Tag Assistant Recordings による分析結果の例

例を挙げて、Google Tag Assistant Recordings の使用方法を学びます。

この記事では、Google Tag Assistant Recordings を使って Google アナリティクスの設定に関する問題を見つけ、それを解決する方法を例を挙げて説明します。

この記事の内容:

シナリオ

ノートパソコンのステッカーや携帯電話のケースなどの携帯端末アクセサリを販売する e コマース ビジネスを経営していると仮定します。サイトには、「shop.frdeemem.com」と「pay.frdeemem.com」の 2 つの主なドメインがあります。「shop.frdeemem.com」は主なリンク先ページで、商品カタログが含まれています。「pay.frdeemem.com」にはショッピング カートと決済システムが含まれています。このサイトでは、ユニバーサル アナリティクス タグが設定された Google アナリティクスが使用されており、e コマースが有効になっています。マーケティング キャンペーンには、自動タグ設定された Google 広告が含まれています。

サイトの設定や Google 管理をテストするために、一般的なユーザーの目標達成経路を模倣してフローを記録します。手順は次のとおりです。

  1. Chrome ブラウザで新しいタブを開きます。
  2. 自分の Google 広告ディスプレイ広告が表示されるように Google で検索を行います。
  3. Google Tag Assistant 拡張機能、[Record] の順にクリックします。
  4. 検索結果を再読み込みします。これにより、開始ページがフローに記録されます。以下の分析の例では、このページは m.frdeemem.com として表示されます。
  5. ディスプレイ広告をクリックします。クリックすると、shop.frdeemem.com のウェブサイトが表示されます。
  6. カタログから商品(この例では「sticker(ステッカー)」)を選びます。
  7. ショッピング カートに商品を追加します。
  8. [ご購入手続き] ボタンをクリックします。クリックすると、pay.frdeemem.com のサイトが表示されます。
  9. 請求先情報、配送先情報、支払い情報を記入して、支払処理を終えたら、[注文] をクリックします。クリックすると、「Thank you(手続き完了)」ページが表示されます。この時点で、shop.frdeemem.com のウェブサイトに戻ります。
  10. Google Tag Assistant の [Stop] をクリックして、記録を終了します。
  11. Google Analytics report を表示して、結果を検証します。

レポートの [Alerts] セクションに、Google Tag Assistant Recordings で見つかった問題の数が表示されます。

Google Tag Assistant Recordings のエラーと警告
Google Tag Assistant Recordings の Alerts セクション

アラート 1: 新しいセッション

最初のアラートは、ヒットによって新しいセッションが開始されたことに関する警告です。詳細を確認するには、表示されたメッセージをクリックします。「Thank you(手続き完了)」ページの [Page load] のセクションに移動します。次のレポートが表示され、ヒット情報とキャンペーン情報を確認できます。

  Hit Information 
  Hit number in session : 1 
  Title : Thank you! 
  URI : /shop?i=thankyou&a=773439574929294020337... 
  Hostname : shop.frdeemem.com 
  Campaign (based on utm_source, utm_medium, ...) 
  Source : pay.frdeemem.com 
  Medium : referral 

問題: Google アナリティクスでは、ショッピング サイトから支払いサイトへの移動が参照と見なされるので、新しいセッションが始まります。

解決方法: Google アナリティクスで、pay.frdeemem.com を参照の除外として追加します。

詳しくは、参照の除外についてをご覧ください。

アラート 2: タグの欠如

「ページにタグが欠如している可能性があります」という警告は、字面どおり受け取ることができます。つまり、Google Tag Assistant Recordings でページ読み込みは記録されましたが、Google アナリティクス タグの呼び出しは記録されていません。データを注意深く調べ、タグが呼び出されなかったページを見つけない限り、Google アナリティクスだけでこの問題を見つけることは困難です。

Google Tag Assistant とは違い、Google Tag Assistant Recordings はページソースを分析するのではなく、ブラウザとフロー中に表示されたウェブサイトとのやり取りを記録します。タグはページに配置されていても、ページコードの設定問題などによりタグが呼び出されていない可能性があります。

解決方法: ページソースを調べ、タグが設定されていない場合、タグを設定します。

アラート 3: 破損した GCLID

GCLID は、自動タグ設定された Google 広告キャンペーンに割り当てられた URL パラメータのことです。

問題: 上記 2 つのアラートは単なる警告でしたが、このアラートは費用データの取得に関係するエラーなので赤色で表示されます。GCLID パラメータが破損していたり欠けていたりすると、Google 広告キャンペーンの掲載結果のトラッキングが正確でなくなります。

破損した GCLID のエラーをクリックして、詳細を確認します。

Page load 2 - Stickers
Redirect    :   http://m.frdeemem.com/shop?i=stickers&gcli...
URL         :   http://shop.frdeemem.com/shop?i=stickers&g...
Time        :   3581 ms after page load 1
Hits        :   5 hits (1 properties)

Page had a GCLID parameter, but it was dropped or mangled by redirects. 
Page is most likely missing a tag. 
Page hit (hit #1) - ecommerce

詳細情報を確認すると、このエラーは検索ページからショッピング ページへの参照で発生していることがわかります。[Redirect] を展開してさらに情報を表示すると、元の GCLID を確認できます。

Key           Query parameter value
-----------------------------------
i             stickers
gclid         CjwKEAjw3_ypBRCwoKqKw5P9wgsSJAAbi2K9Ei8q_W... 
utm_source    search-sim

リンク先 URL をクリックして、元の URL と比較します。

Key           Query parameter value
-----------------------------------
i             stickers
gclid         CjwKEAjw3
utm_source    search-sim

リンク先ページは、元の GCLID の最初の数文字(最初のアンダースコアまで)しか受信していません。

解決方法: IT 部門に連絡して、GCLID クエリ パラメータの後半部分が欠けないようにリダイレクトの問題を修正してもらいます。

アラート 4: ページビューの遅れ

最後のアラートは、「Google アナリティクスにページビュー ヒットを送信するのに長い時間がかかりました」です。このアラートは、実際のページの読み込みが遅い場合やタグがページに正しく配置されていない場合に発生します。

問題: ページの読み込みが遅いと、ページが完全に読み込まれる前にユーザーはそのページから離れて(直帰して)しまう可能性が高くなります。Google アナリティクスの JavaScript タグが配置されているページは読み込みが完了しない限り、ヒットが送信されることはありません。送信されるとしても、遅れて送信されます。これは、指標に影響し、レポートが正確でなくなります。

ページ読み込みの遅れについての詳細をご覧ください。

解決方法: アラートのメッセージをクリックして、詳細を確認します。

Google Tag Assistant Recordings でのページの読み込みの遅れ
ページ読み込みの遅れについてのアラート

このヒットは、ページが読み込まれてからほぼ 4 秒(3792 ミリ秒)後に送信されています。これは、JavaScript タグが正しく設定されていないことが原因の可能性があります。ページビュー タグはドキュメントの終了タグの直後に配置することをおすすめします。ページソースを確認して、必要な場合、タグを正しい位置に移動してください。

ページタグを新しい位置に配置したら、フローを記録し直してください。

 

詳細について

以上の 4 つのアラートの例は、Google Tag Assistant Recordings が見つけることのできる問題のほんの一部にすぎません。詳しくは、Google Tag Assistant Recordings のアラート リファレンスをご覧ください。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。