クエリタイム インポート

インポートしたデータと過去のデータを結合する。

クエリタイム インポートは拡張データ インポート タイプに該当します。クエリタイム インポートでは、インポートしたデータを過去のデータ(アナリティクスで収集、処理済みのヒット)に結合できます。つまり、新しい情報が利用可能になる度に、インポート データを使用するレポートを更新して改善することができます。クエリタイム インポートを使用して、誤りがあるアップロードや不完全なアップロードを修正することもできます。

この機能は、Google マーケティング プラットフォームに含まれるアナリティクス 360 でのみご利用いただけます。
Google マーケティング プラットフォームの詳細
この機能は現在、ベータ版として提供されています
この記事の内容:

インポート モード

インポート モードでは、インポートしたデータと収集したヒットデータをデータ インポートでいつどのように結合するかを詳細設定します。アナリティクスのほとんどのインポート タイプでは、デフォルトで処理時間モードを使用します。処理時間モードでは、ヒットの受信、処理時にヒットデータがアップロード データと結合されます。アナリティクス 360 をご利用の場合は、すべての拡張データ インポート タイプでクエリタイム モードも使用できます。

処理時間インポート モード

処理時間インポート モードでは、ヒットが受信、処理されるときに、ヒットデータがアップロード データと結合されます。このモードを使用すると、インポートしたデータについてのレポートを短時間で作成できます。インポートするほとんどのデータタイプの既定モードです。ただし、処理時間モードには欠点が 2 つあります。

1) アップロードしたデータに過去のヒットデータを結合することができません。つまり、オフライン データをアップロードする前に受信したヒットは、結合されません。

2) 処理時間インポートは取り消すことができません。結合後にインポート データを分離することはできません。アップロード ファイルを削除しても、それ以降のヒットがデータに結合されなくなるだけです。処理時間インポート モードを使用するときは、運用データをアップロードする前にテストビューを作成することをおすすめします。

クエリタイム インポート モード

クエリタイム モードでは、レポートでデータが要求(クエリ)されたときに、インポートしたデータがヒットデータと結合されます。このため、インポートしたデータを、過去のヒットおよびデータのアップロード後に受信したヒットの両方に結合できます。カスタム レポートと非サンプリング レポートは、クエリタイム モードを使用してインポートしたデータにアクセスできます。

クエリタイム インポート モードには処理時間モードと比べて以下の利点があります。

1) アップロードしたデータに過去のヒットデータを結合できます。

2) クエリタイム インポートは取り消しが可能です。アップロードしたデータを削除すると、過去のレポートも結合したデータに表示されなくなります。

クエリタイム モードの設定

  1. Google アナリティクスにログインします。
  2. [管理] をクリックして、データをアップロードするプロパティに移動します。
  3. [プロパティ] 列で [データのインポート] をクリックします。
  4. [+ 新しいデータセット] をクリックします(または、既存のデータセットを編集します)。
  5. データセットのタイプを選択します(例: 「コンテンツ データ」)
  6. データ ソースに名前を付けます(例: 「作成者のデータ」)。
  7. データを表示するビューを 1 つ以上選択します。
  8. キーおよびターゲットディメンションを選択してデータセット スキーマを定義します。詳しくは、データセットの記事をご覧ください。
  9. [クエリタイム モード] を選択します。
  10. [保存] をクリックします。
Configuring Query Time Data Import.

クエリタイム モードの制限事項

クエリタイム インポート モードは 360 専用の機能です。処理時間インポートは、すべてのユーザーにご利用いただけます。

アップロードが完了してからデータが新しいヒットに結合されるようになるまで、数時間かかる場合があります。

現時点では、アナリティクスの以下の機能でクエリタイム モードを使用することはできません。

  • コホート レポート
  • マルチチャネル
  • リアルタイム レポート
  • Google 広告の費用データ

また、データに基づくスキーマキーを定義するデータセットも使用できません(経時変化するディメンションの場合など)。

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。