
    • 画像: デフォルトで許可されます。
    • JavaScript: サイトのインタラクティブ性を高めます。
    • ハンドラ: Chrome では、ウェブサービスを使って特定のリンクを開くかどうかをウェブサービスからユーザーに尋ねることが可能です。このようなリンクの例としては、メール プログラムを開くリンクが挙げられます。Gmail または Hotmail を使用している場合は、この設定を使って、ブラウザ外部でプログラムを開く代わりにサイト上でリンクに対応できます。
    • プラグイン: Flash や Windows Media ファイルなど、特定の種類のウェブ コンテンツはブラウザで処理できないことがあります。プラグインを使用すると、こうした種類のコンテンツをサイトで表示できるようになります。プラグインはデフォルトで許可されます。詳しくは、プラグインの管理についての記事をご覧ください。
    • ポップアップ: ポップアップの自動表示はデフォルトでブロックされます。詳しくは、ポップアップの管理についての記事をご覧ください。
    • 現在地: Google Chrome では、サイトが詳しい位置情報を使用しようとするたびに、デフォルトでアラートが表示されます。詳しくは、現在地の共有についての記事をご覧ください。
    • 通知: ウェブサイトの中には、Google カレンダーのように、パソコンのデスクトップに通知を表示するものがあります。Google Chrome では、通知を自動表示する権限をサイトがリクエストするたびに、デフォルトでアラートが表示されます。詳しくは、通知についての記事をご覧ください。
    • 全画面表示: ウェブサイトによっては、全画面表示が求められることがあります。このようなリクエストを Chrome でどのように扱うかを選択できます。
    • マウスカーソル: ゲームなど、サイトやウェブアプリによっては、マウスカーソルを無効にするように求められることがあります。このようなリクエストを Chrome でどのように扱うかを選択できます。
    • マイク: サイトによっては、カメラとマイクへのアクセスが求められることがあります。詳しくは、カメラとマイクへのアクセスについての記事をご覧ください。
    • カメラ: サイトによっては、カメラとマイクへのアクセスが求められることがあります。詳しくは、カメラとマイクへのアクセスについての記事をご覧ください。
    • サンドボックスの無効化プラグインのアクセス: サイトによっては、動画のストリーミングやソフトウェアのインストールを行うためにプラグインが必要になる場合があります。この場合、プラグインがパソコンへのアクセスを求めているというメッセージが表示される可能性があります。このようなプラグインに対し、Chrome のサンドボックスを回避してパソコンに直接アクセスする権限を付与または拒否できます。
    • 自動ダウンロード: サイトから複数のファイルをダウンロードする場合に、自動でダウンロードするかどうかを指定できます。
    • MIDI デバイスのフル コントロール: ウェブサイトによっては、MIDI(Musical Instrument Digital Interface)デバイスへのフルアクセス権を取得するために、システム エクスクルーシブ(SysEx)メッセージの使用が求められることがあります。
    • ズームレベル: 特定のウェブサイトをどの程度拡大して表示するかを設定できます。
Android スマートフォンまたはタブレットの場合
  1. Chrome アプリ Chrome アプリ を開きます。
  2. 詳細 その他 をタップします。
  3. [サイトの設定] をタップします。
  4. 更新する設定を選択します。
    • Cookie: ウェブサイトにより、ユーザーのサイトでの設定を保存したりログイン状態を維持したりする目的で、小さなファイルが端末上に保存されることがあります。このチェックボックスをオフにすると、ウェブページではモバイル端末に Cookie を保存できなくなります。
    • 現在地: Google Chrome では、サイトが位置情報を使用しようとするたびに、デフォルトでアラートが表示されます。詳しくは、現在地の共有についての記事をご覧ください。
    • カメラ: サイトによっては、カメラとマイクへのアクセスが求められることがあります。詳しくは、カメラとマイクへのアクセスについての記事をご覧ください。
    • マイク: サイトによっては、カメラとマイクへのアクセスが求められることがあります。詳しくは、カメラとマイクへのアクセスについての記事をご覧ください。
    • JavaScript: ウェブサイトのインタラクティブ性を高めます。サイトによっては、モバイル端末で JavaScript が実行可能であることが動作要件となります。
    • ポップアップ: ウェブサイトで新しいウィンドウが自動的に表示されないようにします。
    • 全画面表示: ウェブサイトによっては、全画面表示が求められることがあります。このようなリクエストを Chrome でどのように扱うかを選択できます。
    • 通知: ウェブサイトの中には、Google カレンダーのように、パソコンのデスクトップに通知を表示するものがあります。Google Chrome では、通知を自動表示する権限をサイトがリクエストするたびに、デフォルトでアラートが表示されます。詳しくは、通知についての記事をご覧ください。
    • 言語: ページを別の言語に翻訳します。
iOS の場合
  1. Chrome アプリ Chrome アプリ を開きます。
  2. 詳細 その他 をタップします。
  3. [設定] をタップします。
  4. [詳細設定] で [コンテンツの設定] をタップします。
  5. 更新する設定を選択します。
    • ポップアップをブロックする: ウェブサイトで新しいウィンドウが自動的に表示されないようにします。
    • Google 翻訳: 特定のサイトに対して使用言語への自動翻訳を許可するかどうかを指定します。

 

このページを作成した Google Chrome のエキスパートに下からフィードバックを送信し、この記事の改善にご協力ください。

この記事は役に立ちましたか?