この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] BigQuery Export

 

BigQuery は、大規模なデータセットに対しパフォーマンスの高いクエリを実行できるクラウドデータ ウェアハウスです。

すべてのイベントを Google アナリティクス 4 プロパティから BigQuery にエクスポートし、SQL タイプの構文を使ってそのデータにクエリを発行できます。BigQuery では、アナリティクスのデータとの統合を目的に、データを外部ストレージにエクスポートすることや、外部データをインポートすることが可能です。

データを BigQuery にエクスポートすると、そのデータの所有者になり、BigQuery ACL を使用して、プロジェクトやデータセットの権限を管理できます。

1 日 1 回、すべてのデータのエクスポートが行われます。さらに、データのエクスポートは 1 日を通して継続的に実行されます(詳しくは下記の「ストリーミング エクスポート」をご覧ください)。

Google アナリティクス 4 プロパティから BigQuery にデータをエクスポートする際に、料金は発生しません。BigQuery の無料インスタンス(BigQuery サンドボックス)にエクスポートできますが、サンドボックスの制限を超えるエクスポートを行う場合には料金が発生します

ストリーミング エクスポート

ストリーミング エクスポートは、Google アナリティクス 4 プロパティを BigQuery にリンクした場合に選択できます。

BigQuery ストリーミング エクスポートでは、BigQuery Export を介して当日のデータを数分以内に入手できます。

このエクスポート オプションを使用すると、BigQuery に最新のデータを読み込んで、ユーザーとプロパティのトラフィックを分析できます。

ストリーミング エクスポートでは、毎日新しいテーブルが 1 つ作成されます。

  • events_intraday_YYYYMMDD: 内部ステージング テーブルです。このテーブルには、その日に発生したセッション アクティビティのレコードが保持されます。ストリーミング エクスポートはベスト エフォート型の処理であり、イベントの遅れやアップロードの失敗などにより、データに漏れが生じる場合もあります。データは 1 日を通して継続的にエクスポートされます。セッションが複数のエクスポート周期にまたがっていると、テーブルにはそのセッションのレコードが複数保存されることがあります。このテーブルは、events_YYYYMMDD の作成が完了すると削除されます。

BigQuery Export の設定時に日次オプションを選択した場合、次の表も毎日作成されます。

  • events_YYYYMMDD: 1 日に 1 回、すべてのイベントがエクスポートされます。

その日の安定したデータセットを分析できるよう、クエリでは、events_intraday_YYYYMMDD ではなく events_YYYYMMDD を使用するようにしてください。

BigQuery のストリーミング エクスポートには、新規ユーザーについては次のユーザー アトリビューション データは含まれません。

  • traffic_source.name(レポート ディメンション: ユーザーのキャンペーン)
  • traffic_source.source(レポート ディメンション: ユーザーの参照元)
  • traffic_source.medium(レポート ディメンション: ユーザーのメディア)

既存ユーザーのユーザー アトリビューション データは含まれていますが、そのデータの処理が完了するまでには約 24 時間かかります。このため、ユーザー アトリビューション データはストリーミング エクスポートに頼らず、1 日ごとの完全エクスポートから取得することをおすすめします。

関連資料

次の事項の詳細については、BigQuery のデベロッパー ガイドをご確認ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false