予定の招待状に返信する

誰かが Google カレンダーを使用してあなたを予定に招待すると、その予定が自動的にあなたのカレンダーに表示されるようになります。予定に参加するかどうかを他のユーザーに知らせるには、カレンダーの招待状の出欠確認に返信します。メモを追加したり、予定の開催を別の日時で提案することも可能です。招待されている予定は、招待状を受信したメール アカウントに関連付けられたメイン カレンダーに追加されます。

招待状の出欠確認に返答する

  1. 招待メールを開くか、カレンダーに追加された予定を開きます。
  2. [参加しますか?] の横で、次のいずれかをタップします。
    • はい
    • いいえ
    • 未定
    • はい。会議室で会議に参加します
    • はい。オンラインで会議に参加します
ヒント: 招待メールから出欠確認に返答するには、メール上部の [はい]、[未定]、[いいえ] のいずれかをクリックします。
届いた招待状と通知を管理する
  1. Google カレンダーを開きます。
  2. 右上の設定アイコン 設定 次の操作 [設定次の操作 [全般] をクリックします。
  3. [予定の設定] セクションで [招待状を自動的に追加] をクリックします。
  4. 次のいずれかのオプションをクリックします。
    • [はい]
    • [はい。ただし、[はい] または [未定] と返信するまで予定の通知を送信しない]
    • [いいえ、返信した招待状だけを表示します]

[はい] と返信しない限り、カレンダーに予定は表示されません。カレンダーを共有すると、共有相手には、招待にまだ返信していない予定を含むすべての予定が表示されます。

ヒント: メール通知をオフにした場合、[はい。ただし、[はい] または [未定] と返信するまで予定の通知を送信しない] を選択しても、通知は届きません。通知設定を変更する手順についての記事をご覧ください。

返答を変更する
  1. カレンダー上の予定をクリックします。
  2. [参加しますか?] の横で、次のいずれかをタップします。
    • はい
    • いいえ
    • 未定
    • はい。会議室で会議に参加します
    • はい。オンラインで会議に参加します
新しい日時を提案する

参加者:

  1. カレンダー上の予定をクリックします。
  2. [未定] の横で、上向き矢印 上矢印 次の操作 [新しい時間を提案] をクリックします。
  3. 別の日時を選択します。
    ヒント: 日時を提案する際にメッセージを追加することも可能です。
  4. [提案を送信] をクリックします。
ヒント: 招待メールから新しい日時を提案するには、メール上部の [その他のオプション] 次の操作 [新しい時間を提案] をクリックします。

主催者:

  1. カレンダーを開き、時計アイコン付きの予定をクリックします。
  2. [ゲスト] セクションに提案された日時が表示されます。
  3. 確認する必要がある提案の [提案された日時を確認] をクリックします。
  4. 提案された日時に変更するには、[保存] をクリックします。

新しい日時の提案に関する詳細情報

  • ゲストが 200 人を超える予定と、終日の予定では日時を提案することはできません。大勢が参加する予定に関する記事をご覧ください
  • ゲスト全員が新しい日時を提案できます。ただし、主催者が新しい日時を提案することはできません。
  • パソコンの Google カレンダーの設定で主催者が [予定への返答] をオンにすると、提案に関するメール通知が主催者に届くようになります。
出欠確認への返答にメモを追加する
  1. カレンダー上の予定をクリックします。
  2. [未定] の横で、上向き矢印 上矢印 次の操作 [メモを追加] をクリックします。
  3. メモの内容を入力します。
    ヒント: [参加しますか?] の横で、出欠確認に対する返答を選択することもできます。
  4. [保存] をクリックします。

ヒント: 招待メールから出欠確認への返答にメモを追加するには、メール上部の [その他のオプション] 次に [メモを追加] の順にクリックします。

カレンダーの招待状を転送する

重要: 招待状を転送すると、転送した相手が会議の最新の詳細情報を確認したり、あなたの出欠確認の返答を変更したりしてしまう可能性があります。

予定にゲストを追加する権限がある場合は、新しいゲストに招待メールを転送できます。招待に返答した新しいゲストは、ゲストリストに追加され、他のユーザーを招待することもできるようになります。

ゲストが他のユーザーを招待できないようにする場合は、予定の編集時に [ゲストの権限] の [他のユーザーを招待する] チェックボックスをオフにします。

別のメールアドレスに届いた招待状の出欠確認に返答する

重要: Gmail アカウントと予備のメールアドレスを関連付けている場合、Google カレンダーからメールで届いた招待状の [はい]、[未定]、[いいえ] オプションのリンクを使用して出欠確認に返答するには、Google アカウントにログインする必要があります。予備のメールアドレスについて記載されたヘルプ記事をご覧ください。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。
  2. 左側のカレンダー名にカーソルを合わせ、その他アイコン その他 次の操作 [設定と共有] をクリックします。
  3. 左側のメニューの [マイカレンダーの設定] セクションで [その他の通知] をクリックします。
  4. [予備のメールアドレスから転送された予定の招待状に返信できるようにする] をオンにします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
88
false