クイズでロックモードを使用する

生徒は Chromebook で集中してテストを受けることができます。ロックモードをオンにすると、生徒はテスト中に他のウェブサイトを閲覧したり、他のアプリを開いたりすることができなくなります。

ロックモードについて

ロックモードではメールアドレスが収集され、テストは自分のドメインのみに制限されます。ロックモード中の動作は、以下のようになります。

  • 生徒は他のアプリを使用できません。
  • 一部の拡張機能とキーボード ショートカットは無効になります。
  • 生徒がテストを終了するか、別のタブを開くと、教師に通知メールが届きます。

重要: ロックモードを使用するには、次のものが必要です。

ロックモードをオンにする

  1. Google フォームでテストを開きます。
  2. 上部の設定アイコン 設定 and then [テスト] をクリックします。
  3. [ロックモードをオンにする] の横にあるチェックボックスをオンにします。

ロックモードのユーザー補助機能と拡張機能

おすすめの Chromebook ユーザー補助機能
  • ChromeVox(テキスト読み上げ)
  • 高コントラスト モード
  • 拡大鏡(全画面)
  • 拡大鏡(ドッキング)
おすすめの Chrome 拡張機能
Don Johnston から:
  • Quizbot: Google フォームを使用した自動テスト作成ツール(教師用)です。
  • Snap&Read: アイデアを翻訳、明確化、整理するためのテキスト リーダーです。
  • Co:Writer: 単語の予測、音声認識、翻訳を行う文章作成ヘルプツールです。
これらのツールの詳細については、Don Johnston のサイトをご覧ください。
Texthelp から:
  • EquatIO: 入力を計算式や数式などに変換します。
  • Read&Write for Google Chrome: 図解辞典やテキスト予測などを使用して、テキストを音声に、音声をテキストに変換します。

ヒント: ユーザー補助機能が見つからない場合は、ユーザー補助機能のショートカットを使用してください。

ロックモードを使用できない場合

テストを出す教師:
  • 学校の Google アカウントにログインしていることを確認してください。
    • 現在ログインしているアカウントは  です。
  • 学校が管理している Chromebook がない可能性があります。
  • Chrome OS 75 への更新が必要な可能性があります。
テストを受ける生徒:

それでもテストを開始できない場合は、担任教師にお問い合わせください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。