ユーザー エクスペリエンスに関するポリシー

このページは、企業または学校の Chrome ブラウザや Chrome 端末を管理する IT 管理者を対象としています。

Chrome ユーザーのブラウジング環境をカスタマイズする際に使用できるポリシーの一部をご紹介します。

ご利用にあたり: Chrome ポリシー管理の概要についての記事をご覧ください。

Chrome のユーザー エクスペリエンスに関するポリシー

以下のポリシーをご確認ください。ご使用のプラットフォームのリンクをクリックして詳細を確認のうえ、ポリシーを適用してください。

ホームページ ボタンを表示する

Chrome ブラウザのツールバーや Chrome デバイスに [ホーム] ボタンを表示するには、このポリシーを有効にします。[ホーム] ボタンをクリックすると、デフォルトのホームページが表示されます(下記参照)。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: ShowHomeButton

デフォルトのホームページを設定する

ユーザーが Chrome ブラウザまたは Chrome 端末でホームボタンをクリックしたときに開くホームページを設定するには、このポリシーを有効にします。

サンプル値: https://www.yourcompany.com

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: HomePageLocation

新しいタブでホームページ URL を開く

新しいタブを開いたときに、指定したページ(ホームページなど)を表示するには、このポリシーを有効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: NewTabPageLocation

Google を既定の検索エンジンに設定する

ユーザーが Chrome ウィンドウの上部にあるアドレスバーに入力したときに使用する検索プロバイダを google.com に設定するには、このポリシーを有効にします。

以下の場所で設定できます。

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: 

Chrome OS デバイスの壁紙をカスタマイズする

Chromebook と、Chrome OS を搭載するその他の端末にのみ適用できます。

ユーザーのログイン画面やデスクトップの背景として使用するカスタム画像をアップロードします。

以下の場所で設定できます。

スペルチェックを有効または無効にする

このポリシーを有効にすると、ユーザーはスペルチェック機能を使用できます。

以下の場所で設定できます。

  • Windows グループ ポリシー - スペルチェックを有効にする
  • Mac / Linux 設定名 -SpellcheckEnabled

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: SpellcheckEnabled

スペルチェック言語を有効または無効にする

SpellcheckLanguage ポリシーを有効にして、ユーザーがスペルチェック機能で言語を指定できるようにします。

以下の場所で設定できます。

  • Windows グループ ポリシー - スペルチェック言語を有効にする
  • Mac / Linux 設定名 -SpellcheckLanguage

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: SpellcheckLanguage

SpellcheckLanguageBlacklist ポリシーを有効にして、ユーザーがスペルチェック機能で言語を指定できないようにします。

以下の場所で設定できます。

  • Windows グループ ポリシー - スペルチェック言語を強制的に無効にする
  • Mac / Linux 設定名 -SpellcheckLanguageBlacklist

Windows、Mac、Linux のポリシーの詳細: SpellcheckLanguageBlacklist

その他のポリシー

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。