Google アナリティクスの広告向けの機能または広告のパーソナライズを動的に無効にする

広告向けの機能(リマーケティング機能や広告レポート機能など)、または広告のパーソナライズを有効にしたり無効にしたりするには、プロパティの設定を変更する方法が推奨されています。

ただし、広告のパーソナライズ目的でデータを使用しないようユーザーが指定した場合など、特定のページ読み込みやセッションで個別に広告向けの機能を無効にしたい場合は、広告向けの機能を利用できる任意のバージョンのアナリティクス トラッキング コードを変更します。

有効な Google シグナルがある場合は、広告向けの機能を無効にすると Google シグナルも無効になります。

以下の項目では、広告向けの機能を有効にした方法がプロパティ設定かトラッキング コードかにかかわらず、プログラムで無効にする方法について説明します(プログラムによるそれぞれの有効化の手順についても参照用に記載しています。詳しくは、こちらのドキュメントをご覧ください)。アプリで広告向けの機能を有効にしている場合は、こちらの手順で広告向けの機能または広告のパーソナライズを有効にすることもできます。

2020 年 7 月 16 日より前にallow_ad_personalization_signalsfalse に設定すると、広告向けの機能がすべて無効化されます。2020 年 7 月 16 日を過ぎると、ユニバーサル アナリティクスのプロパティで allowAdPersonalizationSignalsfalse に設定、またはアプリ + ウェブ プロパティで allow_ad_personalization_signalsfalse に設定しても、Google アナリティクス プロパティで有効化されている広告レポート機能には影響しなくなります。この設定では、Google アナリティクスで該当するヒット数をカウントする際に、広告のパーソナライズ機能で収集されるデータは除外されます。

Google タグ マネージャーで無効にする

Google アナリティクス タグが Google タグ マネージャーで設定されている場合に、広告向けの機能または広告のパーソナライズを無効にするには、タグまたは設定変数の [設定するフィールド] で allowAdFeatures または allowAdPersonalizationSignals false に設定します。

広告のパーソナライズを無効にする

ユニバーサル アナリティクスの実装

  1. 該当するユニバーサル アナリティクス タグまたは Google アナリティクス設定変数を開きます。タグに Google アナリティクス設定変数を使用している場合は、変更は設定変数のみで行えます。設定をオーバーライドする必要がある場合は、タグごとに行ってください。
  2. [その他の設定] > [設定するフィールド] で、[+ フィールドを追加] を選択します。
  3. [フィールド名] に「allowAdPersonalizationSignals」と入力します。
  4. [値] に「false」と入力します(または、条件付きで false を返す変数を選択します)。

アプリ + ウェブの実装

  1. 該当するアプリ + ウェブの設定タグを開きます。
  2. [その他の設定] > [設定するフィールド] で、[+ フィールドを追加] を選択します。
  3. [フィールド名] に「allow_ad_personalization_signals」と入力します。
  4. [値] に「false」と入力します(または、条件付きで false を返す変数を選択します)。

広告向けの機能をすべて無効にする

ユニバーサル アナリティクスの実装

  1. 該当するユニバーサル アナリティクス タグを開きます。タグに Google アナリティクス設定変数を使用している場合は、変更は設定変数のみで行えます。設定をオーバーライドする必要がある場合は、タグごとに行ってください。
  2. [その他の設定] > [設定するフィールド] で、[+ フィールドを追加] を選択します。
  3. [フィールド名] に「allowAdFeatures」と入力します。
  4. [値] に「false」と入力します(または、条件付きで false を返す変数を選択します)。

アプリ + ウェブの実装

  1. 該当するアプリ + ウェブの設定タグを開きます。
  2. [その他の設定] > [設定するフィールド] で、[+ フィールドを追加] を選択します。
  3. [フィールド名] に「allow_google_signals」と入力します。
  4. [値] に「false」と入力します(または、条件付きで false を返す変数を選択します)。
Google タグ マネージャーで有効にする

