Windows 向けの(統合された)従来のブラウザのサポート

Windows 向けの統合 LBS を設定する

Chrome ブラウザ バージョン 74 以降

企業や学校で使う Windows の Chrome ブラウザを管理する管理者向けの内容です。

管理者は、Chrome ブラウザと別のブラウザでユーザーを自動的に切り替えることができます。従来のブラウザのサポート(LBS)をデプロイし、ポリシーを使用して代替ブラウザで開く URL を指定します。たとえば、インターネットにアクセスするブラウザに Chrome ブラウザを使用し、組織のイントラネットにアクセスするブラウザに Internet Explorer® を使用するように設定できます。

Chrome ブラウザ バージョン 74 以降では、LBS 機能は Chrome ブラウザ MSI に統合されています。LBS をオンにすると、Chrome グループ ポリシー テンプレートで LBS を管理するためのポリシーを設定できます。

考慮事項

  • 以前に LBS 拡張機能を組織にデプロイ済みで、統合 LBS に切り替える場合は、ユーザーのデバイスを調べて LBS が正しく機能していることを確認してください。
  • Chrome ブラウザの最新のリリースで LBS を使用してください。
  • LBS は Internet Explorer のバージョン 6~11 でご利用いただけます。
  • Microsoft® Windows® デバイスで、Internet Explorer の設定が次のようになっていることを確認するようユーザーに伝えてください。
    • [拡張保護モードを有効にする] チェックボックスがオフになっている
    • [サードパーティ製のブラウザー拡張を有効にする] チェックボックスがオンになっている

手順の概要

  1. 組織に統合 LBS をデプロイするために必要なコンポーネントをダウンロードしてください。
  2. BrowserSwitcherEnabled ポリシーを設定して統合 LBS を有効にします。代替ブラウザで開く URL を指定してください。追加のポリシーを設定して、組織に合わせて統合 LBS をカスタマイズできます。
  3. 以前に Chrome の従来のブラウザのサポート拡張機能を Windows パソコンにデプロイ済みの管理者は、自動インストールされた拡張機能の一覧から LBS 拡張機能を削除してください。
  4. 統合 LBS とポリシーをテストしてすべてのユーザーに展開します。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。