[GA4] 接続済みのサイトタグについて

この記事は、Google アナリティクス 4 プロパティの設定中に、既存のユニバーサル アナリティクス タグを再利用する選択肢が GA4 設定ウィザードで表示された、ウェブサイト所有者の方を対象としています。

gtag.js または analytics.js(analytics.js が Google タグ マネージャーなどのタグ管理システム経由で設定されている場合を含む)を使ったユニバーサル アナリティクス プロパティをご利用の場合、GA4 設定アシスタント ウィザードで、既存のタグ(ユニバーサル アナリティクス プロパティが使用しているタグ)を再利用できます。タグを再利用すれば、各ウェブページに手動でタグを追加する必要はありません。再利用は「接続済みのサイトタグ」と呼ばれる機能によって可能になります。

ユニバーサル アナリティクス プロパティまたは接続済みのサイトタグを削除する場合の注意点
ウェブサイトのデータを引き続き GA4 プロパティに送信するには、ユニバーサル アナリティクス プロパティと接続済みのサイトタグの設定を維持する必要があります。
これ以降の記述は、高度な実装を必要とする方が対象になります。

仕組み

接続済みのサイトタグの仕組みについてのポイントをいくつか紹介します。

  • gtag(‘config’, ‘G-XXXXXXXXXX’) の追加呼び出しが行われます(パラメータはありません)。これにより Google アナリティクス 4 のタグコンテナがダウンロードされ、Google アナリティクス 4 プロパティに page_view イベントが自動的に送信されます。
  • 拡張計測機能が有効になっている場合、拡張計測機能イベントは Google アナリティクス 4 プロパティでは自動的に収集されますが、ユニバーサル アナリティクス プロパティでは収集されません。 
    注: analytics.js を使って接続済みのサイトタグを読み込むと、Google アナリティクス 4 では拡張計測機能イベントが無効になります。analytics.js タグを gtag.js(Google タグ)に置き換えることをおすすめします。
  • gtag('event') 経由でユニバーサル アナリティクス プロパティに送信されたイベントは、Google アナリティクス 4 プロパティにも送信されます。
  • 接続済みのサイトタグは、1 つのユニバーサル アナリティクス プロパティで制御される gtag.js スニペットもしくは analytics.js スニペットを使って、または Google タグ マネージャーなどのタグ管理システムを通じて、サイト全体で統一して設定する必要があります。ユニバーサル アナリティクス プロパティで、複数の種類のタグからデータを受け取る場合(analytics.js のタグが設定されているページ、Google タグ マネージャーのタグが設定されているページ、gtag.js のタグが設定されているページがある場合など)は、まずサイトのタグを gtag.js(Google タグ)のみで設定しなおすか、Google タグ マネージャーを使用している場合は GA4 タグを設定することをおすすめします。

考慮事項

接続された Google アナリティクス 4 タグを使用すると、設定済みのタグを変更せずに Google アナリティクス 4 プロパティにデータを送信できます。最善の結果を得るために、gtag.js スニペットもしくは analytics.js スニペットを使って、または Google タグ マネージャーなどのタグ管理システムを通じて、サイト全体で統一してタグを設定する必要があります。さまざまな種類の Google アナリティクス タグを使用すると、レポートに一貫性のないデータが表示される可能性があります。

analytics.js を使用しているページでは、Google アナリティクス 4 のすべての機能を利用できません。analytics.js を使った場合に、Google アナリティクス 4 のタグ管理にどのような影響があるかについて、次にいくつか例を紹介します。

  • 拡張計測機能イベントを利用できない
  • gtag.js API を使った Google アナリティクス 4 のタグの追加設定には厳しい制限があるため、API を使用してコマンドを追加することができない

アナリティクスを最大限に活用できるよう、Google アナリティクス 4 のすべての機能を活用して、ページに Google タグを設定することをおすすめします。

接続済みのサイトタグを追加、削除する

ユニバーサル アナリティクス プロパティにデータが送信されるようにウェブサイト タグを設定した場合は、このタグを再利用して、GA4 プロパティなどの追加のリンク先にデータを送信できます。これはユニバーサル アナリティクス プロパティで行うことができます。

接続済みのサイトタグを追加する

  1. Google アナリティクス アカウントにログインし、ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用していることを確認します。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [プロパティ] 列で [トラッキング情報]、[トラッキング コード] の順にクリックします。
  4. [接続済みのサイトタグ] をクリックします(スクロールが必要な場合もあります)。
  5. [接続済みのタグ] ページで、追加するタグの ID を入力し、必要に応じてタグの名前を入力します。
  6. [接続] をクリックします。

analytics.js を介した接続済みのサイトタグを有効にする

上述の手順で [接続済みのタグ] ページに移動し、Google タグ ID を追加します。analytics.js タグを再利用して Google アナリティクス 4 にデータを送信するには、[analytics.js を介した接続済みのタグを有効にする] チェックボックスをオンにします。

接続済みのサイトタグを削除する

  1. Google アナリティクス アカウントにログインし、ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用していることを確認します。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [プロパティ] 列で [トラッキング情報]、[トラッキング コード] の順にクリックします。
  4. [接続済みのサイトタグ] をクリックします(スクロールが必要な場合もあります)。
  5. [接続済みのタグ] ページで、削除するタグの行に移動し、その他 > [タグを削除] をクリックします。

接続済みのサイトタグが設定されたページに GA4 タグを追加する

GA4 タグを追加したものの、既存の接続済みのサイトタグをページに残したい場合は、GA4 にイベントが正しく送信されるように次のルールに沿って設定します。

  • ページに analytics.js が設定されている場合は、Google タグを、analytics.js タグより前に表示されるようにページ上部に追加します。
    ページには常に、適切に設定した Google タグのインスタンスを 1 つのみ配置しておくことをおすすめします。
  • Google タグ マネージャーを使ってユニバーサル アナリティクス タグを設定する場合は、こちらの手順に沿って GA4 タグを追加します。

以下で説明するように、[ページ上の設定の重複インスタンスを無視します] オプションを有効にします。

「ページ上の設定の重複インスタンスを無視します」

同じタグが同じページに 2 回以上設定されている場合、データが重複したり、設定が混在したりする可能性があります。このオプションを Google アナリティクス 4 プロパティで有効にすると、ページ上の config コマンドの重複インスタンスが無視されます。

  1. [管理] の [データの収集と修正] で、[データ ストリーム] をクリックします。
  2. 設定するデータ ストリームをクリックします。
  3. ページ下部にある [Google タグ] 欄で、[タグ設定を行う] をクリックします。
  4. [Google タグ] 画面で [管理] タブに移動し、[Google タグの管理] を選択します。
  5. [ページ上の設定の重複インスタンスを無視します] を有効にします。
  6. [保存] をクリックします。

この情報は役に立ちましたか?

改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
4126739073097078664
true
ヘルプセンターを検索
true
true
true