[GA4] イベント

ウェブサイトまたはアプリでのユーザー操作を測定する

イベントを使用すると、ウェブサイトまたはアプリで行われた個別のユーザー操作を測定できます。たとえば、ページの読み込みやリンクのクリック、購入の完了はすべてイベントで測定できる操作です。

ユニバーサル アナリティクスから移行する場合は、こちらの移行ガイドをご確認ください。

アクティビティのタイプ

次の種類のイベントは自動的に収集されます。

  • 自動収集イベントは、ウェブサイトに Google タグまたはタグ マネージャー スニペットを設定するか、アプリで Firebase 向け Google アナリティクス SDK を設定している場合に、Google アナリティクスによってデフォルトで収集されるイベントです。詳細
  • 拡張計測機能イベントは、Google アナリティクスで拡張計測機能が有効になっている場合に、Google アナリティクスによってウェブサイトから収集されるイベントです。詳細

次の種類のイベントをアナリティクスで収集するには、実装が必要となります。

  • 推奨イベントは、ご自身で実装するものの、事前に定義された名前とパラメータを持つイベントです。このイベントでは、既存のレポート機能と今後追加されるレポート機能を利用できます。詳細
  • カスタム イベントは、お客様が定義するイベントです。カスタム イベントを作成するのは、他のイベントがお客様のユースケースで機能しない場合に限られます。カスタム イベントは、ほとんどの標準レポートに表示されないため、有意な分析を行うにはカスタム レポートまたはデータ探索ツールを設定する必要があります。詳細

イベントを確認する方法

トリガーされたイベントは、リアルタイム レポートの「イベント名別のイベント数」カードと DebugView レポートの Seconds ストリーム(中央の列)で確認できます。

アナリティクスでイベントデータが処理されると、エンゲージメント トピックのイベント レポートと左側のナビゲーションにある [設定] > [イベント] で表示されるレポートでイベントを確認できるようになります。

また、データ探索ツールBigQueryData API を使用してイベントデータを表示することもできます。

イベントのバッチ処理

ウェブサイトまたはアプリでトリガーされるイベントのほとんどは、1 件ずつ送信されるのではなく、グループ化(またはバッチ処理)されます。

ただし、次のような状況ではイベントはバッチ処理されません。

  • コンバージョン イベントは、バッチに含まれる場合でも即時に送信されます
  • デバッグモードでのコンテナの読み取りでは、リアルタイムで確認できるようにするため、イベントはバッチ処理されません
  • お客様のデバイスで保持されるイベントは、ユーザーがページから離れた時点で送信されます
  • sendBeacon API をサポートしていないブラウザ環境では、すべてのイベントが即時に送信されます

: ユーザーのデバイスがオフラインになった(例: モバイルアプリの使用中にインターネットの接続が切れた)場合、イベントデータはデバイスに保存され、オンラインへの復帰後に送信されます。ただし、イベントが発生して 72 時間以上経過してから送信されたイベントは無視されます。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

次の手順をお試しください。

false
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false
false