ディスプレイ リマーケティングと広告レポート機能を有効にするには、アナリティクスでプロパティ設定を変更してください。

プロパティ設定でこのボタンがオンになっている一方で、タグの広告向けの機能が無効になっており、(ユーザーの同意を得た後などに)再びこの機能を有効にする場合、タグ単位で無効の設定を取り消すことができます。これによりそのユーザーに対して広告向けの機能が「再有効化」されます。

gtag.js で無効にする

gtag.js を使用して広告のパーソナライズのみを無効にするには、config コマンドの前に allow_ad_personalization_signalsfalse に設定します。

gtag('set', 'allow_ad_personalization_signals', false);

gtag.js を使用して広告向けの機能をすべて無効にするには、config コマンドの前に allow_google_signalsfalse に設定します。

gtag('set', 'allow_google_signals', false);

特定のサービスのみで広告のパーソナライズを無効にする方法などについて詳しくは、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

gtag.js で有効にする

現時点では、gtag.js のコードでディスプレイ リマーケティングと広告レポート機能を有効にすることはできません。gtag.js を使用していてディスプレイ リマーケティングと広告レポート機能を有効にする場合は、アナリティクスでプロパティ設定を変更してください。

プロパティ設定でこのボタンがオンになっている一方で、タグの広告向けの機能が無効になっており、(ユーザーの同意を得た後などに)再びこの機能を有効にする場合、タグ単位で無効の設定を取り消すことができます。これによりそのユーザーに対して広告向けの機能が「再有効化」されます。

analytics.js で無効にする

analytics.js を使用して広告のパーソナライズのみを無効にするには、allowAdPersonalizationSignalsfalse に設定します。

ga('set', 'allowAdFeatures', false);create コマンドの後、ヒットを送信する前に追加します。

analytics.js を使って広告向けの機能をすべて無効にするには、allowAdFeaturesfalse に設定します。

ga('set', 'allowAdFeatures', false);create コマンドの後、ヒットを送信する前に追加します。

analytics.js で有効にする

ユニバーサル アナリティクスで上記の機能を有効にするには、次の例のように、既存のトラッキング コードの 'create' コマンドと 'send' コマンドの間に行を追加します(ハイライト表示された部分)。

<script>
(function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
(i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
})(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');
ga('create', 'UA-XXXXXX-XX', 'example.com');

ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');
</script>

ga.js で無効にする

プロパティの設定を一時的に変更し、広告レポート機能を無効にするには:

_gaq.push(['_set', 'displayFeatures', false]);create コマンドの後、ヒットを送信する前に追加します。

ga.js で有効にする

ga.js を使用している場合は、この例のハイライト表示された部分のコードを置き換えて、標準のアナリティクスのリマーケティングと広告レポート機能を有効にすることができます。

標準のトラッキング コード

<script type="text/javascript">
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxx-y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;

ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://ssl' : 'http://www') + '.google-analytics.com/ga.js';
var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

 

以下の例で、ハイライト表示されているコードをご覧ください。

これらの機能が有効になるよう変更したコード

<script type="text/javascript">
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push(['_setAccount', 'UA-xxxxx-y']);
_gaq.push(['_trackPageview']);
(function() {
var ga = document.createElement('script'); ga.type = 'text/javascript'; ga.async = true;
ga.src = ('https:' == document.location.protocol ? 'https://' : 'http://') + 'stats.g.doubleclick.net/dc.js';
var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
</script>

Measurement Protocol で無効にする

Measurement Protocol を使用して Google アナリティクスにデータを送信する場合は、そのデータが広告のパーソナライズに使用されないようにフラグを設定できます。詳しくは、Measurement Protocol のデベロッパー向けドキュメントをご覧ください。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。

さらにサポートが必要な場合

問題を迅速に解決できるよう、ログインして追加のサポート オプションをご利用ください。