在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

Chrome ブラウザの更新を管理する(Linux)

Linux パソコンに Chrome ブラウザをインストールすると、Google のリポジトリもインストールされます。このリポジトリにより、Chrome ブラウザは自動的に最新の状態に維持されます。

ステップ 1: Chrome ブラウザの更新を無効にする

Chrome ブラウザの自動更新を停止するには、次のいずれかを行います。

  • Chrome ブラウザをインストールする前に空のリポジトリを作成します。
    $ sudo touch /etc/default/google-chrome
  • /etc/default/google-chrome に次の行を追加します。
    repo_add_once=false
ステップ 2: Chrome ブラウザのコンポーネントの更新を無効にする(省略可)

Chrome ブラウザのコンポーネントのみが対象です。

Chrome ブラウザの自動更新を無効にした場合でも、ブラウザのコンポーネント(Adobe® Flash®、Widevine DRM(暗号化されたメディア用)、Chrome アップデータ復元コンポーネントなどの)の更新が自動で停止するわけではありません。これらのコンポーネントの更新を停止するには、Chrome の ComponentUpdatesEnabled ポリシーを無効にします。

任意の JSON ファイル エディタを使用してください。

  1. etc/opt/chrome/policies/managed フォルダ内に JSON ファイルを作成して、component_update.json という名前を付けます。
  2. 次の設定を JSON ファイルに追加して、コンポーネントの更新を無効にします。
    {
    "ComponentUpdatesEnabled": "false"
    }
  3. 更新をユーザーに展開します。
注: このポリシーは、すべてのコンポーネントに適用されるわけではありません。対象外となるコンポーネントの一覧については、ComponentUpdatesEnabled をご覧ください。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
410864
false