画像、JavaScript、その他のウェブ コンテンツの設定を管理する

Chrome での Cookie、画像、プラグインなどの処理方法は、コンテンツの設定で指定できます。この設定では、ユーザーの閲覧時にウェブサイトに表示を許可するコンテンツ、使用を許可する情報を管理できます。

パソコンの場合

パソコンで Chrome のコンテンツの設定を表示する手順は次のとおりです。

  1. ブラウザ ウィンドウの右上にある Chrome メニュー Chrome menu をクリックします。
  2. [設定] を選択します。
  3. 一番下にある [詳細設定を表示] をクリックします。
  4. [プライバシー] セクションで、[コンテンツの設定] をクリックします。

特定のウェブサイトのコンテンツの設定や権限を管理する方法をご確認ください。

携帯端末の場合

Android 搭載端末、iPhone、iPad で Chrome のコンテンツの設定を表示する手順は次のとおりです。

  1. Chrome メニューを開きます。
  2. [設定] をタップします。
  3. [詳細] で [コンテンツの設定] をタップします。
コンテンツの設定: Chrome for Android
  • ポップアップのブロック: ウェブサイトで新しいウィンドウが自動的に表示されるのをブロックします。
  • Cookie の許可: ウェブサイトによって、ユーザーのサイトでの設定を保存したりログイン状態を保ったりする目的で、小さなファイルが端末上に保存される可能性があります。この設定を無効にすると、ウェブページでは携帯端末に Cookie を保存できなくなります。
  • JavaScript の有効化: 多くのウェブ デベロッパーがウェブサイトをよりインタラクティブにするために JavaScript を利用しています。携帯端末で JavaScript が実行可能な場合にのみ機能するサイトもあります。
  • ボイス&ビデオ通話: ユーザー側のカメラとマイクへのアクセスをリクエストすることを、ビデオ会議などのメディア機能を備えたサイトに許可します。
  • Google 翻訳: ページを別の言語に翻訳します。
  • Google 位置情報設定: 特定の場所に関連するコンテンツを含むサイトから、ユーザーに対して携帯端末の現在地情報を共有するかどうかの確認メッセージを表示できるようにします。
  • ウェブサイト設定: 特定のサイトに対してお使いの端末に保存されている現在地情報の許可設定やローカル データを消去する場合は、このオプションをタップします。
コンテンツの設定: Chrome for iOS
  • ポップアップのブロック: ウェブサイトで新しいウィンドウが自動的に表示されるのをブロックします。
  • Cookie の許可: ウェブサイトによって、ユーザーのサイトでの設定を保存したりログイン状態を保ったりする目的で、小さなファイルが端末上に保存される可能性があります。この設定を無効にすると、ウェブページでは携帯端末に Cookie を保存できなくなります。
  • コードの自動検出: Chrome で、ウェブページのフォント エンコードが自動検出されるようにします。テキストが四角形に化けて表示される場合は、この設定をオンにするとページが正しく表示されるようになります。読み込み速度が遅くならないように、該当のウェブページから離れたら、自動検出モードをオフにすることをおすすめします。

このページを作成した Google Chrome のエキスパートへ、このページに関するご意見やご感想をお知らせください。

この記事は役に立ちましたか?