新しいセグメントを作成する

セグメント ビルダーを使って、セグメントを構成する個々のフィルタを定義します。作成したセグメントをレポートやマイレポート一覧に適用すると、目的のデータだけを表示できます。

この記事の内容:

 

セグメント ビルダーの管理画面

セグメント ビルダー

セグメント ビルダーを使って、セグメントを構成するフィルタをアナリティクスのディメンションや指標を基に作成できます。フィルタの条件は、ディメンションまたは指標、比較演算子を選択したり、値を入力したりして設定します。多くの場合ではデータの範囲(ヒット、セッション、ユーザー)も選択できます。たとえば、次のように設定できます。

言語 - 完全一致 -「フランス」
(ディメンション - 演算子 - ディメンションの値)

収益 - ユーザーあたり - > - 「100」
(指標 - スコープ - 演算子 - 指標の値)

場合によっては、黙示的な演算子を使用できます。たとえば、年齢または性別ディメンションを使用する場合は、次のようになります。

年齢 -「18~24」(年齢 = 18~24 歳)
(ディメンション - 黙示的な演算子 - ディメンションの値)

セグメントには最大 20 個のフィルタを適用できます。

 

データの範囲

セグメントの各フィルタでは、以下のデータの範囲を 1 つ以上適用できます。

  • ヒット: ページの表示や動画の再生など、1 つのアクションに絞ったユーザーの行動。
  • セッション: 1 セッション内のユーザーの行動。たとえば 1 セッションでユーザーが達成した目標、1 セッションでユーザーがもたらした収益額など。
  • ユーザー: 特定の期間(最大 90 日)のすべてのセッションにおけるユーザーの行動。指定した期間のすべてのセッションでユーザーが達成したすべての目標、あるいはユーザーがもたらしたすべての収益など。

フィルタでは範囲を選択できますが、範囲が固定されているフィルタもあります。範囲を選択する際には、1 つ以上のメニューが表示されます。次の例をご覧ください。

条件フィルタとデータの範囲の項目

フィルタに複数の範囲を追加した場合、それらの範囲を次の例のように組み合わせることができます。

セッションヒットあたりの収益 > 10)

ユーザーセッションあたりの収益 > 10)

ユーザーヒットあたりの収益 > 10)

フィルタのカテゴリ、ディメンション、指標に対応する範囲
カテゴリ ディメンション / 指標 範囲
ユーザー属性 年齢 ユーザー
性別 ユーザー
言語 セッション
アフィニティ カテゴリ ユーザー
購買意向の強いセグメント ユーザー
その他のカテゴリ ユーザー
地域 セッション
 
テクノロジー すべてのディメンション セッション
 
行動 セッション ユーザー
セッションの間隔 ユーザー
トランザクション数 ヒット / セッション / ユーザー
セッション継続時間 セッション / ユーザー
 
最初のセッションの日付 最初のセッション ユーザー
 
トラフィック すべてのディメンション セッション / ユーザー
 
拡張 e コマース すべてのディメンション ユーザー
収益(指標) ユーザー + ヒット / セッション / ユーザー
すべてのディメンションと指標 ヒット、セッション、ユーザーのほか、以下のような特定の購入行動に基づいてこれらのフィルタ全体に制限を適用することもできます。
  • 何らかの行動を取った
  • カートに商品を追加した
  • 商品を購入した
例:
ユーザー(商品を購入 AND 収益 > 10)
 
 
条件 すべてのディメンションと指標 セッション / ユーザー
一部の指標 セッション / ユーザー + ヒット、セッション、またはユーザー
 
シーケンス すべてのディメンションと指標 セッション / ユーザー
一部の指標 セッション / ユーザー + ヒット、セッション、またはユーザー

 

 

フィルタ評価の仕組み

ユーザー フィルタで AND 条件を使用するには、1 つのヒットですべての条件が満たされている必要があります。

セッション フィルタで AND 条件を使用するには、同じセッションに含まれるどのヒットの組み合わせでも、すべての条件が満たされている必要があります。

同じディメンションの複数の値は OR 論理演算で結合します。次の例をご覧ください。

  • 年齢: 18-24 OR 年齢: 25-34

いずれかの条件を満たしているデータが含められます。

 

同じカテゴリの複数のディメンションと値は AND 論理演算で結合します。たとえば次のようになります。

  • (ユーザー属性 / 年齢: 18-24)AND(ユーザー属性 / 性別: 女性)

2 つの条件に当てはまるデータが含められます。

 

同じカテゴリの複数の指標値は AND 論理演算で結合します。次の例をご覧ください。

  • 行動: セッション数 > 1 AND 行動: ユーザーあたりのトランザクション数 > 1

 

両方の条件を満たしているデータが含められます。

 

 

同じカテゴリの指標の値とディメンションの値は、AND 論理演算で結合します。たとえば次のようになります。

  • e コマース: ユーザーあたりの収益 > 10 AND e コマース: 商品 = T シャツ

2 つの条件に当てはまるデータが含められます。

 

複数のカテゴリのフィルタは AND 論理演算で結合します。次の例をご覧ください。

  • ユーザー属性のフィルタ AND テクノロジーのフィルタ AND シーケンスのフィルタ

すべての条件を満たしているデータが含められます。

 

 

条件とシーケンスを使用する

条件とシーケンスのフィルタはディメンションと指標に基づいて使用しますが、次のような使い方も可能です。

  • 特定のカテゴリにとらわれず、どのディメンションや指標でもフィルタを作成できます。
  • 特定のデータを追加または除外できます。
  • AND 条件や OR 条件を使用できます。
  • 同じフィルタでユーザーに基づくルールとセッションに基づくルールを併用する場合は、AND 論理演算で結合します。2 つの条件に当てはまるデータが含められます。
  • シーケンスのフィルタでは、最初のユーザー接点を特定するか、どの接点でも許可するかを指定できます。
  • シーケンスのフィルタに複数のステップを含める場合は、1 つのステップの後にいつでも次のステップを行うことができるか、それともすぐに次のステップを行う必要があるかを指定できます。後続のステップは、同じセッション内または後続のセッションのどちらで開始するかを指定できます。

 

 

セッション数の意味の違い

セグメントを作成するときには、行動セクションの指標のセッション数と条件セクションのディメンションのセッション数の使い方に戸惑うかもしれません。

どちらもユーザーレベルのセッションのカウント数ですが、カウントする期間が異なります。

  • 指標のセッション数は、レポートの期間中にユーザーがセッションを開始した回数です。たとえば、1 月 1 日から 1 月 15 日までに開始されたセッション数は「5」あるいは「> 5」のようにカウントします。
  • ディメンションのセッション数はユーザーが期間全体でセッションを開始した回数です。前のセッションをその期間中に開始したかどうかに関係なく、カウントに含まれる最後のセッションは、レポートの期間中に開始されている必要があります。たとえば、「セッション数 = 5」は、ユーザーがレポートの期間中に 5 回目のセッションを開始したことを意味し、「セッション数 > 5」は、ユーザーがレポートの期間中に 6 回目以降のセッションを開始したことを示します。

 

 

新しいセグメントを作成する

セグメントを作成する場合は、まず、ユーザーあたり、またはビューあたりのセグメントの制限を確認しましょう。これらの上限に達している場合、追加のセグメントを作成またはインポートすることはできません。

既存のセグメントで目的のデータを分析できない場合は、新しいセグメントを作成してから、必要に応じて範囲を調整します。

セグメントを作成するには:

  1. アナリティクス アカウントにログインします
  2. データを分析するビューを開きます。
  3. [レポート] を開きます。ここでさまざまなレポートを選択できます。
  4. [+ セグメント] をクリックします。
    [+ セグメントを追加] が表示されたユーザー サマリー レポート
    ...セグメント リストが開きます。
    セグメント リスト。
  5. [+ 新しいセグメント] をクリックします。
    [+ 新しいセグメント] が表示されたセグメント リスト
    ...セグメント ビルダーが開きます。
    セグメント ビルダー
  6. セグメントの名前を入力します。
  7. 各種カテゴリのオプションを使用して、セグメント用のフィルタを設定します。

    フィルタを追加すると、[サマリー] パネルが更新され、セグメントに追加されるユーザー数とセッション数の推定値が表示されます。この推定値はサンプリング データに基づいており、最終的にセグメントをレポートに適用した場合に追加されるユーザー数またはセッション数に完全に一致することを目的としたものではありません。
    フィルタ追加時のサマリーの更新
  8. フィルタの設定を終えたら、セグメントのプレビューとテストを実施できます。

    [テスト] をクリックすると、セグメント フィルタに該当するユーザーとセッションの割合を確認できます。

    [プレビュー] をクリックすると、現在のレポートに影響するセグメントを確認できます。レポートで必要な情報が表示されない場合は、引き続きセグメントを編集し、もう一度プレビューします([プレビュー] をクリックすると、Test 関数が自動的に呼び出されます)。
  9. セグメントに必要なデータが含められていることを確認したら、[保存] をクリックしてセグメント ビルダーを終了し、セグメントをレポートに適用します。

 

 

既存のセグメントをコピー、修正する

既存のセグメントは、新しいセグメントを作成する土台として利用できます。

たとえば、コンバージョンが達成されたセッションのシステム セグメントをコピーし、国や地域あるいはキャンペーンなどのフィルタを追加すると、セッションが開始された特定の国に関するデータや、セッションにつながった特定のキャンペーンに関するデータを分析できます。

セグメントをコピーするには:

  1. セグメント リストを開いて、コピーするセグメントを見つけます。
    セグメント リスト - [コンバージョンが達成されたセッション] のシステム セグメントを選択
  2. [アクション] > [コピー] をクリックします。
    セグメント リスト - [アクション] > [コピー] コマンド
    ... セグメント ビルダーが開いて、セグメントの設定が次のように表示されます。
    「コンバージョンが達成されたセッション」セグメントのデフォルトのフィルタ設定
  3. セグメントに新しい名前を付けます。
  4. 既存のフィルタの編集や新しいフィルタの設定を行います。たとえば、次のように設定します。
    「コンバージョンが達成されたセッション」セグメントを変更して「国または地域」フィルタと「キャンペーン」フィルタを追加
    元の設定では、セグメントに目標完了数が 1 回以上のセッションのみが含められていましたが、設定を少し変更して、「Summer Swimwear」キャンペーンの結果としてアメリカで開始されたセッションも含めるように制限しました。
  5. セグメントの修正を終えたら、[保存] をクリックします。

 

 

関連資料

この情報は役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。