セグメントの管理

カスタム セグメントをインポート、編集、共有、削除します。

 

この記事の内容:

 

セグメントのインポート

Google アナリティクス ソリューション ギャラリーからセグメントをインポートできます。ソリューション ギャラリーは、自分で開発したソリューション(セグメントなど)を他のアナリティクス ユーザーに公開したり、他のアナリティクス ユーザーが投稿したソリューションをダウンロードしたりできる無料サイトです。

ソリューション ギャラリーからインポートできるのはセグメントの設定のみです。データはインポートされません。

セグメントをインポートするには:

  1. セグメント リストを開きます。
  2. [ギャラリーからインポート] をクリックします。
    セグメント リスト - [ギャラリーからインポート] ボタンを選択

    アナリティクス ソリューション ギャラリーが開きます。
    ソリューション ギャラリー パネル - セグメントのみが表示されている


    ソリューション ギャラリー内のセグメントのみが自動的に表示されます。一番上に [タイプ: セグメント] フィルタがあります。
  3. 表示順序とフィルタを設定して、表示する項目をさらに絞り込みます。
  4. 目的のセグメントが見つかったら、そのセグメントの説明の下にある [インポート] をクリックします。
    ソリューション ギャラリー - セグメントの [インポート] ボタンを選択

    セグメントのインポート パネルが開きます。
    セグメントのインポート パネル - インポート先ビューを選択
  5. 次のように設定します。
    • このセグメントを、現在のアナリティクス アカウントに割り当てられているすべてのビューで使用する場合は、[任意のビュー] を選択します。
    • このセグメントを 1 つのビューでのみ使用する場合は、2 番目のラジオボタンを選択し、プルダウン メニューで目的のビューを選択します。
    • 必要であれば、新しいセグメント名を入力します。
  6. [作成] をクリックします。
    セグメント ビルダーが開き、セグメントの設定が表示されます。
    インポートしたセグメントのフィルタ設定
  7. 必要であれば、セグメントの名前を変更したり、現在のフィルタを変更したり、新しいフィルタを追加したりできます。
  8. セグメントを設定したら、[保存] をクリックします。
    インポートしたセグメントがセグメント リストに表示されます。
    インポートしたセグメントがセグメント リストに表示される

 

セグメントの編集

カスタム セグメント(自分で一から作成したセグメントや、既存のセグメントをコピーするか、共有セグメントをインポートまたは取得して作成したセグメント)を編集できます。アナリティクスの既定のシステム セグメントは編集できません。

セグメントを編集するには:

  1. セグメント リストを開きます。
  2. 編集するセグメントを探し、[アクション]、[編集] の順にクリックします。
    セグメント リスト - 「カートの放棄」セグメントの [アクション] メニューを開き、[編集] を選択

    セグメント ビルダーが開き、編集するセグメントの設定が表示されます。
    セグメント ビルダー - 「チェックアウトの放棄」セグメントの条件フィルタ
  3. 必要であれば、セグメントの名前を変更したり、現在のフィルタを変更したり、新しいフィルタを追加したりできます。
  4. セグメントを設定したら、[保存] をクリックします。

 

セグメントのコピー

既存のセグメントをコピーして別のセグメントを作成するのに使用します。たとえば、特定のコホートを識別するセグメントを既に作成していて、そのコホート内の特定の年齢グループを分析するためにさらにセグメントを分けたいと思う場合にその方法で作成できます。

セグメントをコピーするには:

  1. セグメント リストを開きます。
  2. コピーするセグメントを見つけて、[アクション] > [コピー] をクリックします。
    セグメントの [アクション] メニューで [コピー] コマンドを選択
    セグメント ビルダーが開き、コピーするセグメントの設定が表示されます。
    セグメント ビルダー - コピーするセグメントの設定
  3. 必要に応じてフィルタを追加して、セグメントの設定を変更します。たとえば、[年齢] フィルタをコホートに追加するには、[ユーザー属性] をクリックして、分析する年齢グループを選択します。
    セグメント ビルダー - [年齢] が [35-44] のフィルタが追加されている
  4. 必要なフィルタの追加がすべて終わったら、新しいセグメントに名前を付けて、[保存] を追加します。

 

セグメントの共有

自分で作成したセグメントを他のアナリティクス ユーザーと共有できます。共有できるのはセグメントの設定のみです。データは共有できません。

セグメントを共有するには:

  1. セグメント リストを開きます。
  2. 共有するセグメントを探し、[アクション]、[共有] の順にクリックします。
    セグメント リスト - 「注目記事」セグメントの [アクション] メニューを開き、[共有] を選択

    共有パネルが開きます。
    セグメントの設定を共有するための URL
  3. URL をコピーし、メールまたはテキスト メッセージに貼り付けます。

    メッセージの受信者がこの URL をクリックするとセグメント インポート パネルが開き、このセグメントをアナリティクスのビューへ取り込むための設定が表示されます。
    セグメントのインポート パネル - インポート先ビューを選択

 

セグメントの可用性の設定

セグメントの作成や編集の際に、次のオプションを設定できます。

  • すべてのビューで自分がセグメントを適用 / 編集できる(現在のユーザーのみが、すべてのアナリティクス ビューで、このセグメントをレポートデータに適用することやセグメント設定を編集することが可能です)
  • このビューで自分がセグメントを適用 / 編集できる(現在のユーザーのみが、現在のアナリティクス ビューのみで、このセグメントをレポートデータに適用することやセグメント設定を編集することが可能です)
  • このビューで自分と共同編集者がセグメントを適用 / 編集できる(現在のユーザーと共有設定権限のあるユーザーなら誰でも、現在のアナリティクス ビューのみで、このセグメントをレポートデータに適用することやセグメント設定を編集することが可能です)

上記のオプションを設定するには:

  1. [サマリー] ペインの上部に現在の可用性オプションが表示されているので、[変更] をクリックします。
    サマリーペイン - 現在の可用性オプションが表示されている
  2. ご希望のオプションを選択して、[OK] をクリックします。
    可用性オプション

 

セグメントの削除

カスタム セグメント(自分で一から作成したセグメントや、既存のセグメントをコピーするか、共有セグメントをインポートまたは取得して作成したセグメント)を削除できます。アナリティクスの既定のシステム セグメントは削除できません。

セグメントを削除するには:

  1. セグメント リストを開きます。
  2. 削除するセグメントを探し、[アクション]、[削除] の順にクリックします。

 

 

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。