広告のパーソナライズを許可する詳細設定

詳細設定を使って広告のパーソナライズを許可する([プロパティ設定])と、サポートされているすべての国や米国の州からアクセスしてくるユーザーに対して、広告のパーソナライズを有効または無効にできます。この設定は今後のデータ収集に適用され、以前に収集されたデータにさかのぼって適用されることはありません。広告のパーソナライズを無効にしても、そのプロパティの分析データを使用した測定やコンテンツのパーソナライズの機能に影響はありません(例: オプティマイズや Firebase での A/B テスト)。

特定の地域で広告のパーソナライズを無効にすると、その場所から収集されたすべてのイベントは、広告のパーソナライズの対象外(パーソナライズされていない広告)としてマークが付けられます。つまり、これらの地域からのコンバージョンは、リンクされた広告アカウントにエクスポートされた場合でも、広告のパーソナライズの対象外としてマークされるということです。また、無効な地域からエンドユーザーがアクセスした場合、すでにエクスポートされているリストには影響しませんが、リンク済みの広告アカウントにエクスポートされている可能性があるリストには追加されません。

プロパティで収集されたすべてのイベントと、そのデータに基づくユーザーリストを、アナリティクス内でのレポート、分析、ユーザーリスト作成に使用したり、オプティマイズなどの非広告向けのサービスにエクスポートしたりすることはできます。

この設定は、以下を設定している場合でも有効です。

  • ユーザーリストやコンバージョンのインポートやエクスポートを容易にする、広告サービスやその他のサービスとの統合
  • 広告のパーソナライズに関するイベントとユーザー プロパティの追加や除外
  • 収集時に、パーソナライズされていない広告として特定のイベントを手動(またはこの管理機能の影響を除く)で識別

プロパティ データを広告のパーソナライズでの使用から除外するには

アプリ + ウェブ プロパティの場合

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [プロパティ] 列で [データ設定] > [データ収集] をクリックします。
  4. [広告のパーソナライズを許可する詳細設定] で、パネルを展開します。
  5. 設定 をクリックします。
  6. 除外する地域ごとにスイッチをオフにし、[適用] をクリックします。

ウェブ プロパティの場合

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックします。
  3. [プロパティ] 列で [トラッキング情報] > [データ収集] の順にクリックします。
  4. [広告のパーソナライズを許可する詳細設定] で、パネルを展開します。
  5. 設定 をクリックします。
  6. 除外する地域ごとにスイッチをオフにし、[適用] をクリックします。

プロパティ データを広告のパーソナライズに使用することを許可するには

上記の手順に従い、スイッチをオンにします。

広告のパーソナライズに関するその他の管理機能

プロパティ内のすべてのイベントではなく、単一のイベントやユーザー プロパティに対して広告のパーソナライズを無効にする場合は、以下の管理機能を利用することをおすすめします。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。