Workspace ONE UEMで Chrome ブラウザを管理する(Android)

VMware® の Workspace ONE® Unified Endpoint Management(UEM)を Android で使用することで、Chrome ブラウザをユーザーにデプロイしたり、ポリシーを設定したりできます。

重要: Google では VMware の製品に関する問題をサポートしておりません。サポートが必要な場合は、VMware にお問い合わせください

始める前に

Android Q 以前のバージョンに Chrome をデプロイする場合は、Android Enterprise を有効にしてデフォルトの登録方法として設定する必要があります。Google は、Android Q 以降で以前の MDM をサポートしていません。サポート対象の管理方法は Android Enterprise のみです。

Android Enterprise を設定するには、VMware Workspace ONE UEM Android for Work をご覧ください。

このリストは、VMware または Google がサービスやプロダクトを更新したときに変更されることがありますが、Enforce Chrome Browser Settings(Android)で利用可能なブラウザの設定を確認できます。

Android のプロファイルを作成する

Google Chrome ポリシーを適用するには、Android の管理プロファイルを作成する必要があります。

  1. Workspace ONE UEM を開きます。
  2. 左側で [Devices] を選択します。
  3. [Profiles and Resources] リストから [Profiles] を選択します。
  4. [Add] リストから [Add Profile] を選択します。
  5. [Android] を選択します。 
    [Android (Legacy)] プロファイルを選択しないようにしてください。[Android (Legacy)] が表示されない場合、UEM で Android Enterprise が有効になっていない可能性があります。
  6. [全般] ページで次の情報を入力します。
    • プロファイル名
    • デプロイ方法
    • 割り当て
    注: 複数のペイロードをバンドルするのではなく、ペイロードごとにプロファイルを別々にしてください。これにより、今後のペイロードの更新が容易になるほか、ペイロードの変更が他のペイロードに影響することがなくなります。
  7. 左側で [Chrome ブラウザの設定] 次に [設定] をクリックして Chrome ブラウザのポリシーを設定します。
  8. Chrome ブラウザの設定の詳細を入力し、[保存して公開] をクリックします。

Workspace ONE を使用してポリシーを適用する

Android 管理プロファイルを保存してスマート グループ、組織グループ、ユーザー グループに割り当てると、Workspace ONE は割り当てルールを使用して Android 管理プロファイルのデプロイを開始します。デプロイされた新しいプロファイルを取得するには、デバイスを有効にしてオンラインにする必要があります。Workspace ONE はバッチ ワークフローを使用してプロファイルをデプロイするため、すべてのデバイスに対して即座にプロファイルがデプロイされるわけではありません。Workspace ONE の管理者は、必要に応じて特定のデバイスに手動でプロファイルをデプロイできます。

Workspace ONE でプロファイルのデプロイを確認する

Workspace ONE の管理者は、プロファイルがデバイスにデプロイされているかどうかをデバイスのプロファイル リストで確認できます。また、管理対象デバイスのブラウザで「chrome://policy」と入力すると、プロファイルが正常に適用されたかどうかを確認できます。この操作では、適用されているすべてのポリシーが表示されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。