検索
検索をクリア
検索終了
Google アプリ
メインメニュー

拡張 e コマースの概要

ショッピング行動および購入行動

たとえどんなに良質な商品やマーケティング戦略を用意していても、それだけでは十分とは言えません。商品の閲覧から、仕様の確認、ショッピング カートへの追加、トランザクションの完了まで優れたユーザー エクスペリエンスを提供するサイトのデザインとエンジニアリングが必要です。

ショッピング解析レポートでは、商品の閲覧、ショッピング カートへの商品の追加または削除、トランザクションの開始、放棄、完了といった点から、ユーザーのコンテンツへの関与状況を詳細に把握することができます。

経済動向

サマリーと商品の販売状況の両レポートには、商品から発生した収益やコンバージョン率、平均的なトランザクションで追加される商品の数、平均注文額、発生した払い戻しの回数、商品の詳細情報ページを閲覧したユーザーが商品をカートに追加し、購入した割合といったデータが表示されます。

拡張 e コマースのタグの標準的な設定により、個々の商品のデータを確認することができますが、カテゴリやブランドのプロパティを容易に追加して、これらの点からデータを評価することも可能です。こうしたプロパティでは文字列値が使用されるため、ご自身のビジネスに関連するカテゴリとブランドの分類方法を策定できます。

マーケティングの成果

商品の販売状況の測定に加え、商品をサポートする社内外のマーケティング活動についても測定する必要があるでしょう。

アフィリエイト コード レポートは、サイトに顧客を誘導するアフィリエイト サイトに関連付けられているため、収益、トランザクション数、平均注文額をトラッキングできます。

オーダー レベルのクーポンについて同じ指標をトラッキングする場合は、オーダー クーポン レポートを参照します。

商品クーポン レポートでは、収益、固有の購入数、商品の収益(購入平均)の点から、商品レベルのクーポンの有効性を確認できます。

サイトの別のセクションで販売を宣伝する内部バナーなど、内部プロモーションを使用している場合は、内部プロモーション レポートで、該当のプロモーションの表示回数、クリック数、クリック率をトラッキングできます。

また、商品リストがマーケティングの推進にどの程度有効であるかを測定することもできます。商品リストは、ec.js のタグ設定に基づく、サイト上の商品の論理的なグループを表します。商品リストを使用して、カタログや検索結果ページ、関連商品のマーケティングのブロック、クロスセルとアップセルのブロックを表すことが可能です。商品リストの販売状況レポートでは、ユーザーに表示された商品リスト、リストに表示された商品、および各リスト、リスト位置、商品のクリック数、表示回数、クリック率を確認できます。

サイトから取得した e コマース データのアナリティクスへの表示

このデータをレポートに表示するには、以下の操作を行う必要があります。

オプションとして、以下の操作を行うこともできます。

この記事は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
false