この記事では、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明します。ユニバーサル アナリティクス プロパティを使用している場合は、ヘルプセンターのユニバーサル アナリティクスのセクションをご覧ください。

[GA4] User-ID によるクロスプラットフォーム分析

自社で生成したユーザー ID をアナリティクスのプロパティに送信する
ウェブサイトからのデータ収集を開始するための測定 ID をお探しの場合は、こちらの記事をご覧ください。

User-ID 機能を実装すると、デバイスやプラットフォームをまたいでユーザーのセッションやアクティビティを測定することができます。この場合、ログイン済みの自社ユーザーに割り当てる一意の ID をアナリティクスに送信していただくことになります。User-ID を使用すれば、ユーザー数のカウント精度が向上し、ログイン中のユーザー エクスペリエンスを分析できるほか、複数のタッチポイントを横断してユーザー単位で行動を把握することが可能です。

たとえば、ウェブサイトとアプリの両方を運営していて、モバイル ユーザーがスマートフォンとタブレットの両方からアプリにアクセスするような複雑な利用形態であっても、User-ID を使用すれば、各ユーザーの行動データを統一的なユーザー ジャーニーとして参照することができます。

この記事の内容:

User-ID を実装する

User-ID を実装する流れは次のとおりです。

  1. サイトやアプリでユーザー ID を生成します。
  2. ユーザー ID を Google アナリティクスに送信します。
  3. 目的の Google アナリティクス プロパティで、レポート ID として User-ID が使用されていることを確認します。

1)ユーザー ID を生成する

一意な匿名 ID の生成は、ウェブサイトやアプリのログイン プロセスを通して行うことが一般的です。ユーザーを一意に識別したうえで、その情報を匿名化するような処理になっている必要があります。

個人を特定できる情報(PII)を含むユーザー ID は使用できません。

2)ユーザー ID を Google アナリティクスに送信

匿名化されたユーザー ID を Google アナリティクスに渡す方法は、データの取得元がウェブサイトかアプリ(アプリの場合は、iOS か Android)かによって異なります。

ウェブサイトの場合、グローバル サイトタグ(gtag.js)JavaScript ライブラリまたは Google タグ マネージャーを使用できます。

gtag.js を使った例

<script>
    gtag('config', 'G-XXXXXXXX', {'user_id': 'USER_ID'});
    gtag('set', 'user_properties', { 'crm_id' : 'USER_ID' });
</script>

この例で、USER_ID はサイトまたはアプリによって生成された、個人を特定できないユーザー ID です。

gtag('config' メソッドによって、ユーザー ID が Google アナリティクス 4 プロパティに渡され、クロスデバイス レポートに使用されます。「G-XXXXXXXX」は実際の測定 ID に置き換えてください。

gtag('set'メソッドは、ユーザー ID をユーザー プロパティに割り当て、レポートやデータ探索に使用できるようにしています。

Cookie とユーザー ID の設定について

Google タグ マネージャーを使った例

Google アナリティクス 4 設定タグを使って user_id フィールドを作成し、ユーザー ID を返すタグ マネージャー変数から値を取得するようにします。

iOS および Android

SDK を使用してアプリに User-ID を実装するには、iOS または Android 向けの手順をご確認ください。

3)デフォルトのレポート ID を確認する

目的の GA4 プロパティが、レポート ID として User-ID を使用できる設定になっていることを確認します。

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックして、編集するプロパティに移動します。
  3. [プロパティ] 列で [デフォルトのレポート ID] をクリックします。
  4. [User ID、Google シグナル別、次にデバイス別] または [User ID、デバイス別] を選択します。

詳しくは、レポート ID についての記事をご覧ください。

User-ID でできること

ログインしているユーザーとログインしていないユーザーを比較する

ページとイベントをユーザー ID に関連付けると、ログインしているユーザーとログインしていないユーザーの行動を比較できるようになります。

「ユーザー ID でログイン済み」ディメンションと「ディメンション値 = yes」を含む比較

ユーザー、新しいユーザー、平均エンゲージメント時間、収益について、ログイン済みユーザーとログインしていないユーザーを比較したレポート

詳しくは、比較を作成する方法に関する記事をご覧ください。

レポートとデータ探索でユーザー ID を確認する

user_id は予約済みのプロパティ名のため、レポートやデータ探索で直接アクセスすることはできません。代わりに、作成したユーザー識別子を別のパラメータ(例: crm_id)を使って送信し、範囲が「ユーザー」のプロパティを持つカスタム ディメンションにそのパラメータを格納します。

