検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Chrome の限定公開アプリの公開

この記事は、組織限定で Chrome ウェブアプリを公開することを検討している Chrome 管理者やデベロッパーを対象としています。

概要

多くの組織では、限定公開の Chrome ウェブアプリを使用しています。例として、人事システムや財務システムへのブックマークとして機能する Chrome 拡張機能などがあります。Chrome と G Suite または G Suite for Education をご利用のお客様は、Chrome ウェブストアで、アプリへの直接リンクを共有するユーザーのみを対象に限定公開アプリをホストすることができます。Chrome ドメインが同じであれば、ユーザーには、Chrome ウェブストアの限定公開コレクションに組織の限定公開アプリが表示されます。

管理者は、組織限定でアプリを公開できるユーザーを選択することができます。これを行うには、管理コンソール[端末管理] > [Chrome 管理] > [ユーザー設定] > [Chrome ウェブストアのアクセス許可] で該当するチェックボックスをオンにします。

[ドメインに制限された限定公開アプリケーションをユーザーが Chrome ウェブストアに公開することを許可する] をクリックすると、[ユーザーは、所有していないウェブサイトの確認をスキップできます] という追加の設定が表示されます。この 2 番目の設定により、ユーザーはブックマーク アプリを作成できるようになり、自分が管理者ではないウェブサイトにアクセスすることができます。

Chrome Web Store permissions

Chrome の限定公開ウェブアプリの公開方法

限定公開アプリケーションの公開方法は、Chrome ウェブストアに一般公開アプリケーションを公開する場合とほとんど同じです。違うのは、アプリへのアクセスをドメインに制限する手順が加わることだけです。

  1. Chrome デベロッパー ダッシュボードにログインします。
  2. 利用規約に同意します。
  3. 新しいアイテムを追加し、アプリケーションを zip ファイル形式でアップロードします。
  4. アプリの宣伝用の画像、カテゴリ、言語を設定します。
  5. [限定公開] および [<ドメイン> のすべてのユーザー] を選択します。

Chrome app publishing options

必要であれば、[デベロッパー ダッシュボードの Trusted Tester のみ] を選択します。こうすると、デベロッパー ダッシュボードで指定した Trusted Tester にアプリを限定公開できます。

これで、アプリが Chrome ウェブストアに公開されます。アプリの公開先を組織のドメインに限定している場合は、G Suite アカウントにログインしている組織内のユーザーのみにアプリが表示されます。アプリには限定公開のバッジが付いており、Chrome ウェブストアではアプリの右下に小さな錠のアイコンが表示されます。[一般公開] を選択すると、アプリを一般公開できます。

限定公開コレクションでの限定公開アプリの表示例:

右下に小さいグレーの錠のアイコンが付いたアプリが、限定公開アプリです。これらのアプリケーションが表示されるのは、ユーザーが G Suite アカウントでログインしているときに、Chrome ウェブストアの組織の限定公開コレクションにアクセスした場合のみです。

Chrome ウェブアプリの作成については、スタート ガイド チュートリアルをご覧ください。キオスクアプリを作成するには、チュートリアル: Chrome キオスク アプリを作成するをご覧ください。
この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。