Google Play ブックスの出版社向けプログラム ポリシー

ポリシーは随時変更される場合がありますので、このページで最新のポリシーを常に確認し、遵守していただくようお願いします。ポリシーに変更があった場合は、メールでアカウント所有者に通知します。

Google Play での書籍販売において受け入れ可能なデジタル ファイルの種類

Google が推奨するファイル形式は ePub 形式です。固定レイアウト ファイルを含む、ePub バージョン 2.0.1 および 3.0.1 を受け付けています。ePub 形式を利用できない場合は、テキストおよび画像の PDF も受け付けています。その場合はテキスト レイヤー付きの PDF を推奨します。

コンテンツの保護

Android、iOS、およびウェブ上の Google リーダーは、専用のコンテンツ保護テクノロジーを採用しています。Google Play からダウンロードした書籍ファイルの保護には、業界標準のデジタル著作権管理(DRM)ソリューションである Adobe Content Server 4 がサポートされています。ユーザーは、使用する Adobe ACS4 リーディング システムを Google アカウントにリンクするために、1 回のみ認証を行う必要があります。認証後のリーディング システムは、Google 提供の API によって ACS4 で暗号化された ePub 形式または PDF 形式のファイルを要求できるようになります。また、Adobe Digital Editions などのサポートされるリーディング ソフトウェアに、ACS4 で暗号化された ePub 形式または PDF 形式のファイルをダウンロードできるようになります。ただしレンタル、つまり期間限定で購入された Google Play 書籍については、この対象外であり、ACS4 で暗号化された ePub 形式または PDF 形式のファイルをダウンロードすることはできません。

「正規価格」と「レンタル正規価格」の説明

「正規価格」とは、販売代理店を通さない出版社様が提案できる、書籍の Google Play での価格です。正規価格はあくまで推奨価格であり、書籍の Google Play での最終販売価格にはならないこともあります。現在、貴社がレンタル期間指定の販売を許可した書籍については、許可するレンタル期間に基づき、その電子書籍の正規価格に対する割合で設定した「レンタル正規価格」を提示できます。

Google Play での書籍の購入とレンタルに関するレポート

Google Play での書籍の販売およびレンタルに関するレポートが作成され、パートナー センターからご利用いただけるようになります。このレポートには、販売取引日、販売時の正規価格、収益配分、ISBN が記載されています。レンタル期間指定で販売した書籍については、購入に適用されるレンタル期間についてもレポートが提供されます。

払い戻しポリシー

Google は購入日から 7 日以内であれば払い戻しリクエストを受け付けますが、たとえば適用される法律に準じて、この期間を超えた払い戻しを検討することもあります。コンテンツまたはサービスに欠陥がある場合を除き、24 時間のレンタル期間で販売された書籍のキャンセルは払い戻しの対象となりません。レンタルまたは購入した Google Play の書籍が説明どおりに動作しない場合は、Google はいつでも払い戻しリクエストを承認していますが、Google Play の書籍が説明どおりに動作しているかどうかの判断は Google 独自の裁量で行われます。また、販売時点でのエラーや、払い戻しリクエストの不正利用など、Google Play の書籍の動作以外の要因が考慮される場合もあります。払い戻しが許可されると、販売取引の打ち消し処理が行われます。ユーザーの Google Play の書籍へのアクセスが停止され、ユーザーにクレジットが払い戻され、貴社のアカウントから代金が差し引かれます(場合によっては、ユーザーが電子書籍リーダーに書籍をダウンロード済みであるために、返金後も Google Play の書籍への限定的なアクセスが保持される可能性があります)。

コピーと貼り付けおよび印刷

出版社は、Google Play のユーザーにコピーと貼り付けを許可するテキスト コンテンツの量を管理できます。ユーザーが書籍を読みながらメモを作成しやすいよう、Google Play で販売する書籍についてはコンテンツの 10% 以上をコピーして貼り付けできるように設定することをおすすめします。また、Google Play で書籍をレンタルする場合は、書籍のコンテンツの 20% 以上をコピーして貼り付けできるように設定する必要があります。

書き込みや切り抜きを想定している書籍、またはコンテンツの利用に物理的なページが必要な書籍については、DRM 設定を無効にしてユーザーが書籍を印刷できるようにする必要があります。このような書籍は DRM が有効になっているとストアから削除されます。次に例を示しますが、これらに限定されません。

