検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

ビジネス アカウントについて

ビジネス アカウントを使用すると、複数のユーザーと共同でビジネス情報を安全に管理できます。ビジネス アカウントはビジネス情報の共有フォルダのようなもので、同じビジネス情報へのアクセス権を同僚と共有する方法です。

現在ユーザー名とパスワードを他の人と共有している場合は、代わりにビジネス アカウントを利用し、より安全に共同作業をしましょう。

  Google アカウント ビジネス アカウント
用途 該当のビジネスを Google で管理しているのが自分一人である場合。 複数のメンバーでビジネス情報を追加、編集したい場合。
アクセスできる人 自分だけがアカウントにアクセスできます。 オーナー権限または管理者権限を持つユーザーがアクセスできます。ビジネス アカウント名の下にアクセス権が表示されます(例: 「オーナー: 自分」、「管理: 自分」)。管理者もオーナーも、ビジネス アカウント内でビジネス情報を作成、編集、削除できます。詳細
作成方法 ご自身で作成します。ログインが必要なすべての Google サービスで利用できます。 こちらの手順で作成します。
確認マーク 追加されたすべてのビジネス情報でユーザーがオーナーとして確認済みであることを表します。 ビジネス アカウントのオーナーが確認済みであることを表します。

ビジネス アカウントご利用のヒント

ビジネス アカウントの作成が効果的なケース

ビジネス アカウントは次のような場合に便利です。

  • 同僚、各ブランドや地域のマネージャー、代理店と共同でビジネス情報を管理したい場合
  • 住所情報を利用して広告を運用したい場合

同僚やマネージャー、代理店にビジネス情報へのアクセス権を付与するには:

  1. ビジネス アカウントを作成します。
  2. すべてのビジネス情報をそのアカウントに移動します。
  3. 同僚や代理店の従業員をビジネス アカウントの管理者またはオーナーとして追加します。すると、既存のビジネス情報と、今後作成されるすべてのビジネス情報にアクセスできるようになります。

ビジネス アカウントの数

作成するビジネス アカウントは、ビジネスやブランドごとに 1 個に留めることをおすすめします。1 つのスプレッドシートを複数のビジネス アカウントにインポートしたり、複数のビジネス アカウントからビジネス情報をダウンロードして 1 つのスプレッドシートにまとめたりすることはできません。

組織内に複数のブランドや部署があり、それぞれ担当者が異なる場合は、ビジネス アカウントを複数作成します。

  メリット デメリット
1 個のビジネス アカウント すべてのビジネス情報を 1 つのダッシュボードで確認し、1 つのスプレッドシートで管理できます。 自分が管理しているアカウント内にあるすべてのビジネス情報を、他のオーナーと管理者も表示、編集できます。
複数のビジネス アカウント オーナーと管理者が表示、編集できるのは、各アカウント内のビジネス情報のみです。 各アカウントで個別にスプレッドシートの読み込みが必要になり、1 つのダッシュボードですべてのビジネス情報を確認できません。

ビジネス アカウント内でそれぞれのビジネス情報に手動でオーナーと管理者を追加することはできます。

その他の留意事項

ビジネス アカウントのご利用にあたって:

  • 各ビジネス情報はビジネス アカウントごとに管理します。各ビジネス情報は 1 つのビジネス アカウントにのみ含めることができます。
  • ビジネス アカウントごとに、ビジネス情報を読み込むための専用のスプレッドシートが必要になります。
  • 各ビジネス アカウントには管理者とオーナーが設定されています。詳しくは、ビジネス アカウントのオーナーと管理者の追加の詳細をご覧ください。
  • ビジネス アカウントは、他のビジネス アカウントの管理者として使用することはできません。

ビジネス アカウント内でそれぞれのビジネス情報に手動でオーナーと管理者を追加することはできます。

Google マイビジネスを初めて利用される方

Google マイビジネスを初めてご利用になる場合は、ビジネス アカウントを作成して、情報の追加、オーナー確認、管理を行うことをおすすめします。そうすれば、後日他の人とアクセスを共有することにした場合も、改めてアカウントを作り直す必要がなくなります。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。