一括確認手続きの遅延の原因となる一般的な問題

ビジネス情報の一括確認には 1 週間ほどかかることがありますが、誤りや品質ガイドライン違反がある場合は、さらに手続きが遅れることがあります。Google マイビジネスにデータファイルをアップロードするときに、エラーが発生してそのビジネス情報が不承認になる場合もあります。確認手続きの遅延の原因となる一般的な問題については、下記をご覧ください。

メールアドレスのドメインがビジネスの正式なドメイン名と異なると、オーナー確認に追加の手続きが必要となり、さらに時間がかかる場合がありますのでご注意ください。

ビジネス名:

  • 大文字と小文字を正しく使用する必要があります。実際のビジネスの名称と同じように大文字と小文字を使い分けてください。
  • 実際のビジネスと正確に同じ名称を使用してください。特色や店舗コードなど、ビジネスに関する追加情報を含めることはできません。

ビジネスの所在地:

  • 必ず実在する場所を指定してください。
  • 1 つのフィード内で複数のビジネス情報に同一の住所を使用することはできません。複数のビジネス情報がある場合は、1 つのタイトルにまとめてください。
  • 住所欄には、部屋番号、階数、建物の番号などを含めた正確な住所を入力してください。
  • 近隣のランドマークや交差点名などの情報は、正式な住所だけではビジネスの所在地を正確に特定できない場合に限って入力してください。
  • すべてのビジネス情報はビジネスの公式ウェブサイトに掲載され、一括確認のために提出されたビジネス情報と一致する必要があります。

ウェブサイトと電話番号:

  • 可能な場合はコールセンターの電話番号ではなく、現地の電話番号を使用してください。
  • 転送される番号や URL ではなく、掲載するお店やサービスに直接つながる電話番号または URL を使用してください。

サポート対象外のビジネスモデル:

  • Google マイビジネスでオーナー確認ができるのは、顧客に対面して応対するビジネスのみです。
  • 別荘やアパートの空き部屋のような不動産の賃貸物件や販売物件は、Google マイビジネス ロケーションにビジネス情報を登録できません。個々の賃貸や販売の物件ではなく、賃貸や販売の業務を行うメインオフィスを擁するビジネス情報を 1 件だけ作成してください。
  • 一時的なイベントを扱うビジネスや他の施設を一定期間貸し出すビジネスは、これらの施設をビジネス拠点として掲載することはできません。
  • サービス提供地域のあるビジネス(配管工など)は、営業時間内に顧客に対面して応対できる場所がある場合にのみ、一括オーナー確認を行うことができます。このようなビジネスは、一括管理ツールでサービス提供地域を指定することはできません。顧客に直接応対できる場所を持たないサービス提供型ビジネスは、コードによる確認システムで個別にビジネス情報の確認を行ってください。詳しくは、ビジネス情報にサービス提供地域を追加する方法をご覧ください。

形式に関する一般的な問題:

  • 郵便番号が間違っている場合や不完全な場合がよくあります。スプレッドシート用のソフトウェアによっては、先頭のゼロが削除されることがあります。郵便番号が正しいことをよく確認してください。
  • すべてのビジネス情報について、電話番号を正しい形式で指定する必要があります。ロケーション ツールでは、電話番号に特定の形式を設けています。[詳細] に表示されているエラー メッセージを確認して、電話番号を正しい形式で指定してください。
  • 国コードが有効な書式ではないことがあります。国コードの正しい書式についてはこちらをご覧ください。

アップロードに関する一般的なエラー:

  • フィード内のすべての必須フィールドには、必ずデータを入力してください。情報が入力されていない必須フィールドは、管理画面に示されます。
  • フィードには、10 件以上のビジネス情報が含まれている必要があります。10 か所未満の場合は、Google マイビジネス ダッシュボードを使用して登録し、個別に確認してください。
  • 管理するすべてのビジネス情報を追加したことを確認したら、スレッドシートをアップロードします。
この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。