通知

在宅勤務からオフィス勤務に戻すことをご検討中のお客様は、Chrome OS の活用方法をご覧ください。

ChromeOS デバイスのクイック スタート

3. Chrome ポリシーを設定する

組織内のすべてのユーザーやデバイスに対して設定やポリシーをカスタマイズできます。

始める前に

  • ユーザーやデバイスのグループの設定はカスタマイズできます。その場合は、特定の要件を持つユーザーやデバイスを組織部門にグループ化し、組織部門ごとに該当する設定を適用します。詳しくは、組織構造の仕組みをご覧ください。

ユーザー ポリシーを設定する

Configure users icon

デバイスがドメインに登録されていない場合でも、ユーザーがログインすればユーザー ポリシーが適用されます。ポリシーはユーザーのプロファイルに関連付けられています。

始める前に: 特定のユーザー グループに対してポリシーを設定するには、対象ユーザーのアカウントを組織部門に配置します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン 次に [デバイス] 次に [Chrome] 次に [設定] に移動します。デフォルトでは、[ユーザーとブラウザの設定] ページが開きます。

    Chrome ブラウザ クラウド管理に登録済みの場合は、メニュー アイコン 次に [Chrome ブラウザ] 次に [設定] に移動します。

  3. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  4. 必要に応じて設定を変更します。次のような設定がよく変更されます。
    • 自動インストールされたアプリ
    • 起動時に読み込むページの設定
    • プロキシ サーバーの設定
    • 印刷の有効化または無効化
    • SAML シングル サインオンの有効化

ユーザーとブラウザの設定の詳細については、ユーザーまたはブラウザに Chrome のポリシーを設定するをご覧ください。

デバイス ポリシーを設定する

Chromebook icon updated Dec 2013

ドメインに登録されている ChromeOS デバイスに対してデバイス ポリシーを適用します。

始める前に: 特定のデバイス グループに対して設定を行うには、対象デバイスを組織部門に配置します。

  1. Google 管理コンソールログインします。

    管理者アカウント(末尾が @gmail.com でないもの)でログインします。

  2. 管理コンソールで、メニュー アイコン 次に [デバイス] 次に [Chrome] 次に [設定] 次に [デバイスの設定] に移動します。
  3. すべてのユーザーと登録済みブラウザに設定を適用する場合は、最上位の組織部門を選択したままにします。それ以外の場合は、子組織部門を選択します。
  4. 必要に応じて設定を変更します。次のような設定がよく変更されます。
    • ワイプ後のデバイスの自動登録の許可
    • ログインをリスト内のユーザーのみに制限
    • ゲスト ブラウジングの許可
    • 端末の状態の報告の有効化または無効化
    • タイムゾーンの設定

関連トピック

Google および関連するマークとロゴは Google LLC の商標です。その他すべての企業名および商品名は関連各社の商標です。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー