検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー
true

Tag Assistant Recordings を使用する

Google Tag Assistant Recordings のイントール、設定、使用方法を学びます。
この記事の内容:

Google Tag Assistant のインストールとアンインストール

Google Tag Assistant Recordings は、Chrome 拡張機能である Google Tag Assistant の機能です。

こちらから Google Tag Assistant を入手してください。

インストールが完了したら

インストールが完了したら、Google Tag Assistant アイコンが Chrome ブラウザの拡張機能バーに表示されます。Google Tag Assistant Recordings icon

今後は、アクセスしたすべてのページのタグが Google Tag Assistant によって分析されます。アイコンは、この機能によって検出されたタグに応じて色が変わったり、数が表示されたりします。たとえば、エラーがある 1 つのタグが設定されているページでは、アイコンは赤くなり「1」が表示されます。Google Tag Assistant Recordings icon with error

Google Tag Assistant は、ウェブ利用状況をトラッキングすることはありません。アクセス中のタグを検証し、その結果を表示するだけです。他のユーザーにその結果を知られることはありません。詳しくは、Google Tag Assistant Recordings についての記事のプライバシーに関するセクションをご覧ください。

Google Tag Assistant をアンインストールまたは無効にする

Google Tag Assistant 拡張機能をアンインストールするには、アイコンを右クリックして、[Chrome から削除] を選択します。別の方法として、Chrome の [拡張機能] ページで削除または無効にする方法は次のとおりです。

  1. [ウィンドウ] > [拡張機能] を選択します。
  2. [Tag Assistant(by Google)] を見つけます。
  3. [有効] チェックボックスをオフにして、拡張機能を無効にします。ゴミ箱のアイコンをクリックすると、削除されます。

フローを記録する

フローを記録することで、サイトの Google アナリティクス トラッキングが適切に機能しているかどうかを検証できます。記録するフローには重要なステップが含まれるようにしてください。ステップは、通常、お客様のサイトのページの読み込みから始めますが、ユーザーをサイトへのアクセスに導く別のサイト(サイトにリンクしている広告が表示されるサードパーティのサイトや google.com など)の読み込みから始めることもできます。e コマースサイトを運営している場合、商品を選択し、注文を確定し、支払いを処理するまでに必要な操作を行ってページを移動していきます。サイトの目的が見込み顧客の獲得の場合、ニュースレターの購読登録までを再現します。

記録を始める前に、記録を開始するページを選びます。お客様のサイトのページから始めることも可能ですが、Google 検索、Facebook、Yahoo! など、サイトへのリンクのあるサードパーティのサイトから始めることも可能です。記録を開始したら、表示中のページを再読み込みします。これにより、Google Tag Assistant Recordings が表示中のページのタグと操作の情報を取得することができます。記録するフローのすべてのステップを実行します。最後まで実行したら、記録を終了し、Google Tag Assistant Recordings のレポートで結果を表示します。

記録を開始する

  1. Chrome の拡張機能ツールバーで Google Tag Assistant のアイコンをクリックします。
  2. [Google Tag Assistant] ウィンドウの左下にある [Record] をクリックします。
  3. Google Tag Assistant のアイコンに、記録中であることが示されます。
  4. フローのステップを開始します。

フロー中のステップで新しいタブやウィンドウにページが開く場合、[Follow recording when link opens a new tab] チェックボックスをオンにします。オンにしないと、新しいタブやウィンドウで開いたページでは記録されず、記録を続行したり終了したりするのに元のタブやウィンドウに戻らなければならなくなります。

記録を終了する

  1. Chrome の拡張機能ツールバーで Google Tag Assistant のアイコンをクリックします。
  2. [Google Tag Assistant] ウィンドウの左下にある [STOP] をクリックします。

記録を終了すると、[Google Tag Assistant Recordings] ウィンドウに [Analysis Report] が表示されます。このレポートには、記録されたページ数と配信されたタグ数の概要が表示されます。

[Show Full Report] をクリックすると、記録の詳細が表示されます。確認したい詳細レポートを選択します。

[Resume Recording] をクリックすると、さらに記録を追加することができます。

Tag Assistant Report

[Tag Assistant Report] には、記録中にアクセスしたページで配信されたタグがすべて表示されます。左側のパネルにあるコントロールを使用すると、次のことが行えます。

Filter Tags

アカウントのチェックボックスをオンにすると、レコード中に取得されたそのアカウントのタグが表示され、オフにすると非表示になります。

Details

[Detailed View] を選択すると、レポートのタグセクションに Google アナリティクスのトラッキング コードのバージョンや Cookie 情報など追加情報が表示されます。

ページやタグを展開または折りたたむ

プラスのアイコンをクリックすると、アクセスしたページやタグの詳細が表示され、マイナスをクリックすると非表示になります。Expand iconCollapse icon

Show / hide ignored requests

個々の問題やページ全体を考慮しないことにした場合は、このコントロールを使って非表示にできます。

ページ全体を考慮しないことにした場合、[Page load] カードにカーソルを置き、マイナス アイコンをクリックします。個々の問題を考慮しないことにした場合、詳細セクションで考慮しない問題の横のマイナス アイコンをクリックします。

ページを非表示にしても、処理は継続され、[Analytics report] には表示されます。

Recorded Pages

レポート画面の中心には、カードが表示されます。個々のカードには、記録中に訪問した各ページで見つかったタグの詳細が表示されます。プラスアイコンをクリックするとカードが開き、検出されたエラーなどページの詳細が表示されます。

Page load パネルの詳細

[Page load] パネルには、次の項目があります。

項目 意味
URL 読み込まれたページの URL。
Time ページが読み込まれた日付と時間。
Tags そのページで見つかったタグの数。その他、見つかったエラーの数も表示されます。エラーの数には、重大なエラーの数だけが含まれており、警告や提案は含まれません。
Page Load ページの読み込みにかかった時間。

タグの詳細とメッセージ

記録されたページで見つかったすべてのタグが、その詳細と共に表示されます。タグとその問題についてのメッセージは、見つかった問題に応じて色分けされています。

  • 緑色: タグに問題がないことを示しています。
  • 青色: 軽度の設定エラーや、サイトのタグ設定に改善案があることを示しています。
  • 黄色: 結果データに影響を与える可能性があることを警告しています。
  • 赤色: タグに重大な設定問題があることを示しています。タグが正常に機能していないため、レポートのデータが不正確になったり、欠落したりする可能性があります。

問題についてのメッセージにカーソルを合わせると、ツールチップが表示され、メッセージの詳細を確認できます。さらに詳細が必要な場合は、? (ヘルプ)アイコンをクリックします。マイナス アイコンをクリックすると、この問題が非表示になります。

Analytics report

[Analytics report] タブをクリックすると、Google アナリティクスに関する記録結果が表示されます。このレポートには、そのビューのレポートに表示される記録データの概算値が表示され、Google アナリティクス設定についての詳細分析を確認できます。レポートにデータを表示するには、プロパティやビューへのアクセス権限が必要です。

[Analytics report] には、次のような問題やそれ以外の問題も表示されます。

  • AdWords ID の欠落
  • ドメイン間でのセッションの中止
  • ヒット制限の超過
  • ページのヒット送信の遅れ
  • ヒットの重複
  • 無効なカスタム ディメンション、指標、変数
  • タグが欠落しているページ
  • 無効なイベント
  • コンバージョンの欠落
  • User ID の欠落
  • 無効なフィルタ
  • 無効な目標

アラートとその意味についてのリストをご覧ください。

左側のパネルにあるコントロールを使用すると、次のことが行えます。

Update

Google アナリティクス設定についての、現在読み込まれている記録を再実行します。サイトや Google アナリティクス変更を加えてから再実行すると、その変更が収集されたヒットにどのように影響するかをすぐに確認することができます。

Choose Property & Views

レポートに表示する Google アナリティクスのプロパティやビューを選択します。

Change Location

選択中の場所情報を表示します。別の場所を設定するには、[Change] をクリックして、IP アドレスや地理的な場所を入力します。または、場所を使用しないことを選択することもできます。この機能を使うことで、IP アドレスに基づくフィルタなど、位置情報に基づく設定をテストすることができます。

Open Recording

記録を HARZ ファイルからインポートします。

HAR(HTTP アーカイブ)形式は、HTTP セッション情報を記録する標準の形式です。HARZ は、HAR の圧縮ファイルです。このファイル形式で、Google Tag Assistant Recordings セッションを保存します。Chrome 以外のブラウザでは、HttpWatch ユーティリティを使って HAR ファイルを作成することができます。

注: 記録をインポートすると、[Analytics report] タブに現在表示されているレコードが、インポートした記録に更新されます。

Save recording

現在の記録を HARZ ファイルに保存します。

現在のレポートをプリンタに送信します。

Details

[Details] セクションのコントロールを使うと、レポートの [Flow] セクションで情報タイプを展開したり折りたたんだりできます。たとえば、[+ Page Loads] をクリックすると、[Flow] セクションでページ読み込みの詳細情報を展開できます。[- Page Loads] をクリックすると、詳細情報を折りたたむことができます。

Jump to

レポートの各セクションに移動します。

Analytics report について

[Analytics report] には、いくつかのセクションがあります。名前を見ると内容がだいたいわかります。

Recording Summary

現在の記録の概要がわかります。このセクションには、次の項目があります。

項目 意味
Recording time 記録を開始した日付と時刻。
Location ブラウザによって送信された IP アドレスか地理的な場所。[Change Location] オプションを使って場所を変更できます。
Total page loads 記録中にブラウザによって読み込まれたページの数。
Tracking codes 記録中に見つかった Google アナリティクスのトラッキング コード。アクセス権限のある Google アナリティクスのプロパティの数も表示されます。
Selected property 表示中の Google アナリティクスのプロパティ。

Alerts

記録中に見つかった問題がリスト表示されます。

  • 黄色のアイコン: サイトの指標やデータに影響を与える可能性がある軽度の設定問題があることを示しています。
  • 赤色のアイコン: すぐに修正が必要な重大な設定エラーがあることを示しています。

アラート メッセージをクリックすると、アラートが発生した場所やアラートの詳細情報が表示されます。

繰り返されたアラートを確認する

同じ種類のアラートが複数見つかった場合、最初のアラートだけが表示されます。他のアラートも確認するには、メッセージの最後のプラスのアイコンをクリックします。マイナスのアイコンをクリックすると、再び折りたたまれます。

View Summary

このセクションには、Google アナリティクス レポートの「集客」、「行動」、「コンバージョン」の中から選んだ詳細情報が表示されます。このセクションでは、ページのヒットが実際に Google アナリティクスに送信された場合、選択したアナリティクスのビューに表示されるページのヒットの概算値を確認できます。

たとえば、[Acquisition] セクションでは、ソースやメディアのキャンペーン ディメンションのデータが適切に収集されているかどうかを確認できます。[Behavior] セクションでは、コンテンツ URI にフィルタが正しく適用されているかどうかを確認できます。[Conversions] セクションでは、目標の設定を検証できます。これらのセクションのデータに問題がある場合、次の [Flow] の詳細情報セクションで問題の解決方法を確認してください。

注: このレポートに表示されるデータは、Google アナリティクスのヒット処理を模倣したものの結果です。ですから、Google Tag Assistant Recordings のレポートと Google アナリティクスのデータに違いが生じる可能性があります。たとえば、Google Tag Assistant Recordings のレポートでは、リンクしている AdWords アカウントからのデータは表示されません。

Flow

このセクションは、Google Tag Assistant Recordings の最も重要な部分です。読み込まれたページと、各ページのヒットとイベントが表示されます。表示される詳細情報をもとに、Google アナリティクス設定の問題を特定し、解決することができます。

 

このセクションのプラスのアイコンをクリックすると、各 Page Load を展開し、マイナスのアイコンをクリックすると折りたたむことができます。レポートの左側のパネルの [Details] のコントロールを使って、レポートの詳細情報を展開したり折りたたんだりすることもできます。

Page load パネルの詳細

[Page load] パネルには、次の項目があります。

項目 意味
Redirect リダイレクトの結果としてページが読み込まれた場合、元のページの URL。
URL 読み込まれたページの URL。
Time このページ読み込みが発生した時間。Page load 1 は開始点なので、ページ読み込みが始まった日付と時間が表示されます。続く Page load には、Page load 1 が発生してからの経過時間が表示されます。
Hits このページ読み込みで生成されたヒットの数と、ヒットを受信したプロパティの数。

Page hit パネルの詳細

この [Page hit] パネルには、次の項目があります。

項目 意味
Time Page load 1 が発生してからの経過時間。
Hit URL Google アナリティクスに送信されたヒットの URL。プラスのアイコンをクリックすると、完全な URL を確認できます。
Google アナリティクスのプロパティ ヒットを受信する Google アナリティクスのプロパティ。
セッションでのヒット番号 このセッションでのヒットの連番(インデックス番号)。
Title ページのタイトル。
URI Google アナリティクスに記録される送信されたヒットの URI。
Hostname Google アナリティクスに記録されるヒットのホスト名。
Custom dimensions ヒットによって設定されたカスタム ディメンションや指標の値。

Event hit パネルの詳細

[Event hit] パネルには、上記の Page hits と同じ項目に加え、[イベント] フィールドのユーザー定義値(CategoryActionLabelValue)も表示されます。

Google アナリティクスのイベントについてをご覧ください。

Other hit パネルの詳細

このセクションには、他のタイプのヒットが表示されます。たとえば、DoubleClick ヒット、動画ヒット、ソーシャル ヒットやユーザー定義のヒットなどが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。