検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

Google アナリティクスのサンプリングと処理がリマーケティング ユーザーリストに与える影響

サンプリング

リマーケティング ユーザーリストを定義すると、条件の選択に応じて、ユーザーがユーザーリストに追加されます。定義したユーザーリストを AdWords と共有することで、リマーケティング広告の掲載対象となるユーザーリストが AdWords に設定されます。

レポートクエリを高速化するためにアナリティクスでサンプリングが適用されても、サンプリングがリマーケティング ユーザーリストに影響を与えることはありません。サンプリング後も、アナリティクスにはすべてのデータが保持されます。レポートの情報は、データセット全体のサンプルですが、ユーザーリストはすべてのデータから取得されます。

ただし、_setSampleRate(ga.js や dc.js)または sampleRate(analytics.js)でサンプリングを適用する場合、数パーセントのユーザーは、必ず Google アナリティクス データから除外されるため、リマーケティング ユーザーリストに含まれるユーザーもそれに応じて除外されます。

処理

リマーケティング ユーザーリスト(AdWords のリマーケティング リスト)を適切に処理するために、Google アナリティクスではユーザーリストを 2 つのクラスに分けて、リアルタイムまたは 1 日 1 回の頻度でヒットデータを処理します。Google アナリティクスではプロパティ単位でリマーケティング ユーザーリストを処理するため、プロパティに含まれるすべてのユーザーリストは同じスケジュールに従って処理されます。

リアルタイム処理

リマーケティングを有効にすると、180 日の猶予期間が始まります。この猶予期間中は、Google アナリティクス プロパティのすべてのリマーケティング ユーザーリストがリアルタイムで処理されます。

新しいリマーケティング ユーザーリストを作成すると、180 日の猶予期間が始まります。この猶予期間中は、Google アナリティクス プロパティのすべてのリマーケティング ユーザーリストがリアルタイムで処理されます。

有効な AdWords キャンペーンをターゲットに設定しているリマーケティング ユーザーリストが、Google アナリティクス プロパティに 1 つ以上含まれる場合、そのプロパティのすべてのリマーケティング ユーザーリストがリアルタイムで処理されます。

180 日の猶予期間も用意されており、プロパティのすべてのリマーケティング ユーザーリストがリアルタイムで処理されます。この処理は、有効な AdWords キャンペーンでユーザーリストがターゲットに設定された最後のタイミングで開始されます。

日次処理

プロパティに含まれるすべてのユーザーリストが、有効な AdWords キャンペーンで 180 日を超えてターゲットに設定されていない場合、そのユーザーリストは 1 日に 1 回処理されます。

処理がリストサイズに与える影響

検索広告向けリマーケティング リストとして使用されるユーザーリストとディスプレイ広告で使用されるユーザーリストは、ユーザーの登録に関して異なる条件が適用されるため、ユーザー数が大幅に異なる場合があります。

検索広告

検索広告向けリマーケティング リストとして使用されるユーザーリストは、Google のプライバシー ポリシーによってユーザーの追加期間が制限されています。

  • リアルタイムで処理されるユーザーリストには、ユーザーが適切に登録されます。Google のプライバシー ポリシーによって制限された期間内にユーザーを追加できるためです。
  • 1 日に 1 回処理されるユーザーリストには、ユーザーが登録されません。Google のプライバシー ポリシーによって制限された期間内にユーザーを追加できないためです。

ディスプレイ広告

ディスプレイ キャンペーンで使用されるリマーケティング ユーザーリストは、このプライバシー ポリシーによる制限が適用されないため、リアルタイム処理か日次処理かに関係なく、ユーザーが適切に登録されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。