ユーザー識別子を GA4 プロパティに送信するには、先ほどのコード例を使用します。

    gtag('set', 'user_properties', { 'crm_id' : 'USER_ID' });
 
次に、ユーザー ID をカスタム ディメンションに格納します。方法は次のとおりです。
 
  1. 左側のナビゲーションで、[設定]、[カスタム定義] の順にクリックします。
  2. 右側の [カスタム ディメンションを作成] をクリックします。
  3. ディメンション名を入力します(例: 「User ID」)。
  4. 範囲を「ユーザー」に設定します。
  5. 説明を入力します(任意)。
  6. ユーザー プロパティの名前を入力します(例: 「crm_id」)。
  7. [保存] をクリックします。

名前を「User ID」、範囲を「ユーザー」、ユーザー プロパティを「user_id」に設定してカスタム ディメンションを作成

これで、他の項目と同様にこのディメンションをレポートやデータ探索に追加できます。

詳細: カスタム ディメンション

ユーザーデータ探索

ユーザーデータ探索には、既存のセグメントを構成するユーザーや、他のデータ探索手法の使用により生成された一時的なセグメントを構成するユーザーが表示されます。リストをドリルダウンすると、個々のユーザーに関する詳しい情報(そのユーザーを獲得した方法と時期、そのユーザーのサマリー指標、サイトやアプリでのユーザー行動のタイムラインなど)を確認できます。

詳しくは、ユーザーデータ探索をご覧ください。

User-ID データに基づいてリマーケティング オーディエンスを作成する

ユーザー ID に基づいてリマーケティング オーディエンスを作成できます。Google アナリティクスと Google 広告のアカウントをリンクしている場合、作成したオーディエンスは Google 広告の共有ライブラリからも利用できます。

User-ID を使用している場合、Google アナリティクスが出力する情報に含まれるのは、各ログイン済みユーザーと最後に関連付けられたデバイスのデバイス ID とユーザー ID のみです。

User-ID を使用していない場合、アナリティクスから Google 広告にエクスポートされるオーディエンス情報には、すべてのデバイス ID とユーザー ID が含まれます。

詳しくは、オーディエンスの作成と編集をご覧ください。

User-ID の収集が不完全なセッションの扱い

ユーザーはサイトやアプリで、ログイン前やログアウト後にイベントを発生させることがあります。ログイン前に発生したイベントは、その後ユーザーがログインすれば、セッション ID を介してログイン時のユーザー ID と関連付けられます。ログアウト後に発生したイベントは、ユーザー ID と関連付けられることはありません。ユーザーがログアウトした時点で、イベントとユーザー ID との関連付けは停止します。

ユーザーが、ユーザー ID との関連付けがない状態でセッションを開始し、イベント 1 とイベント 2 を発生させたとします。この時点では、これらのイベントにユーザー ID は関連付けられていません。

次に、ユーザーがログインしたうえで、イベント 3 を発生させたとします。この時点で、イベント 1~3 がすべてそのユーザーの ID と関連付けられます。

最後に、ユーザーがログアウトしたうえでイベント 4 を発生させたとします。イベント 4 にはユーザー ID が関連付けられません。イベント 1~3 はそのユーザーに関連付けられたままとなります。

User-ID の制限事項

ガイドラインとポリシーが適用されます

User-ID は Google アナリティクス用に構築された機能です。この機能の実装については、すべて、アナリティクス SDK と User-ID 機能に関するポリシーが遵守されている必要があります。

ユーザー ID の文字制限

Google アナリティクスに送信するユーザー ID は、256 文字以下の Unicode 文字でなければなりません。

User-ID は過去のデータには適用されない

User-ID 機能を実装するまでは、User-ID によるデータの表示は行われません。実装前に収集、記録されたアナリティクス アカウントのデータを再処理してユーザー ID に関連付けることはできません。

プロパティをまたいで User-ID データを結合することはできない

あるプロパティで収集された User-ID データを、別のプロパティのデータと共有したり混合したりすることはできません。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
検索
検索をクリア
検索を終了
Google アプリ
メインメニュー
ヘルプセンターを検索
true
69256
false