ブラウザの設定を同期できるユーザーを管理する

Google 管理コンソールから Chrome ポリシーを設定する管理者を対象としています。

G Suite 管理者は、Chrome ブラウザの設定やデータを管理対象の Google アカウントに保存、同期できるユーザーを指定できます。Chrome 同期をオンまたはオフにするには、管理コンソールを使用します。同期がオンになっているユーザーは、ブックマーク、履歴、ブラウザのテーマなどの設定を管理対象の Google アカウントに同期して、複数の端末で使用できます。同期がオフになっているユーザーは、端末にローカル保存されている情報にのみアクセスできます。

考慮事項

  • 組織の Chrome 端末で Android アプリが使用されている場合は、Chrome 同期をオンにする必要があります。オンにしないと、Android アプリデータのバックアップと復元が正しく行われません。
  • Chrome 同期をオフにすると、ユーザーは管理対象アカウントの同期設定にアクセスできなくなります。アクセスが制限されると業務に支障をきたすおそれがあるため、Chrome 同期をオフにする場合はユーザーに通知することをおすすめします。

情報を同期できるユーザーを指定する

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないアカウント)でログインしてください。

  2. 管理コンソールのホームページから、[アプリ] 次に [その他の Google サービス] 次に [Google Chrome Sync] にアクセスします。

    注: G Suite for Education アカウントをご使用の場合は、[アプリ] 次に [G Suite] 次に [Google Chrome Sync] にアクセスします。

  3. 右上の [サービスを編集] をクリックします。
  4. 組織内のすべてのユーザーに対して Chrome 同期をオンまたはオフにする場合は、[オン(すべてのユーザー)] または [オフ(すべてのユーザー)] を選択して [保存] をクリックします。
  5. 特定の組織内のユーザーに対して Chrome 同期をオンまたはオフにする方法は次のとおりです。
    1. 左側で、[特定の組織部門の設定] をオンにして組織を選択します。
    2. [オン] または [オフ] を選択します。
      初期設定では、組織の設定は親組織から継承されます。
    3. 組織のステータスが [継承] になっている場合は、[オーバーライド] をクリックします。
    4. 組織のステータスが [上書きされました] になっている場合は、次のいずれかを行います。
      • 上書きされた設定を親組織の値に戻すには、[継承] をクリックします。
      • 親組織の設定が変更された場合でも設定の変更を保存するには、[保存] をクリックします。
  6. Chrome 同期をオンにしたら、該当するユーザーに対して、管理対象の Google アカウント(末尾が [ドメイン名].com)で Chrome デバイスにログインし、同期する情報を選択するよう依頼します。

関連トピック

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。