検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google カレンダーへの予定の読み込み

別のカレンダー アプリケーションや Google アカウントから Google カレンダーに予定を転送できます。

: 予定を読み込んでも、予定のゲストは読み込まれません。

手順 1: 予定を書き出す

まず、Google に読み込めるファイルで予定を書き出します。次のいずれかの方法を選択してください。

別のカレンダー アプリケーションから書き出す

Outlook 予定表や Apple カレンダーなどのほとんどのカレンダー アプリケーションで、予定を書き出すことができます。

  1. 予定が現在保存されているカレンダー アプリケーションを開きます。多くの場合、この操作はスマートフォンやタブレットよりもパソコンから行った方が簡単です。
  2. エクスポートの項目を探します。
  3. 別のファイル形式を選択できる場合は、CSV を選択します。Apple 端末をお使いの場合は vCard を選択してください。

詳細については、各カレンダー アプリケーションのヘルプセンターを参照するか、「カレンダー エクスポート」というキーワードで検索してみてください。

ファイルは、パソコン上のダウンロード時に通常保存される場所、または保存時に選択した場所に保存されます。完了したら、手順 2 に進んでカレンダーを読み込みます。

別の Google アカウントから書き出す

Google アカウントを複数お持ちの場合は、1 つのアカウントからカレンダーを書き出して、別のアカウントによみこことができます。

  1. パソコンで、書き出し元の Google アカウントにログインします。パソコンでのみ書き出せます。スマートフォンやタブレットには対応していません。
  2. カレンダーを書き出す手順に従います。ICS ファイルをパソコンにダウンロードしてください。
  3. 読み込み先の Google アカウントにログインします。
  4. 読み込む方法については、次の手順をご覧ください。

同期に関する注意: 読み込んだ予定は、2 つのアカウント間で同期されるわけではありません。カレンダーを同期する場合は、予定を書き出す代わりに、もう一方のアカウントとカレンダーを共有する必要があります。

手順 2: Google カレンダーに予定を読み込む

書き出した予定を Google カレンダーに読み込むことができます。

  1. パソコンで Google カレンダーを開きます。注: パソコンでのみ読み込めます。スマートフォンやタブレットには対応していません。
  2. 右上にある設定アイコン 設定 > [設定] の順にクリックします。
  3. [カレンダー] タブを開きます。
  4. [マイカレンダー] セクションと [他のカレンダー] セクションの間にある [カレンダーをインポート] をクリックします。
  5. [ファイルを選択] をクリックして書き出したファイルを選択します。ファイルの末尾は「ics」または「csv」です。
  6. 読み込んだ予定を追加するカレンダーを選択します。既定では、メイン カレンダーに予定が読み込まれます。
  7. [インポート] をクリックします。

ZIP ファイルを使用している場合は、パソコン上でファイルを見つけて開きます。各カレンダーの ICS ファイルが表示されます。ZIP ファイルから個々のファイルを取り出して、各 ICS ファイルを個別に読み込みます。

注: CSV ファイルから読み込んだ場合、定期的な予定が適切に表示されないことがありますが、まとまった 1 回限りの予定としてカレンダーに表示されます。

上級: CSV ファイルまたは iCal ファイルを作成または編集してから読み込む

CSV ファイルの作成と編集

CSV(カンマ区切り値)ファイルを Google カレンダーに読み込むことができます。CSV ファイルの読み込み中にエラーが発生した場合は、形式を修正できることがあります。

  1. 既存の CSV ファイルを開くか、Google スプレッドシートなどのスプレッドシート エディタを使用して新しいファイルを作成します。
  2. スプレッドシートの最初の行に、SubjectStart Date といったヘッダーを含めます。ヘッダーは英語で表記する必要があります。正しいヘッダーについては、下記のリストを参照してください。
  3. ヘッダー行の下の各行で予定を記述します。例をご覧ください。
    Subject Start date Start time
    期末試験 05/30/2020 10:00 AM
  4. 完了したら .csv ファイルとして保存します。その後は、上記の手順を使用して Google カレンダーにファイルを読み込むことができます。

CSV ファイルでのヘッダーと予定の形式

次のリストにある最初の 2 つのヘッダーのみ必須です。残りのヘッダーは省略できます。

重要: 以下に示すように、ヘッダーは英語で表記する必要があります。予定の詳細にカンマを含める場合(下記の例では説明の欄)、そのテキストを引用符で囲んでください。

  • Subject
    予定の名前(必須)。
    例: 期末試験
  • Start Date
    予定の開始日(必須)。
    例: 05/30/2020
  • Start Time
    予定の開始時刻。
    例: 10:00 AM
  • End Date
    予定の終了日。
    例: 05/30/2020
  • End Time
    予定の終了時刻。
    例: 1:00 PM
  • All Day Event
    終日の予定であるかどうかを指定します。終日の予定の場合は「True」、そうでない場合は「False」と入力します。
    例: False
  • Description
    予定の説明やメモ。
    例: "選択式問題 50 問と論文 2,000 字" 
  • Location
    予定の場所。
    例: "614 教室"
  • Private
    予定を限定公開にするかどうかを指定します。限定公開の場合は「True」、限定公開でない場合は「False」と入力します。
    例: True

上記の例では、2020 年 5 月 30 日の午前 10 時から午後 1 時までの予定「期末試験」が作成されます。場所は「614 教室」、説明は「選択式問題 50 問と論文 2,000 字」で、限定公開となります。

ICAL ファイルの作成と編集

iCalendar ファイルは、カレンダー データの移行に使用される標準のカレンダー形式です。iCAL(「ics」)ファイルの読み込み中にエラーが発生した場合は、形式を修正できることがあります。

  1. 既存の ICAL ファイルを開くか、新しいファイルを作成します。iCalendar ファイルを保存できる、テキスト編集アプリケーションを使用する必要があります。
  2. 以下のガイドラインに従ってファイルをフォーマットします。Google カレンダーから ICAL ファイルを書き出して、例として使用できます。
  3. 完了したら iCalendar(「ics」)ファイルとして保存します。

iCalendar ファイルのフォーマット

iCalendar ファイルの先頭行には、必ず BEGIN:VCALENDAR ヘッダーを指定する必要があります。その後に、VERSION:2.0 や「PRODID:<[enter ID information here]>」など、他のヘッダー情報を続けます。ファイルの最終行は END:VCALENDAR フッターである必要があります。これらの行の間にカレンダーのすべての予定を入力します。各予定の先頭行は BEGIN:VEVENT、最終行は END:VEVENT です。

iCalendar ファイルを手動で編集する必要がある場合は、各ファイルに必ずヘッダーとフッターを指定してください。ヘッダーの終了位置がわからない場合は、BEGIN:VEVENT の 1 行上までのテキストをコピーして貼り付けてください。そこでヘッダーは終了し、予定のデータが始まります。

iCalendar ファイルの例を次に示します。これらは iCalendar ファイルの必須箇所です。他の情報を追加することもできます。

BEGIN:VCALENDAR

VERSION:2.0

PRODID:< [ここに ID 情報を入力します] >

(その他のヘッダー情報がここに入ります)

BEGIN:VEVENT

(予定の詳細)

END:VEVENT

BEGIN:VEVENT

(予定の詳細)

END:VEVENT

END:VCALENDAR

トラブルシューティング

読み込みに関する問題の解決方法をご覧ください。

関連記事

このページを執筆した Google カレンダーのエキスパートに転送いたしますので、フィードバックをお寄せください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。