  • 塗り絵
  • パズルの書籍
  • 切り抜きを想定している書籍

コンテンツ ポリシー

貴社が Google Play で販売する書籍は、適用される Google Play の書籍に関する出版社向けコンテンツ ポリシーに従う必要があります。貴社は、芸術的、教育的または政治的な目的のない性的内容を示唆するヌードの画像(地域の法律で許可されている場合)を含む書籍のプレビューは閲覧可能な割合を 0% に設定し、さらに現地通貨で 1.00 米ドル相当額以上を課金する必要があります。このような書籍を無料で提供することはできません。

購入者の通貨

貴社は、指定した銀行口座の通貨とは異なる通貨で Google Play の書籍の指定価格を表示することができ、ユーザーは Google Play で貴社の書籍をその通貨で購入することができます(以下、「ユーザー通貨購入取引」と呼びます)。ユーザー通貨購入取引のお支払いは、米ドルまたは指定銀行口座の通貨で電信送金により Google ペイメントを使って行います。使用する通貨は、取引が送信された時点の購入金額(購入者の通貨建て)に適用される為替レートに基づき、Google が随時決定します。たとえば、ベルギーのユーザー向けに Google Play 書籍の価格をユーロで指定し、貴社の銀行口座の所在地が米国である場合、Google は米ドルでお支払いします。計算に使用する為替レートは Google が利用する金融機関によって決定され、市況に応じて予告なく調整される場合があります。その後、ユーザー通貨購入取引が返金、払い戻し、チャージバック、その他調整の対象となった場合、Google は元のユーザー通貨購入取引に適用された為替レートおよび通貨を適用します。Google は、この通貨換算の手数料を徴収する権利を有するものとします。

購入者に表示される Google Play の書籍の価格は、Google Play ストアの裁量に基づき、現地通貨、米ドル、またはユーロで表示されます。貴社において購入通貨での価格を提示できない場合は、アカウントのペイメント センターで通貨換算を有効にすることができます。この機能を有効にすると、貴社が指定した基本通貨の価格が、Google によってその他の通貨に自動換算されます(アカウントによっては、この機能をご利用になれないことがあります)。詳しくは、こちらをご覧ください。

クライアント サービス契約

貴社が、別の会社が出版した書籍の流通業者である場合は、Google との間でクライアント サービス契約を締結する必要があります。クライアントサービス契約により、貴社は各出版社の代理としてデジタル ファイルを提供し、パートナー プログラムおよび Google Play の設定を実行できるようになります。各出版社も、Google との直接契約を締結する必要があります。クライアント サービス プロバイダになる方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Google Play for Education

このサービスが利用できる場合、貴社は選択した書籍を、Google Play for Education を通じて対象ユーザー用の期限付き購入として教育機関に提供できるようになります。Google Play for Education に書籍を追加するには、このサービスで有効になっているすべてのアクセス期間について、価格情報を提供する必要があります。現在、この期間は 60 日、180 日、360 日です。Google Play for Education で書籍を販売するには、貴社はその書籍のコンテンツの 100 % に対してエンドユーザーによるコピー、貼り付け、および印刷を許可する必要があります。

現在、貴社が Google Play for Education での販売を許可した書籍については、アクセス期間に基づき、その電子書籍の正規価格に対する割合で設定した「アクセス制限付き正規価格」を提示できます。

Google Play for Education を通じた購入は(アクセス期間の種類を問わず)購入日から 30 日以内は払い戻しが可能です。ただし、エンドユーザーに配布されていない書籍の払い戻しを許可する権利は常に Google が有するものとします。Google Play for Education の書籍が説明どおりに動作しない場合は、他の書籍販売と同様に、Google はいつでも払い戻しリクエストを承認していますが、Google Play の書籍が説明どおりに動作しているかどうかの判断は Google 独自の裁量で行われます。また、販売時点でのエラーや、払い戻しリクエストの不正利用など、Google Play の書籍の動作以外の要因が考慮される場合もあります。払い戻しが許可されると、販売取引の打ち消し処理が行われます。ユーザーの書籍へのアクセスが停止され、購入金額が払い戻され、貴社のアカウントから代金が差し引かれます。

Google Play for Education での書籍の販売に関するレポートが作成され、パートナー センターからご利用いただけるようになります。このレポートには、販売取引日、販売数、販売時のアクセス制限付き正規価格、収益配分、ISBN、購入に適用されるアクセス期間が記載されています。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。