Google Play ブックスの出版社向けコンテンツ ポリシー

このコンテンツ ポリシーの目的上、「書籍」という用語は電子書籍とオーディオブック コンテンツの両方を指すものとします。

コンテンツ ポリシー

Google のコンテンツ ポリシーは、お客様と提携出版社様の双方がシステムを快適にご利用いただけるようにするうえで重要な役割を果たします。これらのガイドラインを遵守していただきますようご協力をお願いいたします。なお、これらのポリシーを適用するにあたり、芸術、教育、歴史、記録、科学の観点に基づき、またこれ以外にもコンテンツに対する措置を取らないことで公共の福祉に大きく寄与する場合は、例外を設けることがあります。これらのポリシーは変更されることがありますので、最新情報を随時ご確認ください。詳しくは、Google Play 利用規約をご覧ください。

Google のポリシー:

スパムと不正なソフトウェア
Google Play では、スパムや不正なソフトウェアを一切禁止します。スパムには、好ましくない宣伝や商業目的のコンテンツ、好ましくない勧誘、大量の勧誘が含まれますが、これに限定されません。不正なソフトウェア、ウイルス、その他サービスを混乱させたり他人に危害を与えたりするおそれのあるものは、どのようなものでも配布できません。スパムには次のものが含まれますが、これに限定されません。

  • 好ましくない宣伝や商業目的のコンテンツ
  • オンライン上で無料で簡単に見つけられるコンテンツ

パブリック ドメインのコンテンツ
同じ書籍に対して複数のバージョンが存在すると、ユーザーの混乱を招き、価値の区別化が損なわれます。パブリック ドメインの素材は複製が広く行われていることから、限定されたパートナー様を除き受け付けを終了しております。

非独占的コンテンツの配信
Google には複数の関係者から同一の書籍が送信されることがあり、関係者の一部またはすべてがその書籍の出版権を持っている可能性が考えられる場合もあります。Google では著者、出版社、その他の関係者の間で発生するおそれのある紛争を仲裁することはできませんが、無認可のコピーが公開されるのを防ぐという点においては、細心の注意を払っております。同じ書籍が複数あるとユーザーが混乱することから、同一の書籍が存在するものについては否承認とする場合があります。

自分以外の何者かが自分の許可なくコンテンツを公開しているとお考えの場合は、Google の著作権に関するポリシーをご確認ください。

誤解を与えるコンテンツや期待外れのコンテンツ
お客様の誤解を招くコンテンツや質の低いユーザー エクスペリエンスを提供してはなりません。繰り返しユーザーから苦情が寄せられるコンテンツは審査の対象となることがあります。禁止されているコンテンツには次のものが含まれます(ただしこれらに限定されません)。

  • アプリや他の形式のデジタル コンテンツと間違えられやすい書籍
  • 他の書籍の宣伝やその購入を促すことのみを目的としたサンプル
  • 誤解を招くような書籍名、著者、説明、表紙など、既存の書籍と混同されるおそれのあるメタデータ、または書籍の形式に関して混同を招くおそれのあるメタデータ
  • コンテンツ ファイルの品質的な問題によりコンテンツがわかりやすく表示されない書籍
  • 人間ではないと明確に特定できる、機械読み上げのオーディオ コンテンツ

暴力、脅迫、または不快なコンテンツ
暴力やテロリズムを扇動するコンテンツは禁止されています。これには、嫌がらせ、個人に対する身体や生命の安全に関する脅迫、他人に危害を加えることを扇動するコンテンツが含まれます。また、過度に暴力的またはわいせつな画像を含むコンテンツも許可されていません。

悪意のある表現
特定可能または保護されているグループや個人に対する憎悪、暴力、集団虐殺を助長するようなコンテンツは禁止されています。保護されているグループや個人には、特定の民族、種族、国籍(市民権を含む)、宗教、障害、性別、年齢、従軍経験、性的指向、性同一性などの属性が含まれます。

露骨な性描写を含むコンテンツ

許可されているコンテンツ

  • 教育的、芸術的、歴史的、記録的な価値を持つヌード画像
  • 性的描写が露骨なコンテンツ

上記のタイプの性的描写が露骨なコンテンツは許可されていますが、Google は出版社様に、パートナー センターの書籍の [設定] タブでそうしたコンテンツを「成年向け」として設定することを要求しています。

禁止されているコンテンツ

  • 教育的、芸術的、歴史的、記録的な価値をいずれも持たないヌード画像
  • ポルノに関するテキスト
  • タイトルやサブタイトル、説明における露骨な性的表現
  • 説明における露骨な性的表現を含む抜粋
  • 小児性愛や獣姦など違法な性行為を露骨に描写するテキスト
  • 営利目的のポルノ動画サイトへ誘導するコンテンツ

Google では、芸術上、教育上、歴史上、記録上、または科学上考慮すべき事項に基づく場合、または一般の人々にとって別の大きなメリットとなる場合は、例外を設けることがあります。

子どもの安全
Google は児童ポルノに対し、ゼロ トレランス ポリシーを採用しています。 Google Play を使用して児童ポルノを作成、所有、または配布することは一切禁止されています。Google は警察当局と緊密に連携しています。Google は子どもの性的搾取の提供者を報告し、そのような行為を助長するコンテンツはすべて削除します。

個人情報や機密情報
個人情報や機密情報を共有しないでください。Google では、クレジット カード番号、運転免許証や他の免許証番号、その他の一般に公開されていない情報など、人々の個人情報や機密情報などを本人の許可なく販売または公開することは許可していません。ただし、既にインターネット上の別の場所で公開されている情報や公的な記録に記載されている情報は、通常、Google のポリシーでは個人情報や機密情報とみなされません。

違法行為
Google Play で違法な活動を行わないでください。違法な活動の報告を受けた場合、Google のサービスへのアクセス権の削除、Google アカウントの停止、警察当局に報告するなどの適切な措置を取ります。

著作権
著作権法を尊重してください。Google では、著作権を侵害しているとする明確な通知を受けた場合には、それに対し適切な対応をとることをポリシーとしています。著作権などの知的財産権の侵害を繰り返すと、アカウントが停止されます。Google の著作権に関するポリシーをご確認ください。

ポリシーに関する強制措置

Google では、Google サービスの [不正行為を報告] を通じてポリシーの違反行為の報告を受け付けています。報告に対して、Google は次のような措置を取ります。

  • コンテンツを削除する
  • 一部の Google サービスへのアクセスを無効にする
  • 不正行為をしたユーザーの Google アカウントを削除する
  • 違法コンテンツを警察当局に報告する
  • 不正行為をしたユーザーのアカウントからお客様の払い戻し代金を引き落とす

電子書籍のコンテンツ レビュー中に、Google のコンテンツ ポリシーに違反している可能性があると判断された場合、Google は Google Play での検索と Google ブックスでの検索の両方で一時的にプレビューを無効にする可能性があります。

ユーザーが特定のコンテンツを違反または不適切と判断した場合でも、Google がそのコンテンツの削除やその他の措置を行うとは限りません。Google では多様な観点が存在することを理解しており、不正行為の報告をレビューする際にはその点を考慮に入れています。

Google は、Google Play に送付された書籍を随時 Google 独自の裁量で販売しない権利を留保します。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。